ニレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニレ属
セイヨウハルニレ
セイヨウハルニレ (Ulmus glabra 'Lutescens')
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: ニレ科 Ulmaceae
: ニレ属 Ulmus

ニレ(楡)はニレ科ニレ属落葉樹と半落葉樹の総称である。シベリアからインドネシアメキシコ日本まで北半球の広範囲で見られる。 ニレの実は丸い翼果である。ニレの全ての種は土壌pHに耐性がある。

種、種類と交配種[編集]

参照 交配種,栽培変種,混成種

ニレには20から45の種類がある。数の曖昧さは種の範囲設定についての困難さに起因する。

栽培法と使用法[編集]

ニレの木材は木目が絡み合っていて、結果的に分割に抵抗がある。主に車輪、椅子のシート、棺に使われる。
この木材は腐食にも強い。