ダヌィーロ・ロマーノヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴィウ市内にあるダヌィーロ王の銅像。

ダヌィーロ・ロマーノヴィチ古ルーシ語Данило Романовичъウクライナ語Данило Романович、意味:ロマンの子ダヌィーロ、1201年 - 1264年)は、リューリク朝の公の1人で、ヴォルィーニ公(在位:1205年 - 1208年1215年 - 1238年)、ハールィチ公(在位:1238年 - 1261年)、キエフ大公(在位:1239年 - 1240年)、ハールィチ・ヴォルィーニ大公(在位:1238年 - 1250年)であり、初の全ルーシの王(在位:1253年 - 1264年)でもあった。ルーシ年代記においては、「ソロモンに次ぐ人」として謳われている。ハールィチという町からハールィチ・ヴォルィーニ大公国を治めていた事にちなんで「ハールィチのダヌィーロ」(ウクライナ語:Данило Галицький、ダヌィーロ・ハールィツィクィイ)とも呼ばれている。

生涯[編集]

初代ハールィチ・ヴォルィーニ大公ロマン・ムスティスラーヴィチ東ローマ帝国の貴族の娘アンナの間に嫡男として生まれた。

1205年、父の戦死に伴って5歳で家督を継いだが、1206年ハールィチ公国の貴族達の陰謀によってハールィチ公国を失い、ヴォルィーニ公国のみを支配するようになった。1211年から1212年の間にダヌィーロは再びハールィチ公国に足を据えたが、貴族の反発のせいでまたもやハールィチから追い出された。1229年までにダヌィーロは、父の死後に諸公国に分裂したヴォルィーニ公国を統一し、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国の再建するための足がかりをつくった。1223年、彼は南方のルーシの公達及びクマン人と共にモンゴル帝国と敵対し、カルカ河畔の戦いに参加して敗れたが、1237年にヴォルィーニ公国の北部を占領したドイツ騎士団を撤退させた。

1238年、ダヌィーロはハンガリー王国とハールィチ公国の貴族の野党を負かせ、ハールィチを奪い返した。その際、父が築いたハールィチ・ヴォルィーニ大公国を再建してハールィチ公国に座を据えながら、弟のヴァスィーリコにヴォルィーニ公国の支配を任せた。1230年代末までに、彼はルーシを統一する計画を立て、東方にあったトゥロヴ・ピンスク公国キエフ大公国を領内に加え、キエフ大公となった。

1240年にモンゴル人はキエフ大公国を滅亡させ(モンゴルのルーシ侵攻)、ダヌィーロの領地を荒らした。それに乗じた国内外の反ダヌィーロ勢力が立ち上がり、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国を分裂させようとした。しかし1245年ヤロスラヴの戦いウクライナ語版ロシア語版ポーランド語版においてダヌィーロの軍勢はハンガリー・ポーランド・ハールィチ公国の連合軍に大勝利し、国内で自らの政権を安定させ、ヨーロッパ諸国に力を見せ付けた。一方で都市リヴィウヘウムの建設も進めた。

1246年、モンゴル帝国のジョチ・ウルスはダヌィーロの大公国を従属させたが、ダヌィーロは独立を取り戻すためにヨーロッパ諸国に軍事支援を求めた。彼はハンガリー・ポーランド・オーストリアボヘミア・ドイツ騎士団と同盟を結び、1253年にさらにローマ教皇インノケンティウス4世から王の冠を受け、1256年バトゥが死去すると、独立を宣言し、バトゥの部下であるクレムサウクライナ語版ロシア語版が率いるモンゴル政権(この時ハーンが不在だった)と戦う道を選んだ。しかし、教皇は反モンゴル十字軍を呼びかけたにも拘らず、応じる国王や大公などいなかったので、ダヌィーロは自らの力で戦わざるを得なかった。ダヌィーロは最初はいくつかの勝利をおさめたが(1257年ベルケが即位)、1259年ノガイブルンダイロシア語版英語版率いるモンゴル軍に降伏した。1260年に再びジョチ・ウルスの支配から離脱し、小規模の合戦を繰り返しながら、1264年に病死した。

子女[編集]

1218年ノヴゴロドムスチスラフ・ムスチスラヴィチの娘アンナと結婚、8人の子を儲けた。

リンク[編集]

先代:
ロスティスラヴ3世
キエフ大公
59代
1204年 - 1205年
次代:
先代:
ロマン
ハールィチ・ヴォルィーニ大公
Alex K Halych-Volynia.svg
1238年 - 1264年
次代:
ヴァスィーリコ
先代:
ルーシの王
Alex K Halych-Volynia.svg
1253年 - 1264年
次代:
ユーリイ1世