ピョコタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピョコタン1977年11月18日 [1]- )は日本漫画家。男性。本名・横尾和慶 東京都荒川区出身。千葉県立国府台高等学校卒業。血液型はO型(RH+)。身長は173cmフジテレビ公式ホームページのデジタルコミック『少年タケシ』に連載の「西日暮里ブルース」や『月刊コロコロコミック』や『ゲームラボ』誌上での漫画(ピョコタンのマンガレポート)やイラストで知られる。漫画に関わらずネット記事のライターや構成作家や動画配信などその仕事は多岐にわたる。

人物・略歴[編集]

  • 東京都荒川区西日暮里で生まれ、その後千葉県市川市で育つ。
  • 1993年3月、市川市立下貝塚中学校卒業(1年次は、3組に所属)。
  • 1996年3月に国府台高等学校を卒業後、同年7月に『ボンバーマン4コマまんが王国3』で漫画家デビューする(本人のホームページより)。
  • デビュー前には本名・横尾和慶の名義で『月刊コロコロコミック』の読者コーナーへの投稿を行っており、「スチャダラ通信」の最多掲載者(50回)でもある。この頃から現在の画風・作風が確立しつつあった。その縁もあり、老朽化で取り壊されることになった小学館ビルに落書きをする企画に参加したと、後日、ヤフー知恵袋にて、この企画に参加した理由の質問に対して回答している[2]
  • 雑誌のアシスタント体験企画として施川ユウキアシスタントをしたことがある。
  • 「日本一まずいラーメン屋」としてテレビ等で取り上げられたラーメン彦龍の常連客であり、店主の原憲彦とはプライベートでも親交が深かった。本人が来店した時の様子は度々ピョコタンのマンガレポートにネタとして取り上げている。「アホ汁」というスープを共同開発したことがある[3]
  • 健康マニアであり、かつて「長命源」という長生きできる液体を毎日飲んでいた。
  • カタンというボードゲームが得意であり(自称最強)、国内で行われる大会には頻繁に出場している。また、一時期はカタンの攻略を扱ったホームページを作成していた。また、カタンの他にも対人戦のゲームを好んでいるらしく(麻雀・ボンバーマン・パワフルプロ野球等)、基本的に先手を打って相手を追い詰める戦法が得意らしい。また、ポーカーの世界大会にも参加経験あり。
  • 以前は視力がかなり悪く両目が0.07ほどしかなかったため、コンタクトレンズを愛用していたが、2006年11月にレーシックの手術を行い視力が大幅に回復した。
  • 彼と交流のあるジャンクハンター吉田が語るには、XBANDで出会った頃は今の人物像とは違い、尖った人物だったと懐述している(実際に会うきっかけとなったXBANDのイベントでは、頭にパンスト・水中メガネ・くわえタバコの出で立ちであったとか)。
  • SFC末期頃にデパート等で投げ売りされていた新品SFCソフトをゲームショップへ転売(正確には中古買い取りのシステムを利用)した錬金術を駆使していた事があり、2日で5万円稼いだとの本人談[4]
  • 基本的には漫画の中で実際の自分として登場する(画像として)場合、自分の素顔をキャラの自分の絵で隠したりするが、他雑誌の企画等では普通に素顔を出している(但し、後述するWiiリモコン騒動の際は自分の単行本で隠していた)。
  • 尊敬する漫画家として、長谷川町子[5]やなせたかしを挙げている。
  • 2011年8月ごろからニコニコ生放送にて、いわゆる生放送主として個人的に活動を始め、頻繁に放送を行っている。

逸話[編集]

  • 1985年、初めてファミコンソフト(忍者じゃじゃ丸くん)を購入。
  • 20代の頃から東京証券取引所市場第一部「任天堂」株式会社に推定150万円前後の資金を投資している。
  • 同人ボードゲームアイソポス」の世界ランカーである。
  • ギャンブルはほとんどやらないが、ゼロサムゲームである麻雀やポーカーなどは好み、それらをギャンブルと一括りされることを嫌う。ニコニコ生放送で行われた「生主麻雀大会」内において、「麻雀は人生の縮図である」という名言を生んだ。また、「ポーカー(または麻雀)の神に最も愛された男」というフレーズを好んで使う。ルールをちゃんと把握せずにゲームの大会に出るプレーヤーを極端に嫌い、時に罵倒することもある。
  • オッズ理論とは、ピョコタンが発案した人生における選択・決定理論の一つ。応用数学のゲーム理論と酷似している部分もある。日々の細事から人生の岐路に至るまで、リスクとリターンを照らし合わせて物事を判断する考え方。ピョコタン先生は選択において「楽しい」気持ちが最も重要であり、お金などの事柄は二の次だと語っている。
  • ボードゲームは子供の教育に大きく貢献するという持論を持ち、自身の甥っ子や姪っ子に対して疑似ルーレットを通じてお年玉の分配を行うことで、”オッズ理論”を継承している。
  • 本人は「本物の漫画家に失礼なので、自分では漫画家とは名乗らない。自分はカルチャーブレーン学生だ。行ってないけど学生証をいつも持っている」とゲームラボのインタビュー内で語っている(数年経った現在、『ほぼニート』と語っている)。また、ゲームスクールに通っていた時代に当時カルチャーブレーンが製作していた『忍たま乱太郎』のゲーム(どのシリーズかは不明)の制作(ごく一部)に少しだけ関わっていた。(本人談)
  • 1992年に球団が千葉に本拠地を移転して以来の熱狂的なマリーンズファンであることを公言している。中学生時代は年間30回ほどマリンスタジアムに足を運びマリーンズに声援を送る少年だった。マリーンズの歴史や逸話を披露する際には好んで「メル・ホール外野手)」について話す。
  • テレビ番組『笑っていいとも』の「勝ち抜きプチ芸スターコンテスト」に出演し後ろ向きホッピングの芸で挑戦したものの敗退している。(判定ではタモリが評価していた。)
  • カルチャーブレーンの学生時代、軽い気持ちで家を知人達とシェアしていた。しかしその結果、いつからか見ず知らずの人間までが家に入り浸るようになってしまい収拾がつかなくなってしまう。
  • 友人と共に即興コンビ「ピョコタンとナベケン」として2005年M-1グランプリに出場したことがある。結果は1回戦敗退。その内容はひたすら下ネタを連呼するといった内容であり、1回戦終了後、審査員から「途中、下ネタばかりの内容を披露したコンビがおり、後続の出場者が振るわなかったのはここで調子が狂ったのではないか」といった旨の、名指しこそされないものの痛烈な批判を受けたという。
  • 精子バンクに精子提供者として登録申請しているがオファーはまだ無い。
  • マリオの衣装を着てソニー株主総会に参加した。
  • 毎年任天堂の株式総会に出席し、何かしらの質問をする。時にトラブルが生じたこともある。
  • 「オレ的ゲーム速報@刃」ブログ内に漫画(単発)を提供したことがある[6]
  • AV女優の片桐えりりかとは顔を合わせるたびに口論を交わすほど犬猿の仲であり、時に暴行を受けたり代わりに罰ゲームを受けさせられたりもするが、ピョコタン先生はその度に笑みを浮かべる為まんざらでもないと思われる。また「実はえりりかは僕のことが好きなんだ」とも推測している。
  • 2015年3月中旬、カドカワ東京ウォーカー編集部と仕事上のトラブルになった[7]。東京ウォーカーからは初めての執筆依頼であり、編集担当の女性を通じて編集長が締め切り直前に何度も構成の修正を要求し、原稿料とその対価が乏しかったために堪り兼ねたピョコタン先生がニコニコ生放送を通じて激怒、編集者とのメールのやり取りも詳細に暴露した。その後カドカワからの謝罪を受け承諾した。[8]
  • 2015年10月中旬に、任天堂ゲーム「マリオメーカー」の再生数ランキングにて、ピョコタン先生が作成したステージが世界ランキング一位に輝く偉業を成し遂げた。しかしその手法を疑問視する声も多く(コース内容は魅力に乏しく、相手のコースをプレイするという見返りを匂わせたタイトルで多くのプレーヤーを集めたという批判が中心であった)[9]、一部のプレーヤーが詐欺行為だとして本社に通報した結果、そのステージは削除された上に登録アカウントが二週間凍結されるペナルティを受けた。[10]
  • 2015年12月に日本一まずいラーメン屋「彦龍」の店主として知られている原憲彦氏が死去し、TBS系列「サンデージャポン」でその特集が組まれた際に彦龍氏と深い親交のあったピョコタン先生も出演した。その際に爆笑問題太田光氏に「インパクトのない顔」と評され、そのことを根に持っているとニコニコ生放送で発言している。なおピョコタン先生はその後、サンデージャポンに数度出演し、度々「サンジャポファミリー」を自称している。[11]
  • 2016年2月ごろから、通販サイトamazon[要曖昧さ回避]がピョコタン先生の著作「ぼくは任天堂信者」kindle版を11円で販売し始め、その数日後にはコミック分野での売り上げランキング一位を獲得した。印税は従来と同様に設定されており、amazon側がなぜこのようなセールを開始したのかは分かっていない。[12] (4月時点では50円に値上がりしており、急激に売り上げが低下したことも告白している)
  • 2016年3月に経済評論家の勝間和代なども参加した国内唯一の『ミリオンダウト』ゲーム大会が開催され、優勝した。本人曰く「日本一のミリオンダウトプレーヤー」を名乗る権利があるらしい。[13]

趣味、趣向[編集]

  • 中古のポケットモンスターシリーズを買い漁り、ソフトケースの中に密封された前の持ち主の家の匂いを嗅ぐことやトレーナーカードに書き込まれた前の持ち主のサインを鑑賞するのが趣味であり、「女子小学生の温もりを感じるのがいいよね」と語っている。

タマちゃんになる会[編集]

  • タマちゃんブーム当時、首都圏で様々なタマちゃんのファンクラブ的組織が結成されていたのに乗じてナベケンと二人でタマちゃんになる会を結成、ブームに沸く多摩川でナベケンを泳がせたことで、タマちゃんを見守る会とのトラブルに発展する。[14][15][16]

Wiiリモコン騒動[編集]

  • 任天堂の家庭用ゲーム機Wiiを購入するためにナベケンと共に発売日前日の深夜から有楽町ビックカメラに徹夜で並んだ際、マスコミを利用して何とか自身の著書を全国にコマーシャルできないものかと考えたピョコタンは、ナベケンに拾ってきたダンボールで作成したWiiリモコンスーツを着用させ、その格好をさせたまま一緒に電車に乗りゲームショップへ向かった。到着後はピョコタンの思惑通り、ナベケンは大勢のマスコミの注目の的となり、翌日の新聞や多くの報道番組で(自著を広げたピョコタンが脇に写っている)写真が取り上げられる事態となった[17]。また、海外のサイト等にもナベケンの写真が掲載され、その反響の大きさに本人も驚いていたという[18]

永久停止処分・訴訟騒動[編集]

  • 恋愛コミュニケーションRPG『ExLove』にて荒らし行為を繰り返し永久接続停止処分を受けた。その事を漫画に描いた事により、内容証明を送られ訴訟を起こされかけた。[19][20]。但し、訴訟の前に運営会社が潰れた模様で事無きを得ている。

新年会での騒動[編集]

  • オレ的ゲーム速報@JINブログ管理人のJIN氏と、株式会社テクサ代表取締役の飯田祐基氏を主催者として2016年1月17日に都内で行われた新年会において、入場時にほかの来場者に無断で撮影されたり、アンケート用紙にメールアドレスを記入させられそうになったり、ツイッターへのマーケティング投稿を強制されたとしてピョコタン氏が激怒、参加者や関係者に暴言などを吐く一部始終の映像が、その会場の模様を放送していた動画配信コンテンツニコニコ生放送を通じて全国に配信されるという事件が起こった[21]
  • 翌日ニコニコ生放送で『オレ的JIN新年会の良かった所・悪かった所』[22]。と題し、一連の行動についてピョコタン氏が釈明した。

この放送における要旨は以下の通り。

  1. この新年会は食べ放題飲み放題無料の交流会と称されており、新築マンション事業やリノベーション事業などを手掛ける不動産総合商社FIDO GROUPが上記の二人の主催者と提携し、株式会社テクサと協力してモデルルームについてのアンケートや飲食の提供などを行っていたことが判明した。(ピョコタン氏曰く、提供された料理はあまり豪勢でなく飲み食いした分の総額は千円にも満たなかっただろうと回顧している。)
  2. ピョコタン氏はお笑い芸人の大貫さんや、その先輩を新年会に誘っていたが、アンケートへの回答やツイッターでのマーケティング行為を自身と共に拒否させた。また、FIDO GROUPのリノベーション事業「Do RENOVATION(ディーオー リノベーション)」内の単身世帯向けコンセプト物件ブランドRENATUS(レナトゥス)が企画したお年玉のプレゼント企画にも一切参加していない。
  3. ピョコタン氏が激怒した理由は、あらかじめ新年会のコンセプトをJIN氏から明確に伝えられず、その詳細を知らされぬまま上記の友人たちを巻き込み多大な迷惑を掛けてしまったからだという。以前にも心理戦カードゲーム人狼にて、プレイスタイルの違いから喧嘩をしたことがあり、このような価値観の食い違いが今回の騒動を引き起こした要因の一つだろうと分析している。
  4. 今回のトラブルが生じる前から飯田氏とはそれほど心を許す間柄ではなかったが、JIN氏とは長い付き合いがあったために友人として信用を裏切られたことに深く失望しているようである。
  • この放送後、JIN氏と話し合ってトラブルは決着したという報告が1月19日付でツイッター[23]に投稿されたが、1月21日に再び『オレ的JINへ最後のメッセージ』[24]と題してニコニコ生放送にて後日談などが配信された。その放送によると互いの意見の相違で和解には至らなかったようで、その後の展開が触れられることはこの日以来ほとんどなくなったために、現在(㋃時点)のJIN氏との関係は不明である。

注:上記はすべてピョコタン氏の主張に基づくため一方的な見解が含まれている可能性もある。JIN氏も釈明放送を行っており[25]、双方の主張を参考にするべきである。

主な作品[編集]

一部の作品は単行本『アホ汁』シリーズなどに収録されている。

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ クサいページ(闇)公式サイト・プロヒイル
  2. ^ なぜ小学館の壁の落書きにピョコタンのマンガが描いてあるんですか?
  3. ^ 赤いアホ汁参照
  4. ^ ゲームラボ2005年11月号より
  5. ^ デビュー13年間いまだに売れない漫画家・ピョコタン先生インタビューガジェット通信公式サイト・2009年8月3日、2014年3月31日観覧
  6. ^ ついに任天堂社長が3Dゲーム機の過ちに言及!の巻
  7. ^ ピョコ生#263 超大手出版社の有名雑誌のクソ編集の文句!、2015年3月9日 観覧
  8. ^ 衝撃】ブチギレ人気漫画家に大手出版社が謝罪!「不快な思いをさせて本当に申し訳ありませんでした」、バズプラスニュース Buzz+
  9. ^ 【炎上】スーパーマリオメーカー自作ステージの世界ランク1位の漫画家が詐欺行為か / 全国から怒りの声、ガジェット通信
  10. ^ ピョコ生#336 マリオメーカー世界1位なのに接続停止!、2015年10月25日 観覧
  11. ^ ピョコ生#352 熊谷で似顔絵した!またサンジャポ出た!、2015年12月29日 観覧
  12. ^ ピョコ生#363 電子書籍が売れまくり!、2016年2月6日 観覧
  13. ^ ピョコ生#373 またゲーム大会で世界一になった!、2016年3月15日 観覧
  14. ^ 大乱闘!“タマちゃんになる会”とタマちゃんファンの激突の真相
  15. ^ ピョコ生#006「タマちゃんを見​守る会」とのケンカ映像
  16. ^ 赤いアホ汁 (SANSAI COMICS)参照
  17. ^ 本人のブログ・Wiiの行列に並んで、テレビに映りまくった!2014年3月31日観覧
  18. ^ 本人のブログ・Wiiリモコンスーツ後日談&少年タケシ!2006年12月08日、2014年3月31日観覧
  19. ^ ピョコ生#090 ネットゲームで永​久接続停止になった話
  20. ^ アホ汁レインボー (SANSAI COMICS)参照
  21. ^ 生主新年会2016 発狂するピョコタン(youtubeより)
  22. ^ オレ的JIN新年会の良かった所・悪かった所(ニコニコ生放送より)1月18日観覧
  23. ^ ピョコタン氏のツイート 1月19日観覧
  24. ^ オレ的JINへ最後のメッセージ(ニコニコ生放送より)1月21日観覧
  25. ^ 【謝罪】オレ的ゲーム速報@新年会の謝罪をします 1月21日観覧

外部リンク[編集]