ハウゼン・バイ・ヴュルツブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Hausen (Würzburg).svg Locator map WÜ in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ウンターフランケン行政管区
郡: ヴュルツブルク郡
緯度経度: 北緯49度56分
東経10度01分
標高: 海抜 272 m
面積: 21.97 km²
人口:

2,451人(2019年12月31日現在) [1]

人口密度: 112 人/km²
郵便番号: 97262
市外局番: 09367
ナンバープレート:
自治体コード: 09 6 79 143
行政庁舎の住所: Fährbrücker Str. 5
97262 Hausen b.Würzburg
ウェブサイト: www.hausen-wzbg.de
町長: ベルント・シュラウト (Bernd Schraud)
郡内の位置
Hausen bei Würzburg in WÜ.svg

ハウゼン・バイ・ヴュルツブルク(Hausen by Würzburg、公式にはHausen b.Würzburg)はドイツ連邦共和国バイエルン州ウンターフランケン地方のヴュルツブルク郡の町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

ハウゼンは、グラムシャッツの森の縁に位置し、ヴュルツブルク開発計画地域に含まれる。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には7つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • エルプスハウゼン
  • ハウゼン
  • リーデン
  • ズルツヴィーゼン

歴史[編集]

ハウゼンは、ヴュルツブルク司教領の一部として1803年にまずバイエルン大公領に世俗化された。その後1805年プレスブルクの和約に基づいてトスカーナ大公フェルディナンド3世によって創設されたヴュルツブルク大公国領に移されたが、1814年に最終的にバイエルン王国領となった。1818年に自治体としてのハウゼンが成立した。1978年の市町村再編によりエルプスハウゼン=ズルツヴィーゼンとリーデンが合併し、新しい統一自治体としてのハウゼンが成立した。

人口推移[編集]

  • 1970年 1,754人
  • 1987年 1,954人
  • 2000年 2,290人

行政[編集]

町長はベルント・シュラウト (CSU) である。

町議会は14議席からなる。

見所[編集]

フェールブリュック巡礼教会: 1685年から1697年にバロックの建築家アントニオ・ペトリーニによって建造された。

経済と社会資本[編集]

教育[編集]

  • 基礎課程学校
  • 本課程学校

引用[編集]