ジール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジール[1]古ルーシ語Диръ、? - 882年)は、キエフルーシの半伝説的な(在位、862年? - 882年)。アスコルドと共にキエフを支配していた。『原初年代記』によれば、リューリクの部下。現代の歴史学では、キエフの現地の公朝の代表の一人であったとされている。

概要[編集]

現代に残される『原初年代記』の写本によると、862年ノヴゴロドを支配していたヴァリャーグのリューリクは、自分の部下、アスコルドとジールを南方に遣わした。その二人はドニエプル川を下り途中、キエフを発見してそこを治めるようになったと記されている。866年、アスコルドとジールの軍勢はコンスタンティノポリスを襲って惨敗を喫した。当時のギリシャ側の記録には、ルーシ族の兵士は命と引き換えに洗礼を受けたという。

10世紀アラブ人の歴史学者アリ・マスディは、9世紀半ばの東スラブ人には「アリ・ジール」という有名な王様が存在していたと記している。現代の多くの研究者はその「アリ・ジール」は『原初年代記』で登場するジールと同人物であると考えている。

伝説によると、882年、リューリクの上意に従ったオレグというヴァリャーグの長は、兵を率いてキエフへ出発し、アスコルドとジールを欺いて殺害し、キエフに都を構えた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヂールディールとも。
先代:
キエフ大公
862年 - 882年
次代:
オレグ