ドリーム・シアター (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドリーム・シアター
ドリーム・シアタースタジオ・アルバム
リリース
録音 2013年1月5月 ニューヨークコーヴ・シティ・サウンド・スタジオ
ジャンル ヘヴィメタル
プログレッシブ・メタル
レーベル ロードランナー・レコード[1]
プロデュース ジョン・ペトルーシ
専門評論家によるレビュー
ドリーム・シアター 年表
ア・ドラマティック・ターン・オブ・イベンツ
(2011年)
ドリーム・シアター
(2013年)
ジ・アストニッシング
(2016年)
ミュージックビデオ
「The Enemy Inside」 - YouTube
「The Looking Glass」 - YouTube
「Along For The Ride」 - YouTube
テンプレートを表示

ドリーム・シアター』(Dream Theater)は、アメリカプログレッシブ・メタルバンドドリーム・シアター2013年に発表した、12作目のスタジオ・アルバム[1]

概要[編集]

デビュー以来初のセルフ・タイトル・アルバムで、ロードランナー・レコード移籍後4作目となるスタジオ・アルバム

エンジニアリングとミックスは、かつてラブリエとWinter Roseで活動していたリチャード・チッキ(Richard Chycki)が担当。また今作では、前作『ア・ドラマティック・ターン・オブ・イベンツ』ではレコーディングのみの参加であったドラムスマイク・マンジーニが初めて楽曲制作の段階から参加した[2]システマティック・ケイオス以来のメンバー全員が楽曲制作に参加したアルバムとなったが、本作ではバンド名義でなくメンバーの連名でクレジットされている。

日本盤にはボーナス・トラックとして本編2曲目の"ジ・エネミー・インサイド"(The Enemy Inside)のインストゥルメンタルバージョンが収録されている。日本では通常盤に加え、アルバム本編全9曲の5.1chサラウンドオーディオミックスを収録したDVDオーディオが付属した『ドリーム・シアター ~スペシャル・エディション~』の2タイプが、海外では通常盤、限定エディション盤、180グラム重量盤LP盤、限定ボックス・セットの4タイプが発売されている。

トレイン・オブ・ソート以来のインストゥルメンタル曲を収録したアルバム、及びランニングタイムが70分を切るアルバムとなった。本作は意図的に(あくまでバンドの中では)短い曲で固めたという。

収録曲[編集]

DISC 1[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「フォールス・アウェイクニング組曲
"False Awakening Suite"
  • I. スリープ・パラリシス "Sleep Paralysis"
  • II. ナイト・テラーズ "Night Terrors"
  • III. ルーシド・ドリーム "Lucid Dream"
(インストゥルメンタル) John Petrucci, Jordan Rudess
2. 「ジ・エネミー・インサイド
"The Enemy Inside"」
Petrucci Petrucci, Rudess, John Myung, James LaBrie, Mike Mangini
3. 「ザ・ルッキング・グラス
"The Looking Glass"」
Petrucci Petrucci, Rudess, Myung, LaBrie, Mangini
4. 「エニグマ・マシーン
"Enigma Machine"」
(インストゥルメンタル) Petrucci, Rudess, Myung, Mangini
5. 「ザ・ビガー・ピクチャー
"The Bigger Picture"」
Petrucci Petrucci, Rudess, Myung, LaBrie, Mangini
6. 「ビハインド・ザ・ヴェイル
"Behind The Veil"」
Petrucci Petrucci, Rudess, Myung, LaBrie, Mangini
7. 「サレンダー・トゥ・リーズン
"Surrender To Reason"」
Myung Petrucci, Rudess, Myung, LaBrie, Mangini
8. 「アロング・フォー・ザ・ライド
"Along For The Ride"」
Petrucci Petrucci, Rudess
9. 「イルミネイション・セオリー
"Illumination Theory"
  • I. パラドックス・ドゥ・ラ・リュミエール・ノワール "Paradoxe de la Lumière Noire"
  • II. リブ、ダイ、キル "Live, Die, Kill"
  • III. ジ・エンブレイシング・サークル "The Embracing Circle"
  • IV. ザ・パースート・オブ・トゥルース "The Pursuit of Truth"
  • V. サレンダー、トラスト&パッション "Surrender, Trust & Passion"
Petrucci Petrucci, Rudess, Myung, LaBrie, Mangini
10. 「ジ・エネミー・インサイド(インストゥルメンタル・ボーナス・トラック)
"The Enemy Inside (Instrumental/Bonus Track)"」
  Petrucci, Rudess, Myung, LaBrie, Mangini

DISC 2[編集]

スペシャル・エディション盤のみ DISC 1 の本編(ボーナス・トラックを除く)9曲の5.1Chオーディオ・ミックスを収録したDVDオーディオ

チャート順位[編集]

参加ミュージシャン[編集]

サポートメンバー[編集]

脚注[編集]