ノイブルン (ウンターフランケン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Neubrunn COA.svg Locator map WÜ in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ウンターフランケン行政管区
郡: ヴュルツブルク郡
緯度経度: 北緯49度43分
東経09度40分
標高: 海抜 293 m
面積: 26.56 km²
人口:

2,303人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 87 人/km²
郵便番号: 97277
市外局番: 09307
ナンバープレート:
自治体コード: 09 6 79 164
行政庁舎の住所: Hauptstr. 27
97277 Neubrunn
ウェブサイト: www.neubrunn.de
町長: ハイコ・メーニヒ (Heiko Menig)
郡内の位置
Neubrunn in WÜ.svg

ノイブルン (Neubrunn) はドイツ連邦共和国バイエルン州ウンターフランケン地方のヴュルツブルク郡の市場町である。

地理[編集]

ノイブルンはヴュルツブルク地方に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には2つの地区 (Ort) からなる[2]

  • ベッティヒハイム
  • ノイブルン

歴史[編集]

この町の名前は、この集落にかつてあった 9つの (Neun) 泉 (Brunnen) に由来する(Neunbrunn が Neubrunnに転じた)。ローマ王皇帝ルートヴィヒ4世1323年にこの町に都市権を与えた。これはドイツ騎士団に対して「ノイブルン村を都市とし、防衛施設ならびにヴェルトハイムと同等の週の市と法整備の権限を与える」ものであった。この都市権の名残は、墓地沿いに現存する市壁の遺構にうかがうことができる。ヴュルツブルク司教領のアムトは1803年世俗化され、まずバイエルン大公領となった。1805年トスカーナ大公フェルディナンド3世が創設したヴュルツブルク大公国に移されたが、1814年に最終的にバイエルン王国領となった。

人口推移[編集]

  • 1970年 2,179人
  • 1987年 2,124人
  • 2000年 2,381人

行政[編集]

首長はハイコ・メーニヒ (CSU) である。

引用[編集]