ガルムドゥグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガルムドゥグ・ソマリア国
Dowlad Goboleedka Galmudug ee Soomaaliya
ولاية غامدوغ الصومال
Galmudugの旗 Rsz emblem.jpg
地域の旗 国章
地域の標語:My Home State
地域の歌:祖国を賛美せよ
Galmudugの位置
公用語 ソマリ語アラビア語
主都 ドゥサマレブ[1]
最大の都市 ドゥサマレブ
政府
大統領 アブディカリム・フセイン・グレド英語版
副大統領 Mohamed Hashi Abdi Arabeey
面積
総計 146,000km2N/A
水面積率 不明
人口
総計(xxxx年 xxx,xxx人(N/A
人口密度 xxx人/km2
自治
宣言 2006年8月14日[2]
承認 未承認
通貨 ソマリア・シリング (SOS)
時間帯 UTC +3 (東アフリカ時間)(DST採用なし
ISO 3166-1 不明
ccTLD .so
国際電話番号 252 (ソマリア)

ガルムドゥグソマリ語: Dowlad Goboleedka Galmudug ee Soomaaliyaアラビア語: ولاية غامدوغ الصومالWilāyat Gālmuḍug aṣ-Ṣūmāl: Galmudug)、公式名ガルムドゥグ国Galmudug State)はソマリア中部にあり、ソマリアからの独立を宣言した。州都はドゥサマレブ。実効支配地域はムドゥグ州の南部のみであるが、独立宣言した当初は「ガルグドゥード州ムドゥグ州を合わせた地区」との建前から、国名がガルムドゥグとされた。

2015年時点で、ガルムドゥグは国として独立することは目指しておらず、あくまでもソマリア連邦の一自治州であるという位置づけである。近隣の勢力であるハイマン・アンド・ヒーブスと合併してソマリア中部州とする動きがあるが、2015年12月時点では実現していない。

位置[編集]

ガルムドゥグはソマリアのほぼ中央に位置する。最大都市ガルカイヨは、ソマリアの首都モガディシュ、ソマリランドの首都ハルゲイサ、プントランド最大の都市ボサソ、エチオピアのハラルのそれぞれから約750キロメートルの位置にある。州の広さは10万平方キロメートルである。

歴史[編集]

前史[編集]

1988年に始まったソマリア内戦は、ソマリ族の氏族間の対立でもあった。内戦当初は、第3代大統領モハメド・シアド・バーレが所属するダロッド大氏族と、統一ソマリ会議という軍閥を持つハウィエ大氏族の対立が大きかった。ハウィエ大氏族率いる統一ソマリ会議が勝利すると、今度はハウィエの支族であるハバル・ギディル英語版支族とアブガール英語版支族の争いになった。この戦いは、軍事的天才モハメッド・ファッラ・アイディードを有するハバル・ギディル支族に有利に進んだが、アイディードが1996年に暗殺されると、ソマリアに特に突出した軍閥は無くなり、群雄割拠の時代となった。

モハメッド・アイディードと、後を継いだ息子のフセイン・アイディードは、ハバル・ギディル支族のサカド支支族 (Sacad出身だった。そのため、内戦当初からこの地区から多くの兵士や物資が徴発され、この地区の財政、治安、インフラ整備は後回しになりがちであった。

ガルムドゥグ州の設立[編集]

ソマリア中部へのイスラム法廷会議の侵攻と敗退

2004年にケニアなどの後押しでソマリア暫定連邦政府が成立すると、ソマリアの軍閥の多くが参加した。フセイン・アイディードも参加を表明した。一方、2006年3月から6月にかけて、非氏族団体を標榜するイスラーム過激組織、イスラム法廷会議が急速に力を伸ばし、首都モガディシュを含むシェベリ川中下流域を支配した。これらのできごとにより、首都モガディシュからのこの地に対する干渉が弱まった。

2006年8月14日、この地区のサカド氏族が中心となり、ガルムドゥグ自治州が設立された。初代大統領にはキイミコ(Kiimiko)の通称で知られる モハメド・ワルサメ・アリ英語版が選ばれ、首都は南ガルカイヨとされた[3]。その領域は、ハウィエ大氏族の居住地域であるガルグドゥード州ムドゥグ州全体とされたが、実効支配地域はサカド支支族の根拠地であるムドゥグ州の南部のみであった。その支配形態も、中央集権様式からは程遠く、多くの有力都市を海賊が支配している状況だった。一方で、南部発祥のイスラーム過激組織であるイスラム法廷会議はますます力を付け、2006年8月16日にはムドゥグ州のホビョハラデレ英語版といった地域に支配を伸ばしていた。

ガルムドゥグとその北のプントランドは当初から関係がよくなかった。プントランドは、ガルムドゥグを支配するハウィエ大氏族とは別の氏族、ダロッド大氏族が建てた事実上の独立地域である。2006年秋、プントランドは、イスラム法廷会議とガルムドゥグの対立を懸念して、ガルムドゥグを含む南ソマリアへのフライトをほぼ全面的に禁止した。その動きをガルムドゥグは非難している[4]

イスラム法廷会議の力は2006年11月から12月にかけてますます優勢となり、ガリンサー、ホビョ、ハラデヤー、バンディラドリー、マレハンなど、ガルムドゥグ支配地域のほとんどを占拠した(元から支配は不完全だったが)。エチオピアプントランドは隣国でのイスラム勢力の台頭を好ましく思っておらず、共同で軍を出した。ガルムドゥグは当初はこの動きに賛成しておらず、2006年11月10日にはプントランドに対し、国境線付近の軍を引き下げるように求めている[5]。それでも12月になるとイスラム法廷会議は事実上壊滅し、バンディラドリー、ガリンサーもガルムドゥグの元に戻った[6]

再建[編集]

イスラム法廷会議を追い出した後もガルムドゥグの支配が及ぶ地域は少なかった。ガルムドゥグとプントランドとの対立も依然として続いた。

ガルムドゥグ政府は微力ながらも8つの学校を運営していた。内陸国であるエチオピアに港を提供するため、ホビョに近代的な港を作る計画も持ち上がっていた。また、商用として、ホビョ、ガルカイヨ、エチオピアのオガデンを結ぶ172マイルの2車線舗装道路を作る計画も作られた。財源も、国際連合児童基金、インド政府、アラブ首長国連邦ドバイの会社の協力の下、信託基金が計画され、ユニセフからは14万ドル相当の支援が送られている[7]。2007年9月からは南北に分断されていたガルカイヨが、学校については再び統一されることになった[7]が、プントランドとガルムドゥグ(あるいはハウィエ氏族とダロッド氏族)の対立が完全に無くなったわけではなかった。

2007年には、ソマリア南部で別のイスラーム過激組織アル・シャバブが急激に台頭する。アル・シャバブは2007年3月から4月にかけて、ソマリアの首都モガディシオに攻め込んできたため、ガルカイヨに避難してくる住民が増えた。一方でガルムドゥグの治安も依然として回復せず、2007年にもガルカイヨを走るバスの乗客女性がレイプされたり、街道を通る車から勝手に金を徴収する者が多数いたりといった混乱が続いていた[8]海賊の活動も依然として盛んだった。これは地方の軍閥が勝手に外国に漁業権を売ったことにも原因がある。ホビョを拠点とする海賊は2008年の外国メディアからの衛星電話インタビューに対し「われわれは元々漁師であったが外国漁船が魚を獲り尽くしたりゴミを捨てたりしたため生活が立ち行かなくなり、治安維持として自警を始め、違反船からは罰金を取り立てている」と答えている[9]

南ガルカイヨは主としてガルムドゥグが支配していたが、ガルカイヨ空港の空港周辺だけはプントランドが支配していた。2008年6月1日、ガルカイヨ支配地域からこの空港に向けてミサイル攻撃が行われている[10]。プントランドは建国後発展を続けていたが、ガルムドゥグの復興は遅れており、グリ・エルやドゥサマレブといった町は2009年1月の時点でも廃墟のままであった[11]

ソマリア連邦政府への加盟への動き[編集]

内戦が続いていたソマリアだったが、元イスラム法廷会議の穏健派だったシェイク・シャリフ・シェイク・アフマドソマリア暫定連邦政府に参加したころから、徐々に和解に向けた動きが進み始めた。

2011年2月、プントランドの首都ガローウェにて、プントランドとガルムドゥグの公式な協力関係が結ばれ、治安、経済、社会生活での相互協力が行われることになった[12]

2012年8月1日、ガルムドゥグの議会はアブディ・ハサン・アワレ・カイディード英語版を大統領に指名した。有効票25票の内、22票を獲得していた[3]

2013年、カイディード大統領は、ガルムドゥグが新ソマリア連邦憲法で言うところの公式州の条件を満たすと主張した。しかし、ソマリア連邦政府は2013年4月、ガルムドゥグの支配地域はムドゥグ州の一部に過ぎないとしてこれを認めず、二つ以上の地方政権が自主的に合併することで、公式州の要件を満たす必要があると主張した[13]

2014年7月30日、ソマリア連邦政府支援の元、ソマリア中部の勢力であるガルムドゥグ、アル・スンナ・ワル・ジャマーハイマン・アンド・ヒーブスの代表が集まり、ソマリア中部州の設立についての話し合いが行われた。これが実現すれば、ソマリア連邦政府の公式州としての要件を満たすことになる[14]

2014年7月31日、プントランド政府は「ソマリア中部州」の設立の動きに対し、これはソマリア憲法に違反していると牽制した[14]。そのため8月9日、国連とEUの代表施設は、ソマリア中部州の設立は、プントランドの実効支配地域に影響を及ぼすものではないという共同声明を発表した[15]。10月14日にはプントランドの首都ガローウェにて、ソマリア連邦政府とプントランドとの会議が行われ、ソマリア中部州の領域がムドゥグ州南部とガルグドゥード州のみ(つまりプントランドの実効支配地域は含まれない)との合意が行われた[16]。12月25日には、中部ソマリア州設立のための準備委員会が作られた[17]

2015年4月、ソマリア連邦政府のモハムド大統領は、ソマリア中部州の行政中心地をドゥサマレブとし、そのための打ち合わせをアダド英語版で行うことを正式に発表した[18]

2015年7月4日、アブディカリム・フセイン・グレド英語版が大統領選を制した[19]

2015年8月29日、アル・スンナ・ワル・ジャマーは、ソマリア中部州を設立しようとしているソマリア連邦政府の動きに反対している。アル・スンナ・ワル・ジャマーは2015年8月時点で、ソマリア中部州の州都と目されている都市ドゥサマレブを実行支配している[20]

2015年11月28日、ガルカイヨにて、ガルムドゥグとプントランドが衝突し[21]、40名が死亡。12月2日に休戦協定が結ばれるが、12月4日にガルムドゥグの議員が乗車する車両がAK-47で射撃される事件が発生している[22]

歴代大統領[編集]

大統領 就任日 退任日
1 モハメド・ワルサメ・アリ英語版 2006年8月14日 2009年8月
2 モハメド・アフメド・アリン英語版[23] 2009年8月 2012年8月
3 アブディ・ハサン・アワレ・カイディード英語版 2012年8月 2015年8月
4 アブディカリム・フセイン・グレド英語版 2015年8月 現職

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Somalia’s Federal Future Layered Agendas, Risks and Opportunities
  2. ^ “Galmudug marks its fifth anniversary”. SONNA. (2011年8月14日). http://www.sonna.net/content/galmudug-marks-its-fifth-anniversary 2013年4月19日閲覧。 
  3. ^ a b “Somalia: Galmudug Elects New Leader, Pledges Security”. SMN. (2012年8月2日). http://allafrica.com/stories/201208030100.html 2013年4月18日閲覧。 
  4. ^ Somalia: Galmudug state condemns Puntland ban on flights from southern Somalia SomaliNet News
  5. ^ Somalia: Galmudug state asks Puntland army to withdraw its territory. Shabelle Media Network
  6. ^ “Somalia: No revenge against Islamists - former warlord”. SomaliNet. (2007年1月1日). http://somalinet.com/news/world/Somalia/6350 2007年1月29日閲覧。 
  7. ^ a b ユニセフ ソマリア 内戦で分断された街と人をつなぐ学校創り、2007年7月23日付け、2009年3月27日閲覧
  8. ^ アフリカ・ラティーナ ソマリアからの声:モガディシオを逃れた人びとの話
  9. ^ INSIDER ソマリア海賊を軍艦で制圧することが出来るのか?
  10. ^ Puntland accuses Galmudug over the attack on Galkayo’s airport
  11. ^ 国境なき医師団 http://www.msf.or.jp/news/2009/01/1579.php
  12. ^ An Agreement Jointly Signed by Puntland and Galmudug
  13. ^ “Somalia govt 'pursuing leadership change in Galmudug': sources”. Garowe Online. (2013年4月8日). http://www.garoweonline.com/artman2/publish/Somalia_27/Somalia_govt_pursuing_leadership_change_in_Galmudug_sources_printer.shtml 2013年4月10日閲覧。 
  14. ^ a b “Somali Prime Minister welcomes agreement to form new administration in central Somalia”. Horseed Media. (2014年7月31日). http://horseedmedia.net/news/2014/07/somali-prime-minister-welcomes-agreement-form-new-administration-central-somalia/ 2014年7月31日閲覧。 
  15. ^ “SOMALIA: UN, EU and IGAD envoys for Somalia send concern letter to Puntland president after the region suspended ties with Mogadishu”. Raxanreeb. (2014年8月17日). http://www.raxanreeb.com/2014/08/somalia-un-eu-and-igad-envoys-for-somalia-send-concern-letter-to-puntland-president-after-the-region-suspended-ties-with-mogadishu/ 2014年8月21日閲覧。 
  16. ^ “Somalia: Puntland clinches deal with Federal Govt”. Garowe Online. (2014年10月14日). http://www.garoweonline.com/page/show/post/610/somalia-puntland-clinches-deal-with-federal-govt 2014年10月14日閲覧。 
  17. ^ “Federal government finalizes committees to facilitate formation of Central state”. Goobjoog. (2014年12月25日). http://goobjoog.com/english/?p=7641 2014年12月26日閲覧。 
  18. ^ “Dhusa-Mareeb conference Spokesman: “there is chance discuss about where hold state formation conference””. Goobjoog. (2015年3月27日). http://goobjoog.com/english/?p=12239 2015年3月27日閲覧。 
  19. ^ “Abdikarim Hussein Guled Wins Galmudug Presidential Election”. allAfrica. (2015年7月4日). http://allafrica.com/stories/201507061643.html 2015年12月13日閲覧。 
  20. ^ “Moderate Islamist faction spurns power sharing deal with Galmudug state”. Hiiraan online. (2015年8月29日). http://www.hiiraan.com/news4/2015/Aug/101335/moderate_islamist_faction_spurns_power_sharing_deal_with_galmudug_state.aspx 2015年12月13日閲覧。 
  21. ^ “Seven dead in clashes between Puntland & Galmudug forces in Galkayo City”. Horseed Media. (2015年11月29日). https://horseedmedia.net/2015/11/29/217682/ 2015年12月20日閲覧。 
  22. ^ “Galmudug Parliament Member Injured in Galkayo Attack”. allAfrica. (2015年12月4日). http://allafrica.com/stories/201512050229.html 2015年12月20日閲覧。 
  23. ^ shabelle.net Gal-mudug opposes the nominated Somalia cabinet nominees

Further reading[編集]

  • A. Jimale (ed), The Invention of Somalia. Lawrenceville, NJ, 1995
  • Cassanelli, Lee V., The Shaping of The Somali Society- Reconstructing the History of a Pastoral People, 1600-1900. Philadelphia, Pennsylvania Univ. Press, 1982.
  • Middleton, John. The World of the Swahili- An African mercantile civilisation. Yale University 1992.