青木栄一 (1930年生の翻訳家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青木 栄一(あおき えいいち、1930年 - )は、日本の翻訳家。1953年東京教育大学文学部卒業、北海道新聞社入社。ワシントン特派員、論説委員を務めた。東京水産大学教授、共立女子大学教授を歴任。国際政治・経済、近未来ものなど翻訳多数。

翻訳[編集]

  • 自伝的中国現代史 2 (ハン・スーイン 宮川毅高橋正共訳 春秋社 1971年)
  • 世界の遺言 モンローからヒットラーまで (M.コンシダイン、R.プール 金沢文庫 1975年)
  • 世界一の世界 (ノリス&ロス・マクワーター編 北詰洋一共訳 講談社 1975年-1976年)
  • ビジネス犯罪 うますぎた商談 (ウォール・ストリート・ジャーナル大原進共訳 日本経済新聞社 1976年)
  • セブン・シスターズ 不死身の国際石油資本 (アンソニ・サンプソン 大原進共訳 日本経済新聞社 1976年 のち講談社文庫)
  • スーパーウェポン (ジェームズ・W.キャナン ダイヤモンドタイム社 1976年)
  • 私は前世を見た! 驚異と戦慄の霊魂再生の記録 (ジェフリー・アイバーソン 二見書房(サラ・ブックス) 1977年8月)
  • 石油王への道 世界一の富豪 J.ポール・ゲティ回顧録 (講談社 1977年11月)
  • 大虐殺 アミンの恐るべき素顔 (ヘンリー・キエンバ 二見書房 1977年9月)
  • 小説・会社のために (I.バーマシュ プレジデント社 1977年12月)
  • 小説・選挙参謀 (マルコム・マクドウガル プレジデント社 1978年8月)
  • 第三次世界大戦 1985年8月 (ジヨン・ハケットほか 二見書房 1978年10月 のち講談社文庫)
  • ギネスブック 1979-86 (ノリス・マクワーター大出健共訳 講談社 1978年-1986年)
  • ハイネック博士の未知との遭遇リポート (J.アレン・ハイネック 二見書房 1978年2月)
  • 天国から来たチャンピオンレオノーレ・フライシャー ヘラルド映画文庫 1979年1月)
  • ハーバードのみたニッポン 日本はニューリーダーになれるか? (バーナード・クリッシャー グロビュー社 1979年10月)
  • ガラスの重役室 (A.W.ウエスト 日本経済新聞社 1980年3月)
  • ペルシア湾炎上す! 第三次世界大戦・中東篇 (チャールズ・D.テーラー 二見書房 1980年7月) 「空母ニミッツ撃沈せよ」(1989年 文庫)
  • 大崩壊 ノストラダムスの予言 (講談社 1980年11月)
  • その日アメリカが崩壊する 大暴落の始まった暗黒の木曜日 (トム・シャクトマン 二見書房 1980年2月)
  • ザ・ウォーモンガーズ 第三次大戦は始っている (ハワード・S.カッツ ダイヤモンド社 1981年3月)
  • 大戦前夜 第三次世界大戦 (シリル・ジョリー 二見書房 1981年11月)
  • デボノ博士の会社を伸ばす発想法 (エドワード・デボノ 講談社 1981年12月)
  • IBM 情報巨人の素顔 (ロバート・ソーベル ダイヤモンド社 1982年7月)
  • 米国議会の実際知識 法律はいかに制定されるか 米国政治情報ファイル (ウォルター・J.オレセック 日本経済新聞社 1982年7月)
  • デトロイト・マインド アメリカ自動車産業に未来はあるか (ブロック・イエーツ ダイヤモンド社 1984年6月)
  • アメリカン・ドリーム アップル・コンピュータを創った男たち! 企業急成長の秘訣 (マイケル・モーリッツ 二見書房 1985年1月)
  • ザ・ジャパニーズ・ビジネス ニッポン商法に学ぶ「成功への軍略」 (マーク・ジンマーマン 二見書房 1986年3月)
  • IBM way わが市場創造の哲学 (バック・ロジャーズ ダイヤモンド社 1986年4月)
  • 経済学殺人事件 (M.ジェヴォンズ 日本経済新聞社 1986年7 のち文庫)
  • レッド・カメレオン抹殺指令 (チャールズ・ロバートソン 二見文庫 1987年3月)
  • ビッグブルー IBMはいかに市場を制したか (R.T.デラマーター 日本経済新聞社 1987年7月)
  • 赤い原潜を捕捉せよ (ハワード・レナルズ 二見文庫 1987年11月)
  • IBMマネジメント 世界最強企業の戦略 (デビッド・マーサー ダイヤモンド社 1988年6月)
  • ヤマニ 石油外交秘録 (ジェフリー・ロビンソン ダイヤモンド社 1989年1月)
  • サイレント・アーミー (シリル・ジョリー 二見文庫 1989年6月)
  • パレスチナの銃弾 (ハワード・カプラン 二見文庫 1989年8月)
  • ソ連原潜キーロフを撃て (リチャード・ヘンリック 二見文庫 1989年12月)
  • 競争力の現実 世界企業戦争の勝者と敗者 (アイラ・マガジナー,マーク・パティンキン ダイヤモンド社 1991年2月)
  • チップウォー 日米半導体素子戦争 技術巨人の覇権をかけて (フレッド・ウォーショフスキー 経済界 1991年1月 のち日経ビジネス人文庫)
  • アメリカ市民が見た日本企業 期待される企業市民像 (ダニエル・ボブ 大原進共訳 日本経済新聞社 1991年4月)
  • 2020年 (ラルフ・ピーターズ 二見書房 1992年1月) 「2020年・世界大戦」文庫
  • モルガン家 金融帝国の盛衰 (ロン・チャーナウ 日本経済新聞社 1993年7月)
  • 最終戦争 (エリック・L.ハリー 棚橋志行共訳 二見文庫 1995年8月)
  • 未来からの遺書 2200年の祖父から孫娘へ (W.ウォレン・ウエイジャー 二見書房 1995年3月)
  • お気に入りの猫物語 世界の猫文学10選 (クリーヴランド・エイモリー編 ディーエイチシー 1995年12月)
  • ウォーバーグ ユダヤ財閥の興亡 (ロン・チャーナウ 日本経済新聞社 1998年11月)
  • 裸の経済学 経済はこんなに面白い (チャールズ・ウィーラン 日本経済新聞社 2003年4月)
  • スティーブ・ジョブズの王国 アップルはいかにして世界を変えたか (マイケル・モーリッツ プレジデント社 2010年11月)

参考[編集]

  • 訳書掲載の略歴