ディスタンス・オーバー・タイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディスタンス・オーバー・タイム
ドリーム・シアタースタジオ・アルバム
リリース
録音 2018年9月‐10月
ジャンル プログレッシブ・メタル
時間
レーベル インサイド・アウト・ミュージック
プロデュース ジョン・ペトルーシ
専門評論家によるレビュー
ドリーム・シアター アルバム 年表
ジ・アストニッシング
(2016年)
ディスタンス・オーバー・タイム
(2019年)
ディスタント・メモリーズ
(2020年)
『Distance over Time』収録のシングル
  1. 「Untethered Angel」
    リリース: 2018年 12月7日
  2. 「Fall into the Light」
    リリース: 2019年 1月11日
  3. 「Paralyzed」
    リリース: 2019年 2月8日
  4. 「Barstool Warrior」
    リリース: 2019年 8月21日
  5. 「At Wit's End」
    リリース: 2019年 12月2日
テンプレートを表示

ディスタンス・オーバー・タイム(Distance over Time)は、アメリカプログレッシブ・メタルバンドドリーム・シアター2019年2月22日に発売した14枚目のスタジオ・アルバム。 [1] [2]

概要[編集]

バンドにとって3年振りとなるアルバムであり、インサイド・アウト・ミュージック移籍後初となるリリースである。

今作は前作『ジ・アストニッシング』のロック・オペラ風の作風とは打って変わって、今回の作品は、音作りが非常にヘヴィな仕上がりとなっている。「自分たちのルーツに戻って、もっと有機的なアルバムを作ることだった。ヘヴィでプログレッシヴ的な側面を取り戻して、プレイを心から楽しめる音楽を作るためにコラボレイトしたんだ。今まで作ってきた中で最高のサウンドを持つドリーム・シアターの作品を作るのを目標にしてね」と、ギターのジョン・ペトルーシはインタビューで答えている。[3]

今作のレコーディングは、ニューヨーク郊外にあるレコーディングスタジオ『ヨンダーバーン』にて、メンバー全員で寝食を共にしながら4か月間にわたってレコーディングを行っている。[4]

日本盤には、ボーナスディスクとして、インストゥルメンタルCDとボーナストラックのついたリミテッド・エディション(Blu-spec CD2仕様)と通常盤の2種類、海外盤(US)では、特典付きのデジパック仕様アルバムと通常盤の2種類がそれぞれリリースされている。

また今作は、ボーナストラックを含まないと、『イメージス・アンド・ワーズ』以来、実に27年振りにトータルタイムが60分を下回った作品となった。なお、このタイムは『ホエン・ドリーム・アンド・デイ・ユナイト』、『イメージス・アンド・ワーズ』に次いで3番目の短さである。

今作で、2011年に加入したドラマーのマイク・マンジーニが、5曲目の『Room 137』で、ドリーム・シアター加入後初めて作詞をしている。

2018年12月7日に、リードシングル「アンテザード・エンジェル」とそのミュージックビデオがリリースされた。 [5] 続けざまに2番目のシングル「フォール・イントゥ・ライト」が、2019年1月11日に [6] 、3番目のシングル「パラライズド」が、2019年2月8日にリリースされた。 [7]また、本アルバムリリース後も、2回ほど楽曲のミュージックビデオがインサイド・アウト・ミュージックの公式チャンネルからYouTube上で公開されている。

収録曲[編集]

全作曲: John Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「アンテザード・エンジェル
"Untethered Angel"」
PetrucciJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
2.「パラライズド
"Paralyzed"」
PetrucciJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
3.「フォール・イントゥ・ザ・ライト
"Fall into the Light"」
Myung, PetrucciJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
4.「バーストゥール・ウォリアー
"Barstool Warrior"」
PetrucciJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
5.「ルーム137
"Room 137"」
ManginiJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
6.「S2N」Myung, PetrucciJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
7.「アット・ウィッツ・エンド
"At Wit's End"」
James LaBrieJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
8.「アウト・オブ・リーチ
"Out of Reach"」
LaBrieJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
9.「ペイル・ブルー・ドット
"Pale Blue Dot"」
PetrucciJohn Petrucci, John Myung, Jordan Rudess and Mike Mangini
合計時間:
ボーナストラック
#タイトル作詞作曲・編曲時間
10.「ヴァイパー・キング
"Viper King"」
LaBrie 

参加メンバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Munro. “Dream Theater Reveal New Album Distance over Time”. Louder Sound. 2018年11月9日閲覧。
  2. ^ Bienstock. “Dream Theater Announce New Album, 'Distance over Time'”. Guitar World. 2018年11月9日閲覧。
  3. ^ DREAM THEATER 最新作『DISTANCE OVER TIME』”. 2020年8月11日閲覧。
  4. ^ アルバムのブックレットより
  5. ^ Hear Dream Theater Face Down Fear on Epic New Song 'Untethered Angel'”. Revolver. 2018年12月7日閲覧。
  6. ^ DiVita. “Dream Theater Release New Song 'Fall into the Light'”. Loudwire. 2019年1月14日閲覧。
  7. ^ DiVita. “Dream Theater Unveil 'Paralyzed' Music Video”. Loudwire. 2019年2月19日閲覧。
  8. ^ Dream Theater Reveal Length & Track Listing of New Album 'Distance over Time'”. Ultimate Guitar. 2018年12月5日閲覧。