チャールズ・オーガスト・ニコルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャールズ・オーガスト・ニコルズ (Charles August Nichols1910年9月15日 - 1992年8月)はアメリカ合衆国アニメーターアニメーション演出家映画監督ユタ州ミルフォード市生まれ。アメリカン・アニメーションの黄金時代を支えた人物であり、ウォルト・ディズニー・カンパニーハンナ・バーベラ・プロダクションで活躍した。

しばしばニック・ニコルズともクレジットされた[1]

来歴[編集]

1935年にディズニースタジオに入社。ここでのアニメーター時代に初めてアニメーターとしてクレジットされたのは1940年の映画『ピノキオ』であり、登場人物の一人であるコーチマン(馬車屋)のアニメを担当している。1944年に監督に抜擢され、多くの短編映画作品で監督を務めた。ディズニー時代の代表作に『プカドン交響楽』 (Toot, Whistle, Plunk and Boom) やプルートの短編映画シリーズなどがある。

1962年にディズニースタジオを退社後はハンナ・バーベラ・プロダクションへ移籍し、『宇宙家族ジェットソン』や『原始家族フリントストーン』といったテレビアニメ作品シリーズで演出の腕を揮い、映画『シャーロットのおくりもの』ではイワオ・タカモトと連名で監督を務めている。その後も『スクービー・ドゥー』シリーズや『ほえよ! 0011』 (Hong Kong Phooey) など1970年代のハンナ・バーベラ作品の多くで演出・監督担当として作品制作に携わり続けた。

主な参加作品[編集]

ディズニー時代[編集]


ハンナ・バーベラ時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 主に『スクービーのラファリンピック 』(Scooby's All-Star Laff-A-Lympics) の第2シーズンが挙げられる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]