アウェイク (ドリーム・シアターのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アウェイク
ドリーム・シアタースタジオ・アルバム
リリース
録音 1994年5月7月
One On One Studios (L.A.)
Devonshire Studios (L.A.)
ジャンル ヘヴィメタル
プログレッシヴ・メタル
時間
レーベル アメリカ合衆国の旗EastWest
日本の旗イーストウエスト・ジャパン
プロデュース John Purdell and Duane Baron
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
日本の旗7[1]オリコン
ドリーム・シアター アルバム 年表
ライヴ・アット・ザ・マーキー
(1993年)
アウェイク
(1994年)
ア・チェンジ・オブ・シーズンズ
(1995年)
ミュージックビデオ
「The Silent Man」 - YouTube
「Lie」 - YouTube
テンプレートを表示

アウェイク』(Awake)は、アメリカプログレッシヴ・メタルバンドドリーム・シアター1994年に発表したスタジオ・アルバム

概要[編集]

通算3作目のアルバムである。オリコンチャートの最高位は7位で、ドリーム・シアターのアルバムとして初めてトップ10入りを果たした[1]

4曲目から6曲目は、"A Mind Beside Itself"という一連の組曲で、トータルで約20分の長さである。この作品以後も、バンドはア・チェンジ・オブ・シーズンズなどで20分を超える曲を手がけている。「ザ・ミラー」と「ライ」は独立した曲だが、組曲のように連続して聞こえる編集がされている。

ケヴィン・ムーアが参加した最後のアルバムである。ムーアは1994年8月に脱退した[2]

ドリーム・シアターのオフィシャルブートレグ専門のレーベル「YtseJam Records」より、本作のデモ音源を収録したアルバム『Awake Demos 1994』が販売されている。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「シックス・オクロック」(6:00)MooreDream Theater
2.「コート・イン・ア・ウェブ」(Caught in a Web)LaBrie, PetrucciDream Theater
3.「イノセンス・フェイデッド」(Innocence Faded)PetrucciDream Theater
4.「エロトマニア」(A Mind Beside Itself: I. Erotomania)インストゥルメンタルDream Theater
5.「ヴォイシズ」(A Mind Beside Itself: II. Voices)PetrucciDream Theater
6.「ザ・サイレント・マン」(A Mind Beside Itself: III. The Silent Man)PetrucciPetrucci
7.「ザ・ミラー」(The Mirror)PortnoyDream Theater
8.「ライ」(Lie)MooreDream Theater
9.「リフティング・シャドウズ・オフ・ア・ドリーム」(Lifting Shadows Off a Dream)MyungDream Theater
10.「スカード」(Scarred)PetrucciDream Theater
11.「スペース・ダイ・ヴェスト」(Space-Dye Vest)MooreMoore
合計時間:

Bonus Track(8cmCDシングル)[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「イヴ」(Eve)インストゥルメンタルDream Theater

備考[編集]

  • Bonus Track(8cmCDシングル)は、日本盤初回生産分に封入されていた。日本未発売のシングル「The Silent Man」に収録されていた曲である。

参加ミュージシャン[編集]

チャート順位[編集]

Billboard 200:

  • Awake - #32

UK Album Chart:

  • Awake - #65

オリコン:

  • 「アウェイク」 - #7[1]

参照[編集]

  1. ^ a b c アウェイク”. Oricon. 2010年6月6日閲覧。
  2. ^ アルバム日本盤の解説より