ダンコウバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダンコウバイ
Lindera obtusiloba flower.jpg
ダンコウバイの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: クスノキ目 Laurales
: クスノキ科 Lauraceae
: クロモジ属 Lindera
: ダンコウバイ L. obtusiloba
学名
Lindera obtusiloba Blume
(1851)[1]
シノニム
  • Lindera obtusiloba Blume f. villosa (Blume) T.B.Lee[2]
  • Lindera obtusiloba Blume f. quinqueloba (Uyeki) T.B.Lee[3]
和名
ダンコウバイ
英名
Japanese Spicebush
品種
  • f. ovata (Nakai) T.B.Lee マルバダンコウバイ[4]

ダンコウバイ(檀香梅[5]学名: Lindera obtusiloba)は、クスノキ科クロモジ属落葉小木の一種。別名でウコンバナ[5][6]、シロヂシャ[5]ともよばれる。和名の由来は、実や葉、また材が檀香(ビャクダン:白壇)のように香り、花がウメ(梅)に似ていることによる[6]

分布・生育地[編集]

中国朝鮮半島日本に分布する[7]。日本では本州新潟県関東地方以西)、四国九州に分布する[7][8]山地雑木林内や林縁に自生し[9][6]、庭にも植えられる[5]

特徴[編集]

落葉広葉樹低木から小高木[7][6]。成木は樹高2 - 7メートル (m) [5][10]直径約18センチメートル (cm) 。樹皮は暗灰色から茶褐色で滑らかであるが、皮目が多く少しざらつく感じになる[7][10]。小枝は日当たりのよい面は赤味を帯び、日陰側は緑色であることが多い[10]。枝を折ると芳香がある[5][10]

花期は3 - 4月[7]雌雄異株で、雄株のほうが花数が多い[5]。葉が芽吹く前に、芳香がある黄色い小さな花を散形花序に多数つける[7][5][8]。雄花と雌花の花被片は6個で楕円形[5][8]。雄花の雄蕊花糸に1対の密腺がある[11]。花序の柄は長さ1ミリメートル (mm) ほどついている[11]

互生し、柄がある。葉身は幅広い倒卵形で、長さは5 - 15 cm、幅は4 - 13 cm[8]、基部が幅広く丸くなり先端が浅く3裂するのが基本であるが、なかには裂けないものもある[7][6]。葉質はやや厚く、表面はつやのない緑、若葉の裏面には毛が生えている。葉によって裂け方にかなり個体差があり、裂けない葉もある[8]。外見的には葉の形などシロモジにやや似る。葉も揉むとわずかに芳香がある。秋になると葉は黄葉して鮮やかな黄色に染まり、やがて落葉する[6]

果期は9 - 10月[7]。果実はクスノキの実を少し大きくしたような光沢のある球形で、直径は7 - 8 mmほどあり[6][5]、はじめは赤色であるが秋の黄葉の時期に熟して黒紫色に変わる[7][10]種子は淡褐色から褐色で強い香りがある。

冬芽は互生し、葉芽は長楕円形で、花芽はほぼ球形[10]。芽鱗は赤茶色で花芽は2 - 3枚、葉芽は4 - 5枚ある[10]。落葉のころには来春の花芽が葉腋にでき、つぼみのまま越冬する[5]。葉痕は半円形で、維管束痕が3個つく[10]

利用[編集]

庭木に利用されている[8]。材は芳香があり、楊枝や細工物に使う[7]。種子からは油がとれる[7]。朝鮮では種子の油を頭髪用に用いる。

種の保全状況評価[編集]

日本の以下の都道府県レッドリストの指定を受けている[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lindera obtusiloba Blume” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年3月27日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lindera obtusiloba Blume f. villosa (Blume) T.B.Lee” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年3月27日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lindera obtusiloba Blume f. quinqueloba (Uyeki) T.B.Lee” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年3月27日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lindera obtusiloba Blume f. ovata (Nakai) T.B.Lee” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年3月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 西田尚道監修 志村隆・平野勝男編 2009, p. 51.
  6. ^ a b c d e f g 亀田龍吉 2014, p. 106.
  7. ^ a b c d e f g h i j k 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 23.
  8. ^ a b c d e f 樹皮・葉でわかる樹木図鑑 (2011)、101頁
  9. ^ 長谷川哲雄 2014, p. 10.
  10. ^ a b c d e f g h 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 233.
  11. ^ a b 長谷川哲雄 2014, p. 11.
  12. ^ 日本のレッドデータ検索システム「ダンコウバイ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2012年11月29日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  13. ^ 福岡県の希少野生生物 RED DATA BOOK FUKUOKA 2011”. 福岡県 (2011年). 2012年11月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 亀田龍吉『落ち葉の呼び名辞典』世界文化社、2014年10月5日、106頁。ISBN 978-4-418-14424-2
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、233頁。ISBN 978-4-416-61438-9
  • 西田尚道監修 志村隆・平野勝男編『日本の樹木』学習研究社〈増補改訂フィールドベスト図鑑 5〉、2009年8月4日、51頁。ISBN 978-4-05-403844-8
  • 長谷川哲雄『森のさんぽ図鑑』築地書館、2014年3月10日、11頁。ISBN 978-4-8067-1473-6
  • 『樹皮・葉でわかる樹木図鑑』菱山忠三郎(監修)、成美堂出版、2011年6月。ISBN 978-4415310183
  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、13頁。ISBN 4-522-21557-6

外部リンク[編集]