ブラオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラオ
Burco
بورعو
ブラオ郊外(ベルベラ方面)
ブラオの位置(ソマリア内)
ブラオ
ブラオ
ソマリア内での位置
座標: 北緯9度31分0秒 東経45度32分0秒 / 北緯9.51667度 東経45.53333度 / 9.51667; 45.53333
ソマリアの旗 ソマリア
行政区画 トゲーア州英語版
等時帯 東アフリカ時間 (UTC+3)

ブラオ英語: Burao, ソマリ語: Burco, アラビア語: بورعو‎)はソマリランドトゲーア州英語版の行政中心都市。ソマリランドでは首都ハルゲイサに次いで人口が多い。

歴史[編集]

ブラオは1991年5月18日のソマリランド独立と共に、ソマリランドの一部となった。ソマリランドの独立宣言は、現在の首都ハルゲイサではなく、ブラオで行われた[1]。(なお、国際的にはソマリランドの独立は承認されておらず、あくまでもソマリアの一部である[2]。)ソマリランドの他の都市と同様、国外からの援助で復興を遂げた。経済的にも発展しており、周囲の地域から人々も集まってきている。

住居環境[編集]

ブラオの人口は、年々増え続けており、2006年の議会選挙の時の人口は15万4千人ほどである[3]。ただし国勢調査は20年以上行われていない。住民の大半はソマリ族イサック氏族のハバージェクロ支族、ハバーヨーニス支族である[4]

ブラオには24時間使える電気があり、地下水を水源とした水道もある。商業も行われており、観光客も来る。

地理[編集]

ブラオの気候はソマリア北部の他地域と同様、年を通じて暑く乾燥している。6月から8月にかけての平均気温は日中35℃、夜間25℃である。冬季は日中27℃、夜間14℃である。12月と5月には時々雨が降る。

町の真ん中に東西方向にトゲーア川英語版が通っているが、ワジであり、水は時々しか流れない。町の中央部にはこの川を跨ぐ新しい橋がかけられている。

野生動物[編集]

野生動物は食料や繁殖地を探してブラオ周辺にも現れる。よく見かける動物はクーズーイボイノシシグレビーシマウマアフリカノロバ、野鳥などである。ブラオの南方はサバナであり、ライオンやヒョウなども見られる。また、カラカルの世界最大の生息地があることでも知られる。

交通[編集]

ブラオにはバスが通っており、ブラオ空港も整備されている。ダーロ航空によりハルゲイサ、エチオピアのアディスアベバ、イエメンのサナアなどと繋がっている。道路を通じて港町ベルベラとも繋がっている。

教育[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 崩壊国家と国際社会:ソマリアと「ソマリランド」(PDF)
  2. ^ Somaliland History”. World66. Internet Brands. 2007年7月17日閲覧。 “In 1991, after the collapse of the government in Somalia, the territory asserted its independence as the Republic of Somaliland, at a meeting of clan elders in the town of Burao.”
  3. ^ Somalia: largest cities and towns and statistics of their population データはGoogle Earthに登録されているもの
  4. ^ Report on Mission to Haud Area, Region 5, UNDP Emergencies Unit for Ethiopia report, dated 15 November 1994 (accessed 20 December 2008)