グレプ (キエフ大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレプ・ユーリエヴィチ
Глеб Ю́рьевич
キエフ大公
Marriage of Gleb of Kiev with Iziaslavna of Chernigov.jpg
グレプとイジャスラフの娘との結婚
在位 1169年 - 1171年

死去 1171年1月20日
配偶者 キエフ大公イジャスラフ3世の娘
子女 ウラジーミル
イジャスラフ
オリガ
王家 リューリク家
王朝 リューリク朝
父親 ユーリー・ドルゴルーキー
母親 アエパの娘
テンプレートを表示

グレプ・ユーリエヴィチГлеб Ю́рьевич, ? - 1171年1月20日)は、キエフ大公(在位:1169年 - 1171年)。父はユーリー・ドルゴルーキー。妻はキエフ大公イジャスラフ3世の娘。

生涯[編集]

ユーリー・ドルゴルーキーの第7子として生まれ、1147年の年代記記事に初めて登場する。

1149年に父ユーリーが大公位に就くと、彼はカネフを与えられる。

1151年にはペレヤスラヴリを獲得する。

1154年にはキエフを包囲するがこれに失敗する。

1160年にはペレヤスラヴリに援助を求めてきた岳父イジャスラフ3世を追い払う。

1168年には他の公と共にポーロヴェツ(クマン人)に遠征し、彼らを打ち破る。

アンドレイ・ボゴリュブスキーと共に、1169年にキエフを攻め、その陥落後に、兄により、キエフ大公位につけられる。

1170年には、ムスチスラフ(2世)によるキエフへの行軍を知り、キエフを捨ててペレヤスラヴリに退却、ムスチスラフの撤退後には再度キエフの大公位につき、そのまま1171年に死去。

彼の死後、キエフをドロゴブシウラジーミルが短期間占領する。

妻子[編集]

1人目の妻とは1154年に死別した。2人目の妻はチェルニゴフ公イジャスラフの娘(1155年もしくは1156年結婚)。子には以下の人物がいる。


先代:
ムスチスラフ2世
キエフ大公
39代
1169年 - 1171年
次代:
ウラジーミル