エステンフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Estenfeld.svg Locator map WÜ in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ウンターフランケン行政管区
郡: ヴュルツブルク郡
市町村連合体: エステンフェルト行政共同体
緯度経度: 北緯49度49分45秒 東経10度00分31秒 / 北緯49.82917度 東経10.00861度 / 49.82917; 10.00861座標: 北緯49度49分45秒 東経10度00分31秒 / 北緯49.82917度 東経10.00861度 / 49.82917; 10.00861
標高: 海抜 246 m
面積: 18.12 km2
人口:

5,288人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 292 人/km2
郵便番号: 97230
市外局番: 09305
ナンバープレート: WÜ, OCH
自治体コード:

09 6 79 130

行政庁舎の住所: Untere Ritterstr. 6
97230 Estenfeld
ウェブサイト: estenfeld.net
首長: ロザリンデ・シュラウト (Rosalinde Schraud)
郡内の位置
Estenfeld in WÜ.svg
地図

エステンフェルト (ドイツ語: Estenfeld) はドイツ連邦共和国バイエルン州ウンターフランケン地方のヴュルツブルク郡の町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、エステンフェルト行政共同体の本部所在地である。キュルナッハ川の渓谷に位置するこの町は、太古から人が住んでいた地で、文献上の初出からでも1100年以上の歴史を有する。

地理[編集]

エステンフェルトの町をキュルナッハ川が流れている。一部は暗渠になっているが、町の建物はキュルナッハ渓谷の西側に集中している。川の対岸で建設が盛んになったのは最近のことである。古い町並みは北東向きに広がっていった。風向きや天候の変化は主に西から変化する。雨や嵐が東から来ることは滅多にない。地元の人は東から来る嵐は強烈だという。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には3つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • エステンフェルト
  • ミュールハウゼン

歴史[編集]

石器時代にはすでにこの町の領域は定住地になっていた。エステンフェルトは844年に "Espinaveld" として初めて文献に記録されている。エステンフェルトはヴュルツブルク司教領の一部として1803年にまずバイエルン大公領に世俗化された。その後プレスブルクの和約1805年)に基づいてトスカーナ大公フェルディナンド3世によって創設されたヴュルツブルク大公国に移されたが、1814年に最終的にバイエルン王国領となった。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令により、現在の自治体が成立した。

宗教[編集]

エステンフェルトはカトリックプロテスタントの教会組織がある。町の守護聖人聖マウリティウスであり、カトリック教会はこの聖人にちなんで名付けられている。国家社会主義の時代までエステンフェルトにはユダヤ人が住んでいた。旧シナゴーグ跡の広場には、ユダヤ人達によって記念碑が建てられた。

町村合併[編集]

1978年にミュールハウゼンが自主的にエステンフェルトに合併した。

行政[編集]

エステンフェルトには2008年現在、3つの政治グループが町議会に議席を占めている。町議会は16人の議員で構成され、これに町長が加わる。

姉妹都市[編集]

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

エステンフェルトは連邦アウトバーンA7号線(ヴュルツブルク/エステンフェルト・インターチェンジ)および連邦道B19号線沿いに位置している。これらはエステンフェルトやキュルナッハの町を迂回して走っている。1986年までB19号線はエステンフェルトの町中を走っていた。

引用[編集]

外部リンク[編集]