エチオピアの行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エチオピア
Coat of arms of Ethiopia.svg

エチオピアの政治

[編集]

エチオピアの行政区画(エチオピアのぎょうせいくかく)として、第一級行政区画は州・自治区である。第二級行政区画はである。第三級行政区画は郡である。

州・自治区[編集]

エチオピアの州と自治区

2021年11月時点で、エチオピアは11つのと2つの自治区からなる[1]。現体制は1994年12月に承認され、1995年8月21日に施行された1995年憲法英語版によって成立した。

州は公式に地域州英語: Regional stateアムハラ語: ክልል kilil、複数形: ክልሎች kililochオロモ語: Naannoo、複数形: Naannolee) と呼ばれており、当時の首相メレス・ゼナウィが提唱した民族連邦主義英語版に基づき民族ごとに構成されているのが特徴である。各州は州議会(英語: Regional council、州評議会)が選出した州知事(President、大統領とも)によって統治される。なおアムハラ語の ክልል には「居留地」「保護区」という意味もあるため[2]、かつて南アフリカアパルトヘイト政策の一環として先住民族を強制的に再編成し「自治区・独立国」としたバントゥースタンを想起させるとして、反政権勢力から批判がなされている[3]

自治区は民族要素を排除しその地域を政治的に中立にするために設けられている。これは首都や論争のある地域などに適用されており、前者はアディスアベバで後者はディレ・ダワが当てはまる。ディレ・ダワは1993年より始まったソマリ州オロミア州の領土問題によるもので、最初は連邦直轄領とされていた[4]。2004年に連邦政府から自治権が与えられ自治区となった[4]。規模としては1つの都市に近いことから、特別市といった表現もなされる[5](ただしハラリ州は自治区よりも規模が小さい)。

憲法制定後は2004年にディレ・ダワが連邦直轄領から自治区に変更された程度で、20年近く9州2自治区の構成は変わらなかった。2018年に首相に就任したアビィ・アハメドは民族の調和と国内の統合を主張し行政区画の再編に乗り出した。多数の民族が居住している南部諸民族州は解体が提案されており、2020年6月にシダマ州[6][7]、2021年11月に南西エチオピア諸民族州がそれぞれ住民投票を経て同州から分離・創設された[8]

# 州名
アムハラ語
人口[9]
(2021年)
面積[10]
(km2)
人口密度
(/km2)
主な民族 州都
アムハラ語
1 アディスアベバの旗 アディスアベバ自治区
አዲስ አበባ
3,773,999 526.99 7,161.4 アムハラ人56%、オロモ人19%
グラゲ人16%、ティグリニャ人5%
---
2 アファール州の旗 アファール州
አፋር ክልል
1,989,997 72,052.78 27.6 アファール人90%、アムハラ人5% セメラ
ሰመራ
3 アムハラ州の旗 アムハラ州
አማራ ክልል
22,535,997 154,708.96 145.7 アムハラ人91%、アガウ人3%、オロモ人2% バハルダール
ባህር ዳር
4 ベニシャングル・グムズ州の旗 ベニシャングル・グムズ州
ቤንሻንጉል ጉሙዝ ክልል
1,187,997 50,698.68 23.4 ベルタ人25%、アムハラ人21%、グムズ人21%
オロモ人13%、シナシャ人7%
アソサ
አሶሳ
5 ディレ・ダワの旗 ディレ・ダワ自治区
ድሬ ዳዋ
521,000 1,558.61 334.3 オロモ人48%、アムハラ人27%、ソマリ人13% ---
6 ガンベラ州の旗 ガンベラ州
ጋምቤላ ክልል
492,002 29,782.82 16.5 ヌエル人46%、アニュワ人21%、アムハラ人8%
カフィチョ人5%、オロモ人4%、マジャン人4%
ガンベラ
ጋምቤላ
7 ハラリ州の旗 ハラリ州
ሓረሪ ክልል
270,000 333.94 808.5 オロモ人56%、アムハラ人22%、ハラリ人8%
グラゲ人4%、ソマリ人3%
ハラール
ሓረር
8 オロミア州の旗 オロミア州
ኦሮምያ ክልል
39,075,002 298,164.29 131.1 オロモ人87%、アムハラ人7% アダマ
አዳማ
9 ソマリ州の旗 ソマリ州
ሶማሊ ክልል
6,355,003 327,068.00 19.4 ソマリ人96% ジジガ
ጅጅጋ
10 南部諸民族州の旗 南部諸民族州
ደቡብ ብሔሮች ብሔረሰቦችና ሕዝቦች ክልል
13,267,940 60,130.39 220.7 ワライタ人16%、ハディア人12%、グラゲ人12%、
ガモ人11%、ゲデオ人8%、シルテ人8%
アワッサ
አዋሳ
11 ティグレ州の旗 ティグレ州
ትግራይ ክልል
5,641,005 85,366.53 66.1 ティグレ人96% メックエル
መቐለ
12 シダマ州の旗 シダマ州
ሲዳማ ክልል
4,521,739 6,695.38 675.4 シダマ人英語版90% アワッサ
አዋሳ
13 南西エチオピア諸民族州の旗 南西エチオピア諸民族州
የደቡብ ምዕራብ ኢትዮጵያ ህዝቦች ክልል
3,231,321 39,061.41 82.7 カフィチョ人英語版35%、ダウロ人英語版21%
ベンチ人英語版15%、メカン人英語版6%、アムハラ人6%
ボンガ英語版
ቦንጋ
備考欄
  • 国勢調査で特別な扱いを受けている郡(Special Census Wereda)の人口はどの行政区画にも含んでいない。その特別国勢調査郡の合計は134,999人。
  • アワッサはシダマ州と南部諸民族州を兼ねている[11]
  • 以下はエチオピアが領有権を主張する係争地および国境未定地域である。そのため関連する州の面積が変動する場合がある。
    • アルファシャガ・トライアングル(2020-21年スーダン・エチオピア国境紛争)- エチオピアが領有権を主張。隣接するのはアムハラ州、ティグレ州。
    • イレミ・トライアングル - ケニアおよび南スーダンに跨った地域。隣接するのは南部諸民族州(または南西エチオピア諸民族州)。
    • ソマリア国境(オガデン) - ソマリ州に含まれる地域で、ソマリアが領有権を主張していた。1990年代のソマリア内戦以降は目立った動きはないものの、地図では国境未確定として描かれることがある。
      • かつてはエリトリア国境(バドメBureなど)も領有権問題があったものの、2018年の平和条約で解決された。

ゾーン[編集]

エチオピアのゾーン

それぞれの州はいくつかの地方(ゾーン)に分かれる。 エチオピアの県を参照。

下位行政区分として、以下のような訳語が用いられる。

  • 県(Zone)、郡(Woreda)、村(Kebele)[12]
  • 県(Zone)、郡(Woreda)、基礎自治体(Kebele)
  • 地方(Zone)、県(Woreda)、村(Kebele)

行政区画の変遷[編集]

1995年以前のエチオピアの州[編集]

1993年までのエチオピアの州。
1987年1991年の行政区画

1995年以前、エチオピアは13の州に、エリトリアの独立以前は14州に分かれていた。この分け方は現在では行政区画ではないが、現在でも位置を表すのに用いられることがある。

  1. アルシ州英語版
  2. バレ州英語版
  3. ベゲムデル州英語版
  4. ガム・ゴファ州英語版
  5. ゴジャム州英語版
  6. ハラルゲ州英語版
  7. イルバボル州英語版
  8. カッファ州英語版
  9. ショア州英語版
  10. シダモ州英語版
  11. ティグレ州
  12. ウェレガ州英語版
  13. ウォロ州英語版
  14. エリトリア州1993年独立

1942年以前のエチオピアの州[編集]

さらに1942年以前に使われた歴史的な州の名称についても、位置を示す際に用いられることがある。

1935年の行政区画
  1. アガメ州英語版
  2. アガウメデル州英語版
  3. アムハラ州
  4. ダワロ州英語版
  5. デムビヤ州英語版
  6. エンデルタ州英語版
  7. ファタガル州英語版
  8. ハディヤ州英語版
  9. イファト州英語版
  10. ラスタ州英語版
  11. メンス州英語版
  12. クァラ州英語版
  13. セミエン州英語版
  14. テンビアン州英語版
  15. ツェレムト州英語版
  16. ツェゲデ州英語版
  17. ワグ州英語版
  18. ウェゲラ州英語版

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Prime Minister hailed formation of Ethiopia’s new regional state”. Prensa Latina (2021年11月24日). 2021年11月27日閲覧。
  2. ^ AmharicDictionary.com”. 2021年11月27日閲覧。
  3. ^ "They knew I would rather die than give up the fight" Interview with Taye Woldesmiate (Ethiopia) at the Wayback Machine (archived 2008-07-25)
  4. ^ a b Asnake Kefale (2014). “Ethnic decentralization and the challenges of inclusive governance in multiethnic cities: The case of Dire Dawa, Ethiopia”. Regional & Federal Studies 24 (5): 589–605. doi:10.1080/13597566.2014.971772. 
  5. ^ エチオピアで選挙実施、暫定結果発表後の混乱に警戒を”. 日本貿易振興機構 (2021年6月22日). 2021年11月27日閲覧。
  6. ^ Council ratify Ethiopia’s new ethnic-Sidama statehood”. borkena.com (2020年6月18日). 2020年11月6日閲覧。
  7. ^ Sidama embarks on statehood”. The Reporter Ethiopia (2020年6月20日). 2020年11月6日閲覧。
  8. ^ AddisstandardEngの投稿(4559786817402611) - Facebook
  9. ^ Population Size by Sex, Region, Zone and Wereda: July 2021 (pdf)”. エチオピア統計局. pp. 32-35. 2021年11月27日閲覧。
  10. ^ Ethiopia: administrative units, extended”. GeoHive.com. 2016年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月27日閲覧。
  11. ^ NEWS: SNNPRS COUNCIL APPROVES LEGAL FRAMEWORK WHICH MAKES HAWASSA CITY ACCOUNTABLE TO FUTURE SIDAMA REGIONAL STATE”. addisstandard.com (2019年10月18日). 2020年11月6日閲覧。
  12. ^ 独立行政法人国際協力機構 サイト内


関連項目[編集]