ゴマ (コンゴ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴマ
ゴマの位置(コンゴ民主共和国内)
ゴマ
ゴマ
ゴマの位置
南緯1度41分0秒 東経29度13分53秒 / 南緯1.68333度 東経29.23139度 / -1.68333; 29.23139
北キヴ州
行政
 • 市長 ポリドール・ワンディ・クワムルファ
面積
 • 合計 Template:Infobox settlement/metriconly/mag
 • 陸地 75.72km2
人口
(2004年)
 • 合計 249,862人
等時帯 UTC+2 (DRC2)

ゴマ (Goma) はコンゴ民主共和国東部の都市、北キヴ州の州都。キヴ湖の北岸にあり、東には国境を挟んでルワンダギセニと接する。大地溝帯の西リフトバレーにあり、活火山ニーラゴンゴ山の火口の南約13から18kmに位置する。

ベルギーによる植民地支配時代からルワンダ系移民及び難民が流入し、ルワンダ紛争以降、第一次コンゴ戦争及び第二次コンゴ戦争の発端となり、キヴ紛争の主要な係争地となっている。

ルワンダ紛争[編集]

ルワンダ紛争に伴いフツ系政権はギセニに暫定政府を置いた。1994年7月ルワンダ愛国戦線が全土を制圧すると7月13日から14日の間に毎時1万から1万2千人の難民がゴマにも押し寄せ、大湖地方の難民危機 (Great Lakes refugee crisisの現場の1つとなった。避難所、水、食料が不足する人道危機となってコレラも蔓延した。国際連合難民高等弁務官事務所がこれに対応し、ゴマには自衛隊も派遣された(自衛隊ルワンダ難民救援派遣#難民救援隊の活動[1]

第一次コンゴ戦争[編集]

ルワンダ難民はフツ系が多くそれ以前からのツチ系難民やバニャムレンゲと呼ばれるコンゴ在住のツチ系と対立した。旧政権関係者はルワンダ解放軍 (ALiR) として反ルワンダ政府活動を続けた。1997年モブツ・セセ・セコはバニャムレンゲの蜂起によりウガンダ及びルワンダの支援するコンゴ・ザイール解放民主勢力連合 (ADFL) により追放された。

第二次コンゴ戦争[編集]

ADFLを率いたローラン・カビラが大統領に就任すると、バニャムレンゲの排除を始め、1998年バニャムレンゲはコンゴ民主連合 (RCD) を結成して再度蜂起した。コンゴ民主連合は分裂しルワンダの支援する勢力はゴマ派を形成した。ルワンダ勢は東部一帯を支配下に置いて、金、ダイヤモンドコルタンなどを略奪した。

旧ルワンダ軍勢力はルワンダ解放民主軍 (FDLR) としてこれに対抗した。

キヴ紛争[編集]

2003年に和平合意が成立したが、コンゴ民主連合などの反政府勢力はFDLRの討伐などを名目として活動を続けた[2]

2007年9月ルツルを拠点とするローラン・ンクンダ率いる人民防衛国民会議(CNDP) の8千強の軍勢がゴマ北西の町マシシを襲った[2]国際連合コンゴ民主共和国ミッションのヘリが政府軍兵士をゴマ国際空港を経由してマシシに輸送した[2]

2008年10月27日、ローラン・ンクンダの率いる人民防衛国民会議 (CNDP) の軍勢がゴマに迫り、20万人の住民が避難した[3]

3月23日運動(M23)による占拠[編集]

2012年11月20日から同月30日にかけて、ルワンダウガンダの支援を受けた反体制武装勢力3月23日運動(略称M23)が市内を占拠[4]、略奪が生じた。

ゴマ周辺の火山[編集]

衛星画像から作成されたCG。手前にゴマとギセニの市街、右がニーラゴンゴ山、左奥がニアムラギラ山

2002年1月ニーラゴンゴ山が幅200mから1km、厚さ2mに及ぶ溶岩流を伴って噴火した。溶岩流のうち2つが市街に達し、1つがゴマ国際空港の滑走路をかすめてキヴ湖畔に及んだ[5][6]。研究者たちが観測していたため、ゴマの市民の大半は警報され、ギセニに避難した。溶岩により市街の40%、4,500戸以上が全壊した。ガスによる犠牲者もあった[7]。溶岩は衛星画像でも容易に確認できる。ゴマより北の森や山岳はマウンテンゴリラカバの生息地でヴィルンガ国立公園に指定されている。


ガス災害の危険性[編集]

キヴ湖はアフリカで知られている大量の溶性ガスが深層に閉じ込められている3つの湖の1つで、有名な例はニオス湖にみられる。キヴ湖ではニオス湖の2千倍の二酸化炭素とメタンが溶解していると見られ、2002年1月のニーラゴンゴ山の噴火に伴い溶岩がゴマ市街から湖畔に及び、湖水爆発によるガス災害の危険性があり、200万人に被害が及ぶ恐れがあった[8]

交通等[編集]

市街地北部にゴマ国際空港があり、キブ湖畔には計130メートル (430 ft)の4つの埠頭がある。国道2号 (Route nationale 2は北キヴ州北東部ベニからゴマ、ブカヴを通りムブジマイに至る。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ルワンダ国際平和協力業務”. 内閣府国際平和協力事業本部. 2008年12月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月28日閲覧。
  2. ^ a b c "Fear of fresh conflict in Congo as renegade general turns guns on government forces." Chris McGreal, The Guardian, Monday September 3, 2007. Retrieved 3 September 2007.
  3. ^ “U.N. says recent Congo fighting uproots 200,000”. CNN. (2008年10月27日). http://edition.cnn.com/2008/WORLD/africa/10/24/Congo.displaced.ap/index.html?iref=newssearch 2008年10月28日閲覧。 
  4. ^ “コンゴ民主共和国:反政府勢力「隣国国防相が指揮」国連報告書指摘”. 毎日新聞 (毎日新聞). (2012年11月23日). http://mainichi.jp/select/news/20121123ddm007030161000c.html 2012年11月23日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ Nyiragongo, Global Volcanism Program, スミソニアン研究所
  6. ^ ニーラゴンゴ山の火山噴火」国際災害チャータ
  7. ^ "Cooperative Observations at Nyiragongo Volcano in D.R. of Congo". Earthquake Research Institute, University of Tokyo. Retrieved 3 September 2007.
  8. ^ "Killer Lakes". BBC Two, Thursday 4 April 2002. Summarised at www.bbc.co.uk.

外部リンク[編集]

座標: 南緯1度41分 東経29度14分 / 南緯1.683度 東経29.233度 / -1.683; 29.233