チャッキラコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:1月15日の祭礼の様子の画像提供をお願いします。2013年1月

チャッキラコは、神奈川県三浦市三崎の仲崎・花暮地域に伝わる小正月伝統行事。浜の乙女たちが繊細かつ優美な踊りを神前に奉納し、正月の到来を祝う祭礼である。参加資格は女性のみが持つ。1975年昭和50年)の文化財保護法改正によって制定された重要無形民俗文化財の第1回指定を受け、2009年平成21年)9月の第1回登録で、ユネスコ無形文化遺産に登録された。

概要[編集]

踊り手は、おおよそ幼稚園の年中児~小学6年生の女の子である。晴着姿で1本(「二本踊り」では2本)の扇を手に踊る。また、20cm くらいの竹の両端に五色の紙を細く短冊に切り、小さな鈴をつけた「チャッキラコ」と呼ばれる綾竹を持って踊る曲目が1曲あり、名前の由来となっている。楽器による演奏はなく、音頭取りと呼ばれる女性たちの唄にあわせて踊る。曲目は「初いせ」「ちゃっきらこ」「二本踊り」「よささ節」「鎌倉節」「お伊勢参り」の6曲からなり、全てを総称して「チャッキラコ」と呼ばれる。

毎年、1月15日に行われ、午前10時頃に海南神社の神主からおはらいを受けた後、家内安全・商売繁盛・大漁祈願などの願いを込め踊りを奉納、その後衣装を水干烏帽子に緋のに替えて仲崎と花暮の竜神様の前で踊りを奉納する。午後からは、夕方まで商店などの家々を踊ってまわる。

子供たちが唄にあわせて綾竹や扇を手に踊る姿に、毎年多くの見物客を集めている。

起源[編集]

起源には定説はないが、江戸時代中ごろには既に大漁祈願の祝いの踊りとして行われ、現在まで続けられている。海南神社の祭神藤原資盈の奥方盈渡姫が村の娘に教えたという伝説も伝わっている。三崎に来遊していた源頼朝が、海辺で磯取りをしていた親子連れの女に踊りを所望したところ「私は年老いたので代わりに娘に踊らせましょう」と、小竹を持って娘が踊り、母が歌ったともされている。

アクセス[編集]

  • 京急久里浜線三崎口駅から京急バス2番乗場「三崎港」「通り矢」「城ヶ島」「浜諸磯」行きバスで「三崎港」下車 徒歩3分

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度8分33.4秒 東経139度37分7.7秒 / 北緯35.142611度 東経139.618806度 / 35.142611; 139.618806