マーヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソマリア・マーヒル州
ولاية ماخر الصومال

2007年–2009年
国旗 国章
首都 バハン
政府 連邦制
歴史
 •  成立宣言 2007年7月1日
 •  消滅 2009年1月11日
面積
 •  2008 45,000 km² (17,375 sq mi)
人口
 •  2008年推定 700,000人
     密度 15.6人/km²  (40.3人/sq mi)
通貨 ソマリア・シリング
ccTLD .so
国際電話番号 +252

マーヒル: Maakhir, ソマリ語: Gobolka Maakhir, アラビア語: ماخر ‎, アラビア語のアルファベット転記:Maakhir)は、内戦状態のソマリア内で、2007年1月から2008年4月にかけてプントランドからの独立を宣言していた自治州。正式名ソマリア・マーヒル州: Maakhir State of Somalia, ソマリ語: Maamul Goboleedka Maakhir, アラビア語: ولاية ماخر الصومال‎, アラビア語のアルファベット転記:Wilaayatu Maakhir aṣ-Ṣūmāl)。ソマリア北部の海岸線沿いにあり、西のソマリランドと東のプントランドの中間に位置する。2009年にプントランドに再統合したが、その後もソマリランドとプントランドの間の紛争地域になっている。人口70,000人、面積45,000km²、人口密度15人/km²。

建国の経緯[編集]

プントランド独立[編集]

後にマーヒルとなるこの地域は内戦前にはサナーグ州と呼ばれており、近年になってソマリア各地からソマリ族の大氏族ダロッドの支族ワルサンガリ英語版が集まってきていた。ワルサンガリ氏族はダロッド氏族の支族ハルティの下位支族である。ハルティはソマリア内戦中の1991年から独立を賭けてソマリア中央政府と戦い、1998年プントランドとして国際的には未承認であるものの独立を果たした。ところがプントランドは独立宣言して以降、ハルティの一部族であるマジーティーン英語版の事実上一党独裁の形となった[1]。(ソマリ族の構成についてはソマリ族#主な氏族を参照。)

サナーグの油田採掘権[編集]

ワルサンガリ氏族はマジーティーンの独裁に反抗し、自分らが住むサナーグ一帯をマーヒルと呼んで自治権を持った州にしようとしたが、プントランドはマーヒル州の存在を認めなかった[2]。サナーグには油田が存在する可能性があり(プントランドにおける石油採掘)、プントランドはそれを外国資本に売却しようとしていたためであった。ワルサンガリ氏族は採掘による砂漠化と環境破壊を嫌ったが、当時プントランドの大統領だったアッデ・ムサ (Mohamud Muse Hersi2005年ごろからこの権利の売却を図った。プントランドはワルサンガリ氏族の意向を無視してサナーグに護衛付きの油田調査隊を送り続け、それに対抗してワルサンガリ氏族は自警団を作った[3]。両者の争いはエスカレートし、2006年3月にはミジャヤハン(Mijayahan)で武力衝突も起きている[4]。2006年4月、プントランドはオーストラリア籍の油田調査会社レンジリソース社(Range Resources)にサナーグでの油田調査権を認めている[5]

マーヒル州の最初で最後の大統領ジブリール・サラド

独立宣言[編集]

2007年7月1日、ワルサンガリ氏族は中心都市バハンでマーヒルの独立を宣言した。大統領にはジブリール・アリ・サラド (Jibrell Ali Saladがなった[6]。ただしサナーグの支配権を主張するソマリランドプントランドの双方から認められず、両国から攻撃されることになった[7]2007年9月にはサルマニョ (Sarmanyoがプントランドの攻撃を受けている[8]。当時のソマリア暫定連邦政府首相アリー・ムハンマド・ゲーディも、マーヒルの独立を認めず、この地域はあくまでもプントランドの一地域に過ぎないと宣言している[9]2007年10月にはプントランドがボサソ(プントランド北西部海岸の町)から来たワルサンガリ氏族のビジネスマン数名を逮捕したため、マーヒル政府はこの男の解放を要求してボサソに通じる高速道路を封鎖する事態になっている[10]

ソマリランドの介入とプントランドへの復帰[編集]

マーヒル州は旱魃とソマリランドの侵攻が主な原因となって立ち行かなくなり、大統領のジブリールが6月までに新政権を作ることを約束してマーヒル政府の解散を宣言した。その後ワルサンガリ氏族は、一族の有力者アブデュラヒ・アフメド・ジャマ (Abdullahi Ahmed Jama将軍を2009年1月に行われる第4代プントランド大統領選に出馬させることを条件に、プントランドへの復帰を決めた。

7月9日、ソマリランドは海賊に拉致されたドイツ人の救助を理由に、マーヒル北部のラスコレー港 (Las Khoreyを数時間占拠している[11]

2009年のプントランド大統領選では、別の候補アブドゥルラフマン・モハムード・ファロレが選ばれたものの、アブデュラヒ・アフメド・ジャマも内務長官として政権入りした。ファロレ新大統領の宣言により、マーヒルはプントランドへの復帰が決まった。

関連地図[編集]

独立時の国家形態[編集]

マーヒルの建国時の位置づけは、プントランドと同様、あくまでもソマリア連邦の一部としての自治州であった。国外に向かっても統一ソマリアを再び建設するべきだとの主張を行った。また、マーヒル自治政府の権限はあくまでマーヒル地区のみに行われるものであって、ソマリア全体の中長期的な計画はソマリア中央政府が行うべきだとも主張した。マーヒルは、市民社会であり、法の下に統治されており、ソマリアの伝統習慣であるヘール (xeerを守り、イスラム法であるシャリーアを尊重することを建前とした。また、自国の領土と人道支援の輸送供給を守ることを目的として、また、国際連合開発計画をはじめとする国際社会および現地NGOの活動を助けることを目的として陸軍と海軍も設置された。また、財務省を首都バハンに設置して、国内の公共設備、とりわけラースコライ港 (Laasqorayを整備し、マーヒル州民間局の指導の下、適切な所有権や運営がなされている個人の事業活動を保護することも決められた[12]。さらには、法務省を設けて、この地の伝統的な社会構造が原因でエスカレートする氏族間の対立を解消することを目標とした。

基本情報[編集]

  • 公用語:ソマリ語及びアラビア語
  • 大統領:Jibrell Ali Salad
  • 副大統領:Ahmed Guure Adan
  • 面積:35,000km²
  • 人口:70,000(2006)
  • 人口密度:15人/km²

行政区域[編集]

マーヒルが統治下にあると宣言していた地域は次の通り:

首都バハン
Damalaxagare
Dhaharにいるアラブ種の馬。Sunaariと呼ばれている。
  • Boharo
    • Dhahar - Boharoの中心都市
    • Ceelaayo
    • Bali-Busle
    • Baragaha Qol
    • Buraan - マーヒル政府はこの地に大学を作ろうと計画していた。

主な都市と町[編集]

Badhan, Las Khorey, Dhahar, Buraan, Hadaftimo, Hingalol, Damalla-Hagare, Eilbuh, Erigavo.

政治形態[編集]

議会構成

ソマリ族の多くは遊牧民であり、血統と氏族で議席が割り当てられていた。[13]
ワルサンガリ氏族
氏族(支族) 議席数 居住地
Adan Sa'iid 4 サナーグの中央部、沿岸部。Hadaaftimo, Badhan, Laasqoray, mashaxaleed.
Bah-Majeerteen 3 サナーグの中央部。Badhan,Laasqoray, Eilbuh, Hadaaftimo, Erigavo。
Gashanbur 2 サナーグ東部。Buraan
Warlabe 1 サナーグ中央部。Badhan
Reer Saalah 1 サナーグ中央部。Midigale
Muhumud 1 サナーグ西部。Shinbirale
Rer Faatah 1 サナーグ中央部からやや北部。Laasqoray,Badhan, Durduri
Nouh Omar 2 サナーグ北部。Erigavo,Yubbe,Gelweyte, near Mait
Bahogayslabe 1 サナーグ西部。Erigavo, Carmaale, Damale Haggare
Bahidoor 1 サナーグ南部。Hingalool
Jibrel Sa'iid 1 サナーグ西部。Erigavo, Darasalaam
Adan Yakub 1 サナーグ南部。Hingalool
Dubays 9 サナーグ東部。Dhahar, Elayo, Bosaso, Galgala
Awramale 5 Kismayo, Bulo Haji
その他
少数氏族 議席数 居住地
女性 5 特に指定なし。
Dir clans 2 Laasqoray, Erigavo

政府[編集]

独立後の2007年8月4日、サラド大統領は閣僚7名を任命した[14]。その一人、アフメッド・シェイハ・サラー(Mr. Ahmed Sheikh Salah)は健康上の理由から更迭となり、2007年9月8日に新たに4名が任命された。さらに2007年9月8日に7名が任命され、長官職は17名となった[15]。この内閣はXoghayaashanと呼ばれた。

  • Mr. Ahmed Hussein Yuusuf - 内務長官
  • Mr. Ibrahim Mohamed Omar - 住宅長官
  • Mr. Ahmed Faarah Ali - 財務長官
  • Mr. Iimaan Haji Warsame Faarah - 環境長官
  • Mr. Mohamud Mohamed Iise - 社会労働長官
  • Mr. Sa'iid Du'aale Mohamed - 輸送長官
  • Mr. Sadik Abdi Misan - 国土資源長官
  • Mr. Ali Sa'iid Osmaan Qodah - 貿易工業長官
  • Mr. Abdurrahman Sa'iid Ahmed - 外務長官
  • Prof. Ali Abdurrahman Hirsi - 連邦渉外長官
  • Prof. Mohamed Ali Mohamed - 平和回復長官
  • Mr. Omar Liibaan Arab - 司法宗教長官
  • Ms. Zainab Ismaa'iil Mohamed - 家庭福祉長官
  • Dr. Ahmed Ali Mire - 農業牧畜長官
  • Mr. Abdulkadir Mohamed Sa'iid - 漁業海洋長官
  • Eng. Abdirizak Ali Mohamed (Black) - メディア文化長官
  • Mr. Ali Mohamud Nuur (Ali Sanaag) - マーヒル警察軍司令官

マーヒル議会は38名が議員となった[16]

承認[編集]

2007年9月5日、ソマリア暫定連邦政権の議会で、サナーグ地区代表議員のアシャ・アブダラ(Asha Abdalla、女性)は、マーヒル自治州の設立を支持するとの意思を表明した[17]。ただしソマリア暫定連邦政府自体はマーヒル自治州を承認も否定もしていない。

参考文献[編集]

  1. ^ The Formation of Maakhir State of Somalia Archived 2008年10月9日, at the Wayback Machine.
  2. ^ Puntland Opposes `Makhir State'
  3. ^ Environmental Protection Corps in Maakhir State of Somalia Archived 2008年1月2日, at the Wayback Machine.
  4. ^ Fighting Erupts As Invading Militia From Puntland Are Beaten Back By Somalilanders
  5. ^ Puntland Oil & Mining Deal: The Offspring of an affair between greed and incompetence (Part I) Archived 2012年7月19日, at the Wayback Machine.
  6. ^ The rise of Maakhir State and the fall of Puntland Archived 2007年9月26日, at the Wayback Machine..
  7. ^ Somaliland Warns Puntland Either To Withdraw Militia Forces Or Face Immediate Consequences
  8. ^ Gun battle between Puntland Supported Militia and Maakhiri Forces in Southern Sanaag
  9. ^ Maakhir State of Somalia faces challenges and obstacles Archived 2007年9月29日, at the Wayback Machine.. Article in Markacadeey online in August 23, 2007.
  10. ^ Tensions build up in Northeastern Somalia « maakhir.com
  11. ^ CIIDAMADA SOMALILAND OO DHAAWAC U GAYSTAY MID KA MID AH DADKA XUSUL DUUBKA UGU JIRA SII DAYNTA DADKA AFDUUBKA LOO HAYSTO. (Sorry not reported in English)
  12. ^ Laas Qorey Port Operation Archived 2007年10月8日, at the Wayback Machine..
  13. ^ Raz Shirwa razshirwa@gmail.com (Journalist)
  14. ^ Maakhir State of Somalia names State Secretaries
  15. ^ Maakhir State of Somalia names 7 new State Secretaries
  16. ^ Maakhir State of Somalia increases its Parliament members
  17. ^ “Maakhir State gains support in Somalia parliament” (English) (HTML). Laasqoray.net (Garowe Online). (2007年9月5日). http://www.laasqoray.net/view_article.php?articleid=1252 2007年11月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Taariikhda Goblka Sanaag サナーグの解説。最後にサナーグの町の地図上の位置を示すリンク集がある。