ダンコウバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダンコウバイ
Lindera obtusiloba flower.jpg
ダンコウバイの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: クスノキ目 Laurales
: クスノキ科 Lauraceae
: クロモジ属 Lindera
: ダンコウバイ L. obtusiloba
学名
Lindera obtusiloba Blume
和名
ダンコウバイ
英名
Japanese Spicebush

ダンコウバイ(檀香梅、学名:Lindera obtusiloba Blume)は、クスノキ科クロモジ属落葉小木の一種。

分布[編集]

中国朝鮮日本に分布する。

日本では本州新潟県、関東以西)、四国九州に分布する[1]山地の落葉樹林内や林縁に自生し、庭木に利用されている[1]

特徴[編集]

成木は樹高2.5-6 m直径約18 cm互生し、柄があって葉身は幅広い楕円形で先端が浅く三裂する。葉の長さは5-15 cm、幅は4-13 cm[1]、基部が幅広く丸い。葉質はやや厚く、表面はつやのない緑、若葉の裏面には毛が生えている。葉によって裂け方にかなり個体差があり、裂けない葉もある[1]。外見的には葉の形などシロモジにやや似る。ウコンバナの別名があるが、これはシロモジのこととされる場合もあり、混乱がある。

春、芽吹く前に黄色い小さな花を枝に無数に付ける。雌雄異株で、3-4月の花が展開する前に小さな黄色い花を散形花序につける[1]。雄花と雌花の花被片は6個で楕円形[1]

種子に強い香りが有り檀香梅と書く。葉も揉むとわずかに芳香がある。檀香はビャクダンの漢名で、材に香りがあるためとも言う。

秋、種子は淡褐色-褐色で、葉は黄葉し落葉する。朝鮮では種子の油を頭髪用に用いる。

種の保全状況評価[編集]

日本の以下の都道府県レッドリストの指定を受けている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 樹皮・葉でわかる樹木図鑑 (2011)、101頁
  2. ^ 日本のレッドデータ検索システム「ダンコウバイ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2012年11月29日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  3. ^ 福岡県の希少野生生物 RED DATA BOOK FUKUOKA 2011”. 福岡県 (2011年). 2012年11月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『樹皮・葉でわかる樹木図鑑』 菱山忠三郎(監修)、成美堂出版、2011年6月ISBN 978-4415310183

外部リンク[編集]