コンゴ民主共和国の行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コンゴ民主共和国の地方行政区画(コンゴみんしゅきょうわこくのちほうぎょうせいくかく)では、コンゴ民主共和国の地方行政について述べる。

概要[編集]

現行のコンゴ民主共和国憲法英語版(2006年施行、全文)では、都市と州の性格を併せ持つ都市州(Ville Province)である首都キンシャサ特別州(Ville Province de Kinshasa)および25の(Province)に区分されている。各州は憲法に規定された範囲内での自治権を行使できる法人格である。2009年までにはこの新行政区画へ移行される予定であったが、2010年10月に中止、2012年時点では旧行政区画のままであった[1]。その後2015年1月9日に国民議会英語版において可決、移行された[2]

州の下は都市(Ville、以下「市」と呼称)または地区(Territoire)に分けられている。前者の市は都市型コミューン(Commune Urbaine)、後者の地区は農村型コミューン(Commune Rurale)、首長区(Chefferie)、小区(Secteur)を管轄する。それより下部には型を問わずコミューンには街区(Quartier)が、首長区および小区には村落連合(Groupement)が結成されている。村落連合には複数の集落(village)が所属している[3]

2017年時点の行政区画(カッコ内は総数[4]
国家 コンゴ民主共和国
第1級 特別州 (1)
Ville Province
州 (25)
Province
第2級 地区 (4)
District
市 (32)
Ville
地区 (145)
Territoire
第3級 都市型コミューン (137)
Commune Urbaine
農村型コミューン (202)
Commune Rurale
首長区 (259)
Chefferie
小区 (478)
Secteur
第4級 街区 (2,187)
Quartier
村落連合 (6,053)
Groupement
第5級 - 集落 (78,855)
Village

現在の行政区画[編集]

[編集]

現在の州及びキンシャサ

首都キンシャサ特別州およびその他の25州によって構成されている。

# フランス語 州都[5] 人口
(2020年推定[6])
面積[5]
(km2)
人口密度
(/km2)
旧行政区画
(2015年以前)
1. キンシャサ特別州 Kinshasa - 14,565,700 9,965 1,462 キンシャサ特別州
2. コンゴ中央州 Kongo Central マタディ 6,838,500 53,920 127 コンゴ中央州
3. クワンゴ州 Kwango ケンジュ 2,618,700 89,974 29 バンドゥンドゥ州
4. クウィル州 Kwilu バンドゥンドゥ 6,682,300 78,533 85 バンドゥンドゥ州
5. マイ=ンドンベ州 Mai-Ndombe イノンゴ 2,254,100 127,343 18 バンドゥンドゥ州
6. カサイ州 Kasaï ツィカパ 3,417,000 95,631 36 西カサイ州
7. 中央カサイ州 Kasaï-Central カナンガ 4,045,300 59,500 68 西カサイ州
8. 東カサイ州 Kasaï-Oriental ムブジマイ 3,864,300 9,545 405 旧東カサイ州
9. ロマミ州 Lomami カビンダ 3,001,900 56,426 53 旧東カサイ州
10. サンクル州 Sankuru ルサンボ 2,593,400 104,331 25 旧東カサイ州
11. マニエマ州 Maniema キンドゥ 2,856,300 132,520 22 マニエマ州
12. 南キヴ州 Sud-Kivu ブカヴ 7,066,400 64,791 109 南キヴ州
13. 北キヴ州 Nord-Kivu ゴマ 8,147,400 59,483 137 北キヴ州
14. イトゥリ州 Ituri ブニア 4,392,200 65,658 67 東部州
15. 高ウエレ州 Haut-Uele イシロ 2,242,500 89,683 25 東部州
16. ツォポ州 Tshopo キサンガニ 2,829,700 199,567 14 東部州
17. 低ウエレ州 Bas-Uele ブタ 1,369,600 148,331 9 東部州
18. 北ウバンギ州 Nord-Ubangi バドリテ 1,542,500 56,644 27 旧赤道州
19. モンガラ州 Mongala リサラ 2,114,100 58,141 36 旧赤道州
20. 南ウバンギ州 Sud-Ubangi ゲメナ 2,987,100 51,648 58 旧赤道州
21. 赤道州 Équateur ムバンダカ 1,856,000 103,902 18 旧赤道州
22. ツアパ州 Tshuapa ボエンデ 1,944,500 132,957 15 旧赤道州
23. タンガニーカ州 Tanganyika カレミ 3,792,200 134,940 28 カタンガ州
24. 上ロマミ州 Haut-Lomami カミナ 3,662,800 108,204 34 カタンガ州
25. ルアラバ州 Lualaba コルヴェジ 3,183,300 121,308 26 カタンガ州
26. 上カタンガ州 Haut-Katanga ルブンバシ 5,718,800 132,425 43 カタンガ州
州別の行政区画の数(2017年時点[4]
第1級 第2級 第3級 第4級 第5級

(Province)

(Ville)
地区
(Territoire)
都市型コミューン
(Commune Urbaine)
農村型コミューン
(Commune Rurale)
小区
(Secteur)
首長区
(Chefferie)
村落連合
(Groupement)
街区
(Quartier)
集落
(Village)
低ウエレ州 1 6 4 7 6 44 341 33 1,181
赤道州 1 7 2 7 21 1 132 61 1,826
上カタンガ州 2 6 11 9 13 7 82 118 1,754
上ロマミ州 1 5 3 7 6 12 141 61 2,101
高ウエレ州 1 5 3 7 5 40 391 39 2,374
イトゥリ州 1 5 3 6 6 39 282 86 3,835
カサイ州 1 5 5 6 17 3 355 59 7,147
中央カサイ州 1 5 5 7 33 0 369 41 5,842
東カサイ州 1 5 5 8 20 1 146 113 1,396
キンシャサ特別州1 1 - 24 - - - 21 409 82
コンゴ中央州 2 10 6 23 55 0 377 146 7,113
クワンゴ州 1 5 5 8 20 6 238 51 5,845
クウィル州 2 5 7 8 49 0 492 95 5,581
ロマミ州 2 5 7 5 16 5 251 85 2,635
ルアラバ州 1 5 2 8 6 19 167 64 3,229
マイ=ンドンベ州 1 8 3 12 15 4 54 67 1,695
マニエマ州 1 7 3 8 21 13 299 35 2,530
モンガラ州 1 3 2 3 13 0 180 23 1,900
北キヴ州 3 6 10 14 7 10 97 150 4,260
北ウバンギ州 1 4 3 4 11 0 123 29 1,200
サンクル州 1 6 4 5 41 1 426 59 2,911
南キヴ州 1 8 3 14 5 18 182 139 2,705
南ウバンギ州 2 4 6 3 17 0 203 33 1,871
タンガニーカ州 1 6 3 6 12 17 121 43 3,767
ツォポ州 1 7 6 12 40 18 272 123 2,428
ツアパ州 1 6 2 5 23 1 184 22 1,657
合計 33 145 137 202 478 259 6,053 2,187 78,855
  • 1 - キンシャサ特別州は都市州(Ville Province)であり、州と市を兼ねている。

州より下位の行政区画[編集]

第2級行政区画[編集]

州ごとに色分けした市と地区の地図

コンゴ民主共和国における(仏語: Ville、英語: City)は、州の下にある第2級行政区画の一種である。地区と同格の地位を中央政府より与えられている。社会的インフラストラクチャーを備えており、経済規模は大きく、人口は10万人以上であることが条件となる。

2019年時点で35市が存在する[7]。この中でも首都キンシャサは更に州と同等の地位が与えられている。

地区(仏語: Territoire、英語: Territory )は、州の下にある第2級行政区画の一種。都市化の進んだ都市地域は上述の市となるため、市に比べて都市化があまり進んでいない郊外・農村部を管轄している。総数は145。ザイール共和国時代は Zoneが似た役割を果たしていた。こちらについても地区と訳される。

第3級行政区画[編集]

コミューン(日本における市町村に相当)のうち、市に設置されているコミューンは都市型コミューン(仏語: Commune Urbaine、英語: Urban Commune)と呼ばれる。農村型と比べて数は少ないものの、都市化が進んでいる。総数は137。市町村だとに相当する。地区に設置されているコミューンは農村型コミューン(仏語: Commune Rurale、英語: Rural Commune)と呼ばれる。総数は202。市町村だとに相当する。

小区(仏語: Secteur、英語: Sector)は、コミューンまたは首長区に含まれない地域を管轄する行政区である。総数は478で、同格の行政区画の中では最も多い。

首長区(仏語: Chefferie、英語: Chiefdom)または酋長区は、伝統的な部族・血縁集団を基にした行政区画である。特定の部族・一族から成り、その長である首長酋長)によって統治される。総数は259。すべての州にある訳ではなく、キンシャサを含めた7州には存在しない。

第4級行政区画[編集]

街区(仏語: Quartier、英語: Quarter)はコミューンに割り当てられている小地区である。近隣住区とも呼ばれる。総数は2,187。

村落連合(仏語: Groupement)は、小区または首長区を構成する集落の集まりである。 総数は6,053。一部の村落連合は法人格を持っているが、法人化された村落連合の数は87で全体の1パーセント程度にとどまる。キンシャサ特別州の村落連合はすべて法人化している。ザイール共和国時代は村落共同体(Collectivité)がこれに近い。

第5級行政区画[編集]

集落(仏語: Village)は、同国の最小となる行政単位である。総数は78,855で、26州の平均値は3,032.9。複数の集落で村落共同体を形成する。

歴史[編集]

ベルギー領時代前期( - 1933年)[編集]

1884年のコンゴ
ベルギー領時代前期の地図
1912年以降の地図(1914年時点)

ベルギー国王レオポルド2世による私有地(コンゴ自由国)時代には4地区があったとされ、植民地となったベルギー領コンゴになって少し後の1910年9月1日にカタンガを編入。4地区に分かれていた。

しかし、1912年時点では地区は22に増えた[8]。以下はその一覧である。

地区名 District 首府
アルウィミ Aruwimi バソコO
バンガラ Bangala リサラ
低コンゴ Bas-Congo ボーマ
低ウェレ Bas-Uele ブタO
赤道 Equateur コキラヴィル
上ルアプラ Haut-Luapula カンボヴェK
上ウェレ Haut-Uele バンビリO
イトゥリ Ituri なしO
カサイ Kasai ルエボ
キヴ Kivu なしO
クワンゴ Kwango バンドゥドゥ
ラック・レオポルドII Lac Leopold II イノンゴ
ロマミ Lomami カビンダK
ロワ Lowa なしK
ルロンガ Lulonga バサンクス
ルルア Lulua カファクンブK
マニエマ Maniema なしO
中部コンゴ Moyen Congo レオポルドヴィル
サンクル Sankuru ルサンボ
スタンリーヴィル Stanleyville スタンリーヴィルO
タンガニーカ=モエロ Tanganika-Moero コンゴロK
ウバンギ Ubangi リベンゲ

ベルギー領時代後期(1933年 - 1960年)[編集]

1933年以降の州地図

1933年10月1日に6つの州(Province)に再編された。後に県、地区が州の下に設置され、行政区画は州(Province)、県(District)、地区(Territoire)の3層となった。1947年時点で6州25県があった[9][10]

州名 Province 州都 人口(1938年国勢調査) 面積(km2 1947年以降の名称
コキラヴィル州 Coquilhatville コキラヴィル 1,557,972 403,290 赤道(Équateur/Evenaar)
コステルマンヴィル州 Costermansville コステルマンヴィル 1,302,432 230,209 キヴ(Kivu)
エリザベートヴィル州 Élisabethville エリザベートヴィル 1,023,060 496,962 カタンガ(Katanga)
レオポルドヴィル州 Léopoldville レオポルドヴィル 1,997,796 362,953 レオポルドヴィル(Léopoldville)
ルサンボ州 Lusambo ルサンボ (- 1957年頃)
ルルアブール (1957年頃 - )
1,953,931 321,534 カサイ(Kasai)
スタンリーヴィル州 Stanleyville スタンリーヴィル 2,382,217 528,925 東部(Orientale/Oost)
  • 1947年以降の名称が区切ってある場合、フランス語/フラマン語と別に表記されている。それ以外は共通である。カサイ州の州都は1957年またはそれ以前にルサンボからルルアブールへ変更された。

コンゴ共和国時代(1960年 - 1966年)[編集]

独立当初の行政区画

1960年、ベルギーから独立したコンゴ共和国(1964年に「コンゴ民主共和国」に改称)はベルギー領時代の行政区画から再編を行った。1960年の独立当初はベルギー領時代と変わらず6州であったが、その後は増加し1963年6月25日時点では首都レオポルトヴィルを含めた22州となっている(下リスト参照)。この一方でコンゴ動乱と呼ばれる内戦が勃発。カタンガ国南カサイ鉱山国などがこの混乱に乗じて独立宣言を行い、国内は混乱に陥った。この動乱はモブツ政権樹立まで終息しなかった。

行政区画はベルギー領時代と変わらず州 - 県 - 地区であり、当初は6州24県132地区[11]の体制を維持する予定であった。しかし内戦の勃発によって断念し、県を州へ昇格する方針に転換した[9][10]

州名 Province 州都
コンゴ中央州 Congo-Central マタディ
中央キュヴット州 Cuvette-Centrale コキラヴィル
上コンゴ州 Haut-Congo スタンリーヴィル
東カタンガ州 Katanga-Oriental エリザベートヴィル
キバリ=イトゥリ州 Kibali-Ituri ブニア
キヴ中央州 Kivu-Central ブカヴ
クワンゴ州 Kwango ケンゲ
クウィル州 Kwilu キクウィト
レオポルドヴィル州 Léopoldville レオポルドヴィル
ロマミ州 Lomami カビンダ
ルアラバ州 Lualaba コルヴェジ
ルルアブール州 Luluabourg ルルアブール
マイ=ンドンベ州 Mai-Ndombe イノンゴ
マニエマ州 Maniema キンドゥ=ポート・エンパイン
中部コンゴ州 Moyen-Congo リサラ
北カタンガ州 Nord-Katanga アルベールヴィル
北キヴ州 Nord-Kivu ルオフ
サンクル州 Sankuru ロジャ
南カサイ州 Sud-Kasai バクワンガ
ウバンギ州 Ubangi ゲメナ
ウエレ州 Uele パリス
統一カサイ州 Unité-Kasaïenne ツィカパ

ザイール共和国時代(1966年 - 1997年)[編集]

1966年から1988年までの行政区画

モブツ・セセ・セコが政権を握って間もなくのころ、1966年7月1日に8州1市へ再編した。またザイール化政策(外名の現地名称への置き換え)を実行しカタンガ州は1972年にシャバ州に、中央コンゴ州は1975年までに下ザイール州に改称し、他にも多くの地名が改称された。1980年またはそれ以前に下ザイール州からキンシャサへ7,949km2が割譲された。1988年、キヴ州が分割され北キヴ州南キヴ州マニエマ州が誕生した[9][10]。政権崩壊時の行政区画は1市と10州であった[12]。また準州が41、地区が216、地域共同体が737あった[13]

行政区画は州(Région)、準州(Sous-région)および市(Ville)、地区(Zone)、地域共同体(Collectivité)、村落連合(Groupement)、集落の順に細分化された[11]。高度に中央集権化が行なわれていたためいずれも自治権がほとんどなかった[12]

# 州名 州都 人口
(1970年[14]
人口
(1984年国勢調査[6]
面積
(km2
1 バンドゥンドゥ州 バンドゥンドゥ 2,300,000 3,769,741 295,658
2 下ザイール州 マタディ 1,200,000 1,994,573 53,920
3 赤道州 ムバンダカ 1,900,000 3,574,385 403,292
4 上ザイール州 キサンガニ 2,600,000 4,314,672 503,239
5 西カサイ州 カナンガ 1,800,000 2,395,246 154,742
6 東カサイ州 ムブジマイ 1,900,000 1,564,615 170,302
7 キンシャサ市 - 1,280,000 2,664,309 9,965
8 キヴ州 ブカヴ 2,400,000 5,391,938 260,863
9 シャバ州 ルブンバシ 2,100,000 3,979,354 496,877

新コンゴ民主共和国(1997年 - 2015年)[編集]

10の州とキンシャサ

ザイール共和国崩壊後、1998年7月2日に新たな地方行政法案が成立した。州の数は変わらなかったが、法人格が与えられた。またキンシャサが市と州を併せ持った特別州であることも確認された。州の下位行政区画の構造は、大別して都市部と農村部の2種類に分けられた[15]

  • 州 (Province、かつてのRégion)
    • 都市部 (Mairie)
        • コミューンまたは法人化された村落連合 (かつての都市型地区 Zone
    • 農村部 (Territoriale)
      • 県 (District、かつての準州 "Sous-région")
        • 地区 (Territoire、かつての農村型地区 "zone rurale")
          • 都市 (Cité)
            • 街区 (Quartier)
          • 首長区または小区 (かつての地域共同体 Collectivité)
            • 村落連合
              • 集落

一方で第二次コンゴ戦争や地方の紛争によって事実上独立した地域も存在した[16]。2013年6月20日にこれに代わる新たな地方行政に関する諸法が成立し[17]、2015年に施行された。かつての県の多くが、州へ昇格した。

州都 人口
(2013年推定)
面積
(km2
人口密度
(/km2)
1. バンドゥンドゥ州 バンドゥンドゥ(Bandundu) 8,567,339 295,658 28
2. コンゴ中央州 マタディ(Matadi) 4,829,923 53,920 89
3. 赤道州 ムバンダカ(Mbandaka) 7,977,080 403,292 19
4. 西カサイ州 カナンガ(Kananga) 5,738,420 154,742 37
5. 東カサイ州 ムブジマイ(Mbuji-Mayi) 7,089,149 170,302 41
6. カタンガ州 ルブンバシ(Lubumbashi) 6,059,063 496,871 12
7. キンシャサ特別州(Kinshasa) - 9,757,236 9,965 979
8. マニエマ州 キンドゥ(Kindu) 2,199,884 132,520 16
9. 北キヴ州 ゴマ(Goma) 6,175,195 59,483 103
10. 東部州 キサンガニ(Kisangani) 8,633,573 503,239 17
11. 南キヴ州 ブカヴ(Bukavu) 4,944,662 65,070 75

脚注[編集]

  1. ^ 五百部裕「コンゴ民主共和国」(竹内啓一総編集『世界地名大事典3 中東・アフリカ』朝倉書店、2012年、pp.407-409)
  2. ^ RDC : le découpage territorial voté à l’Assemblée”. afrikarabia.com (2015年1月10日). 2017年5月9日閲覧。
  3. ^ Annuaire statistique 2015”. 国立統計研究所. 2017年10月21日閲覧。
  4. ^ a b TABLEAU RECAPITULATIF DES ENTITES TERRITORIALES DE LA REPUBLIQUE DEMOCRATIQUE DU CONGO (RDC)”. 2021年10月6日閲覧。
  5. ^ a b ANNUAIRE STATISTIQUE RDC 2020”. 国立統計研究所. p. 29 (2021年3月). 2021年10月4日閲覧。
  6. ^ a b Citypopulation.de/Democratic Republic of the Congo (formerly Zaire):Province” (2020年10月9日). 2021年10月4日閲覧。
  7. ^ URBANISME : Uvira Désormais Une ville Confirmée”. kis24.info (2019年2月2日). 2020年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  8. ^ Cours Complet de Geographie Chapter III : Human Geography Part 3 : Administrative and Judicial Organization.
  9. ^ a b c Les nouvelles provinces de la République Démocratique du Congo : construction territoriale et ethnicités”. 2021年10月7日閲覧。
  10. ^ a b c Pourtier, R. (2008). Reconstruire le territoire pour reconstruire l'État : la RDC à la croisée des chemins. Afrique contemporaine, 227, 23-52.
  11. ^ a b Administrative Zones of the Democratic Republic of Congo (Congo Kinshasa)”. Statoids.com (2015年10月27日). 2021年10月7日閲覧。
  12. ^ a b Meditz, S. W., Merrill, T. & Library Of Congress. Federal Research Division. (1994) Zaire: A Country Study. Washington, D.C.: Federal Research Division, Library of Congress: For sale by the Supt. of Docs., U.S. G.P.O. [Pdf] Retrieved from the Library of Congress, https://www.loc.gov/item/94025092/. (Image. 36)
  13. ^ REGIONS”. gongonline.com. 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  14. ^ 最新世界便覧「ザイール」(トム・ステーシー社「The Book of the World」、青木榮一訳:講談社発行 昭和49年初版発行、P.111
  15. ^ DÉCRET-LOI 081 portant organisation territoriale et administrative de la République démocratique du Congo.” (1998年7月2日). 2021年10月7日閲覧。
  16. ^ Rulers/Congo (Kinshasa) Province
  17. ^ SOMMAIRE JOS du 20 juin 2013” (2013年6月20日). 2021年7月閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]