ソマリランドの行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソマリランドの行政区画は13州に分けられている。ソマリランド政府によって名づけられた各州の名称及び州境は、ソマリア政府が定義した名称及び州境とは一部異なっている。

ソマリランドはソマリア内戦早々の1991年に、地元氏族イサックが旧イギリス領ソマリランドのソマリアからの分離独立を宣言してできた国である。ただし、実質的に独立したのはイサック氏族の居住地域のみであった。旧イギリス領ソマリランドの東部には別の氏族ダロッドが住んでおり、そのさらに東部と合わせてダロッド氏族の国プントランドとして1998年にソマリアから分離独立した。

2008年1月、プントランド・ソマリランド紛争が起こり、ソマリランドは新たにプントランドの領土で旧イギリス領ソマリランドの一部を実効支配した。それまでソマリランドの行政区画は6つの(Region)に分けられていたが、3月22日、ソマリランド共和国のダヒル・リヤレ・カヒン大統領は、これを再編し、12州に再分割すると発表した [1]2008年5月15日、さらに1つの州を追加すると発表した[2]。この13番目の州はハウド州と名付けられた。

現在の行政区分[編集]

2008年5月15日以降の行政区分

現在の行政区分は2008年5月15日に決められたもので、ソマリランドを13州に分けている。ただし今でもそれ以前に使われていた6つの区分が使われることも多い。

右の地図番号 [3] 行政中心地 備考
1 サラル(Salal)スウェーデン語版 ゼイラ
2 アウダル ボラマ
3 ガビレイ英語版 ガビレイ英語版
4 マローディ・ジェーハ ハルゲイサ
5 サヒル英語版 ベルベラ
6 オドウェイン英語版 オドウェイン英語版
7 トゲーア英語版 ブラオ
8 ブーホードル英語版 ブーホードル英語版 プントランドが実効支配
9 サラル(Sarar)英語版 カイナバ英語版
10 ソール英語版 ラス・アノド プントランドから取得
11 サナーグ英語版 エリガボ プントランドから取得
12 バハン バハン プントランドが実効支配
13 ハウド英語版 バリグバドレ英語版

2008年3月までの6州[編集]

2008年3月21日までの行政区分
  1. アウダル州(Awdal) -行政中心都市:ボラマ
  2. サークシル州(Saaxil) -行政中心都市:ベルベラ
  3. サナーグ州(Sanaag) -行政中心都市:エリガボ
  4. ソール州(Sool) -行政中心都市:ラス・アノド
  5. トゲアー州(Togdheer) -行政中心都市:ブラオ
  6. オコーイ・ガルベード州(Woqooyi Galbeed = 北西州) -首都ハルゲイサ

サナーグ州、スール州の大半と、トゲアー州の一部は、プントランドが、スール州の一部についてはノースランドも領有を主張している。また、サナーグ州の東半分はマーヒル国家として一時分離独立していたが、現在はプントランドの実効支配下にある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "President Riyale Names 6 New Regions + 16 New Districts", The Somaliland Times issue 322, March 22, 2008.
  2. ^ 大統領声明 Archived 2008年12月7日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 英語版ウィキペディアを元にThe Somaliland Timesの情報を足して作成

関連項目[編集]