デファクトスタンダード (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社デファクトスタンダード
Defactostandard, Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3545
2016年8月31日上場
本社所在地 日本の旗 日本
143-0006
東京都大田区平和島三丁目3番8号
山九平和島ロジスティクスセンター 5F
設立 2004年4月
業種 小売業
法人番号 1010801019955
事業内容 宅配買取サイト「ブランディア」運営・オークションサイト「ブランディアオークション」運営
代表者 尾嶋崇遠(代表取締役社長)
資本金 12億942万円
売上高 105億1428万円(2017年9月期)
営業利益 4億3900万4000円(2017年9月期)
純利益 3億442万7000円(2017年9月期)
純資産 33億1425万4000円(2017年9月末現在)
総資産 40億5897万8000円(2017年9月末現在)
従業員数 55名(2017年9月末現在)
決算期 9月末
主要株主 BEENOS 57.06%
外部リンク http://www.defactostandard.co.jp
テンプレートを表示

株式会社デファクトスタンダード(英称: Defactostandard, Ltd. )は、ブランド品宅配買取を展開するサイト:ブランディアを運営する日本の企業である。買取ったバッグ、時計、アクセサリー、アパレルなどのブランド品は同社が運営するブランディアオークションをはじめ、ヤフーオークション楽天オークションモバオクビッターズにて販売している。

ポイント連携や異業種との提携が強みである。主な提携はニッポン放送ラジオ関西FM802ZIP-FM等のラジオブランディア、ECナビとのポイント連携など。

沿革[編集]

  • 2004年4月 - 東京都品川区大崎に、株式会社デファクトスタンダードを設立。
  • 2005年10月 - 本社 東京都港区三田に移転。
  • 2006年2月 - 個人買取事業(リユース事業)サービス開始。
  • 2006年3月 - 株式会社ネットプライス(現:BEENOS株式会社)の子会社となる。
  • 2007年4月 - 本社 東京都港区芝に移転。
  • 2007年5月 - メディア事業(オークファン)、別会社として、分社化。事業ドメインをリユース事業に特化。
  • 2007年7月 - 本社 東京都品川区西五反田に移転。
  • 2009年8月 - 本社・物流機能を統合し、東京流通センター(TRC)に移管。
  • 2010年4月 - 提供番組「ブランディア うれしいことふやそう!」放送開始。
  • 2011年9月 - 「ブランディア うれしいことふやそう!」放送終了。
  • 2015年5月 - 本社・物流機能を山九平和島ロジスティクスセンターに移管。
  • 2016年8月 - 東京証券取引所マザーズに上場。
  • 2018年9月 - 東京証券取引所一部へ市場変更[1]

親会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京証券取引所市場第一部への上場市場変更承認に関するお知らせ デファクトスタンダード 2018年8月30日

外部リンク[編集]