カクレミノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カクレミノ
Dendropanax trifidus1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: セリ目 Apiales
: ウコギ科 Araliaceae
: カクレミノ属 Dendropanax
: カクレミノ D. trifidus
学名
Dendropanax trifidus (Thunb.) Makino ex H.Hara
和名
カクレミノ

カクレミノ(隠蓑、学名:(Thunb.) Makino ex H.Hara)は、ウコギ科カクレミノ属分類される常緑亜高木の1。学名Dendropanax trifidus(シノニムTextoria trifida)。別名、カラミツデ、テングノウチワ、ミツデ、ミツナガシワ(御綱柏)、ミソブタ、ミゾブタカラミツデ、ミツノカシワ(三角柏)、ミヅノカシワ、ミツノガシワ等。

分布と生育環境[編集]

本州東北南部以南、四国九州沖縄に分布する。

暖地の沿岸地に生育する[1]

特長[編集]

は濃緑で光沢がある卵形の単葉で、枝先に互生する。変異が多く稚樹の間は3-5裂に深裂するが、生長とともに全縁と2-3裂の浅裂の葉が1株の中に混在するようになる。期は6-8月で、両性花と雄花が混じって咲く。果実は長さ1cmくらいで先端に花柱が残り、晩秋に黒紫色に熟す。鉢植や庭木、神社等によく植えられている。樹液中にの成分と同じウルシオールを含むため、体質によってかぶれることがある。

その他[編集]

全縁と3裂の混在する株(三重・伊勢神宮)

葉の先が三つあるいは五つに裂けたものは、神に供物をするときや「豊明節会(とよあかりのせちえ)」のときに、酒や飯を盛り入れる器として使われた[2]仁徳天皇紀でも「御綱葉」として言及され、仁徳天皇30年9月にその皇后の磐之媛命が、紀国熊野で豊明のために御綱葉を取り帰るも、仁徳天皇が留守を見計らい恋していた八田皇女を宮中に入れたことを知った皇后は、激怒して難波の港で、採取していた御綱葉をすべて海に捨ててしまった。[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 林弥栄『日本の樹木』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2011年11月30日、増補改訂新版。ISBN 978-4635090438

外部リンク[編集]