ビュットハルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Bütthard.svg Locator map WÜ in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ウンターフランケン行政管区
郡: ヴュルツブルク郡
緯度経度: 北緯49度36分
東経09度53分
標高: 海抜 290 m
面積: 36.26 km²
人口:

1,281人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 35 人/km²
郵便番号: 97244
市外局番: 09336
ナンバープレート:
自治体コード: 09 6 79 122
行政庁舎の住所: Marktplatz 3
97232 Giebelstadt
ウェブサイト: www.buetthard.de
町長: エトヴィーン・グラムリヒ (Edwin Gramlich)
郡内の位置
Bütthard in WÜ.svg

ビュットハルト (Bütthard) はドイツ連邦共和国バイエルン州ウンターフランケン地方のヴュルツブルク郡に属す市場町で、ギーベルシュタット行政共同体を形成する市町村である。

地理[編集]

ビュットハルトはヴュルツブルク開発計画地域に属す。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には7つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ビュットハルト
  • ガウレッタースハイム
  • ギュッツィンゲン
  • ヘッティンゲン
  • エスフェルト
  • ティーフェンタール

歴史[編集]

この村はアルヌフ王の889年の庇護状に初めて記録されている。城と"Ambt Buttriet"は、1377年1月12日にホーエンローエ伯からヴュルツブルク司教に譲渡された。1503年、司教領主ロレンツ・フォン・ビプラがこの村に市場開催権を授けた。1803年世俗化によってヴュルツブルク司教領の旧アムトはバイエルン大公領となった。1805年トスカーナ大公フェルディナンド3世が創設したヴュルツブルク大公国に移されたが、1814年にこれが廃止されると最終的にバイエルン王国領となった。

マルクト広場に面したシナゴーグを有していたユダヤ人組織に属した人々は、国家社会主義の時代、1937年までに追放、または強制収容所に送致された。ホロコーストで殺害されたユダヤ人住民の記念プレートが町役場に掲げられている[3]

人口推移[編集]

  • 1970年 1,415人
  • 1987年 1,318人
  • 2000年 1,333人

行政[編集]

首長はエトヴィーン・グライムリヒ (CSU/Freie Wählergemeinschaft) である。彼は、2002年にローマン・フロート (Wahlgemeinschaft der Ortsteile) の後任として町長に就任した。

経済と社会資本[編集]

教育[編集]

  • 国民学校 1校

引用[編集]

  1. ^ Bayerisches Landesamt für Statistik – Tabelle 12411-001
  2. ^ Bayerische Landesbibliothek Online
  3. ^ Gedenkstätten für die Opfer des Nationalsozialismus. Eine Dokumentation, Band 1. Bundeszentrale für politische Bildung, Bonn 1995, ISBN 3-89331-208-0, S. 120