チャツモ国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソマリア・チャツモ国
Khaatumo
—  Flag of SSC.svg SSCソマリア  —
Khatumo State of Somalia
Maamul Goboleedka Khaatumo ee Soomaaliya

座標: 北緯8度28分32秒 東経47度21分30秒 / 北緯8.47556度 東経47.35833度 / 8.47556; 47.35833
ソマリアの旗 ソマリア
首都 ラス・アノド
面積
 - 計 30,888.2mi2 (80,000km2)
人口 (2012年推計)
 - 計 1,000,000人
等時帯 東アフリカ時間 (UTC+3)

チャツモ国(Khatumo State,ソマリ語: Khaatumo, アラビア語: ولاية خاتمة‎)、公式名ソマリア・チャツモ国(Khatumo State of Somalia, Khaatumo State of Somalia, ソマリ語: Maamul Goboleedka Khaatumo ee Soomaaliya)は、内戦状態にあるソマリア北部で2012年1月12日に独立宣言をした地域。国際的には独立は認められていない。2013年のBBCの報道でも、この辺りは「紛争地帯」の位置付けである[1]ソマリアの行政区分では、スール州英語版サナーグ州アイン州英語版を合わせた地域に当たる。主要氏族はハルティの支族デュルバハンテ英語版[2]

人口約1,000,000人(2012年推計)、面積約80,000km²。

背景[編集]

ソマリアのスール州英語版サナーグ州アイン州英語版、合わせてSSCと呼ばれる地域は、1991年に独立宣言したソマリランドと1998年に独立宣言したプントランドの中間に位置する。SSC地域の住民はハルティの支族、マジーティーン英語版デュルバハンテ英語版ワルサンガリ英語版などが主体。

ソマリランドはソマリ族の支族イサックが建てた国であり、旧イギリス領ソマリランドの領域を領土と宣言している。SSC地域も旧イギリス領ソマリランドに含まれる。それに対してプントランドは、ソマリ族の別の支族ハルティのとりわけマジーティーン英語版の居住地域を主体とした国である。つまり、SSC地域は経歴的にはソマリランドに近く、氏族的にはプントランドに近い[3]。そのためもあり、SSC地域はソマリランドに属しているかプントランドに属しているかはっきりせず、ソマリランド、プントランドのいずれも強固には実効支配していない。

そのためもあり、この地域には、これまでいくつか独立宣言した地域がある。2007年にはワルサンガリ英語版支族がSSC地域北部でバハンを首都としてマーヒル国の建国を宣言している。また、2008年にはSSC地域南部でデュルバハンテ英語版支族がラス・アノドを首都としてノースランド国の独立を宣言している。このいずれも、プントランド・ソマリランド紛争などの影響で、間もなく消滅している。

概要[編集]

チャツモ国の位置(ソマリア内)
当初の首都タレー
当初の首都タレー
ラス・アノド
ラス・アノド
関連地図

チャツモ建国の構想は2007年から地元の政治家や住民の間で話し合われていた[2]。ただしこの辺りはプントランド・ソマリランド紛争以降、ソマリランドに実行支配されていた[4]

2012年1月に建国が宣言された[2]。首都はスール州英語版タレー英語版であり[2]、スール州の行政中心都市ラス・アノドの北東にあたる。タレーはかつてサイイド・ムハンマド・アブドゥラー・ハッサンデルヴィッシュ国英語版の首都を置いた土地でもある[2]

ソマリア内には独立宣言している地域がいくつかあるが、いずれも普通は大統領は1人である。しかし、チャツモ国には建国当時、3人の大統領が立てられた[2]

  • 大統領
    • Ahmed Elmi Osman (Karaash) - プントランドの元航空長官
    • Mohamed Yusuf Jama (Indhosheel)
    • Abdinuur Elmi Qaaji (Biindhe) - プントランドの元スポーツ長官
  • 政府長官
    • 外務長官 Hussien Saleebaan Haji Ahmed
    • 防衛長官 Mohamed Ducaale Abdi
    • 財務長官 Osman Ahmed Jeex
    • 開発・天然資源長官 Abdikariim Farah Dhaaye
    • 福祉長官 Mohamoud Diiriye Abdi Joof
    • 内務長官 Yasiin Ahmed Sulub

2012年3月始めには、ソマリア暫定連邦政府の大統領(当時)が、チャツモ国が新生ソマリアに参加するのであれば歓迎する意を述べている[5]。ところが3月末には、ソマリランドからの攻撃を受け、ソマリランドのメディアが報じたところによると、チャツモ軍は大きな損害を受けた[6]

2012年8月には、チャツモからプントランドへの亡命者から、チャツモ国の実権は極少数の人間に奪われたとする証言が寄せられている[7]

2014年8月にはアメリカで博士号を取得し、ソマリアの首相も務めたアリ・カリフ・ガライド英語版が大統領就任を宣言、その際にチャツモの領土がプントランドに占領されており、まずは最大都市ラス・アノドを取り戻したいと述べている[8]

主要都市[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ “Somalia: Hundreds flee Kismayo as clashes reignite”. BBC. (2013年6月8日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-22825252 2013年6月22日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f What is Khatumo State? Archived 2014年3月12日, at the Wayback Machine.
  3. ^ “New Mini-State Created in Somalia”. SomaliaReport. (2012年1月11日). http://www.somaliareport.com/index.php/post/2503 2013年6月22日閲覧。 
  4. ^ “Silanyo calls for peace after Somaliland forces clash with armed group”. Garowe online. (2012-0402). http://www.garoweonline.com/artman2/publish/Somalia_27/Somalia_Silanyo_calls_for_peace_after_Somaliland_forces_clash_with_armed_group.shtml 2013年6月22日閲覧。 
  5. ^ “"TFG ready to hold talk with Somaliland" says President Sharif”. Garowe online. (2012-0308). http://www.garoweonline.com/artman2/publish/Somalia_27/Somalia_TFG_ready_to_hold_talk_with_Somaliland_says_President_Sharif_printer.shtml 2013年6月23日閲覧。 
  6. ^ “19 killed in northern Somalia as Somaliland fights local militia”. Garowe online. (2012-0401). http://www.garoweonline.com/artman2/publish/Somalia_27/19_killed_in_northern_Somalia_as_Somaliland_fights_local_militia_printer.shtml 2013年6月22日閲覧。 
  7. ^ “Militia defect from clan group to Puntland state”. Garowe Online. (2012年8月22日). http://www.garoweonline.com/artman2/publish/Somalia_27/Somalia_Militia_defect_from_clan_group_to_Puntland_state.shtml 2013年6月22日閲覧。 
  8. ^ “New Khatumo President vows to liberate Las’anod town from Somaliland forces”. RBC Radio. (2014年8月17日). http://www.raxanreeb.com/2014/08/somalia-new-khatumo-president-vows-to-liberate-lasanod-town-from-somaliland-forces/ 2016年5月15日閲覧。 

外部リンク[編集]

座標: 北緯8度15分17秒 東経46度19分42秒 / 北緯8.25472度 東経46.32833度 / 8.25472; 46.32833 (Buuhoodle)