スール州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スール

Sool
سول
ラス・アノド(2011年)
ラス・アノド(2011年)
ソマリランド南東部のスール地域の場所
ソマリランド南東部のスール地域の場所
北緯8度23分46秒 東経47度41分29秒 / 北緯8.39611度 東経47.69139度 / 8.39611; 47.69139
ソマリアの旗 ソマリア
実効支配 ソマリランドの旗 ソマリランド
州都 ラス・アノド
面積
 • 合計 25,036km2
面積順位 14位
人口
(2014年推定)
 • 合計 327,428人
 • 順位 18位
等時帯 UTC+3 (東アフリカ時間)
ISO 3166コード SO-SO

スールソマリ語: Soolアラビア語: سول‎)は、ソマリア北部に位置する州(gobol)のひとつ。北をサナーグ州、東をバリ州ヌガール州、南をエチオピアソマリ州オガデン地方)、西をトゲアー州と接する。州都はラス・アノド。人口は約33万人(2014年推定)で、ソマリアの州の中では最も少ない[1]。主にソマリ族の一氏族であるダロッドが住んでいる。

近隣のサナーグ州、アイン地区英語版(トゲアー州東部)と共にSSC地域ロシア語版と呼ばれている。SSC地域をめぐってソマリランドプントランド武力衝突を繰り返しており、情勢が不安定な地域としても知られる。2018年時点ではソマリランドがラス・アノドを含む大部分を、州東部をプントランドが実効支配している。またソマリランド[2]およびプントランド[3]にも同名の州が存在するが、ここでは主にソマリアの行政区画を説明する(#ソマリランドプントランド節を参照)。

歴史[編集]

ソマリア内戦後の勢力図

独立以前はイギリス領ソマリランドに属していた。サイイド・ムハンマド・アブドゥラー・ハッサンの独立運動によって建国されたダラーウィーシュ国英語版の首都タレーク英語版は州東部にあった。独立後の1980年代にヌガール州より分離[4]

ソマリア内戦勃発後の1991年、ソマリランドとして事実上の独立状態となる。1998年に東のバリ州・ヌガール州にプントランドが成立すると、両国はSSC地域をめぐって武力衝突を行うようになった(プントランド・ソマリランド紛争)。当初は支配氏族が近いプントランドがスール州のほとんどを実効支配していたが、2003年頃からソマリランドが優勢となり[5]2007年にはラス・アノドを占領するに至った[6]。2018年ソマリランドがプントランドの支配下にあったTukaraqを占領し、双方が非難するなど現在もスール州の争奪戦が続いている[7][8]

現地住民はこの紛争に抗議しており[9]、現状からの解放と自治を求めてノースランド国(2008年)、チャツモ国(2012年)が建国された[10]。しかし、ソマリランドとプントランド両国の攻撃によっていずれも消滅している。

地区[編集]

4つの地区(県、Degmo)から成り立つ[11]。カッコ内はソマリ語名。

主要都市[編集]

ソマリランドのスール州[編集]

スール州(ソマリランド)
2002年のスール州
2002年のスール州
2008年以降(スール州は10番)
2008年以降(スール州は10番)
政府 ソマリランドの旗 ソマリランド
設置 2002年
州都 ラス・アノド

ソマリランドでは、2002年に制定された地方行政法によってスール州が設置されている[2]。設置当初はソマリアのスール州と領域は変わらなかったが、2008年に当時のダヒル・リヤレ・カヒン大統領によって州西部の三角形の地域がサラル州 (Sarar)スウェーデン語版サラル州 (Salal)スウェーデン語版とは異なる)として分離[12]。2014年6月にはアフメッド・シランヨ大統領によって州東部がハイシモ州英語版として分離した[13]。州都は一貫してラス・アノドに置かれている。

地区[編集]

2002年の法案によれば6地区が設置されている[2]。現在は一部変更が行われている[12]

地区名の上付き文字は2002年法案による地区の格付けによるもので、最高のAからDの4つに分類された。スール州にBに分類された地区はない。

プントランドのスール州[編集]

スール州(プントランド)
Puntland new regions map.jpg
政府 プントランドの旗 プントランド
設置 1998年7月24日
州都 ラス・アノド

1998年7月23日に成立したプントランドは、領土を5つの州に分割することを発表し、ラス・アノドを州都としてスール州が設置された[16]。州域はソマリランドのスール州(2008年のサラル州分離後)と等しい。

現地住民と氏族が同じであったため当初は大部分が実効支配下にあったが、インフラ整備などを怠ったため次第に住民の不満が高まった。2007年にラス・アノドを失い、2008年にはスール州の有力一族の長老がプントランド政府に見切りをつける[17]など厳しい状況が続いている。

スール州には石油が埋蔵されていると推定されている。

脚注[編集]

  1. ^ Somalia:Pre-war Regions”. Citypopulation (2015年11月3日). 2018年3月11日閲覧。
  2. ^ a b c JAMHUURIYADDA SOMALILAND XEERKA GOBOLLADA IYO DEGMOOYINKA: XEER LR. 23/2002 (& 2007 ) REGIONS & DISTRICTS LAW: LAW NO: 23/2002 AS AMENDED IN 2007”. 2019年3月12日閲覧。
  3. ^ Puntland/About”. プントランド政府. 2019年3月12日閲覧。
  4. ^ Regions of Somalia”. Statoids.com (2015年9月1日). 2019年3月11日閲覧。
  5. ^ Somalia's Puntland Sold Exploration Rights In Somaliland”. Somaliland Times. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。
  6. ^ Somalia: Somaliland unable to control mass exodus out of Las Anod”. ガローウェ・オンライン (2007年10月23日). 2007年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。
  7. ^ Somaliland forces take control of town from Puntland in northern region”. 新華社通信 (2018年1月8日). 2019年3月12日閲覧。
  8. ^ Somalia: Fighting between Puntland and Somaliland forces reignites in Tukaraq”. ガローウェ・オンライン (2018年5月24日). 2019年3月12日閲覧。
  9. ^ Eight hurt as anti-Somaliland rally in Las Anod turns violent”. ガローウェ・オンライン (2018年5月28日). 2019年3月11日閲覧。
  10. ^ Somalia: Puntland-Somaliland Tension and its political effects”. ガローウェ・オンライン (2018年2月2日). 2019年3月12日閲覧。
  11. ^ Districts of Somalia”. Statoids.com (2013年12月9日). 2019年3月12日閲覧。
  12. ^ a b President Riyale Names 6 New Regions + 16 New Districts”. Somaliland Times. 2016年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。
  13. ^ Gobolka cusub ee Xaysimo (ExTaleex) oo Badhasaab loo magacaabay”. gobanimonews.com. 2017年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。
  14. ^ Siilaanyo oo Magacaabay Todobo Degmo oo Cusub”. en:Horn Cable Television (2016年7月14日). 2017年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。
  15. ^ Madaxweyne Siilaanyo Oo Tuulada “Bohol” u Magacaabay Degmo”. Xogshiil Media (2017年10月2日). 2019年3月12日閲覧。
  16. ^ Five Regions In Northeastern Somalia Form Government”. Biyokulule Online (1998年7月24日). 2019年3月12日閲覧。
  17. ^ Somalia: Las Anod clan elders 'give up' on Puntland govt”. ガローウェ・オンライン (2008年1月8日). 2013年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]