ヤロスラフ2世 (キエフ大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤロスラフ2世
Ярослав II Изяславич
キエフ大公
Ярослав Изяславович.png
在位 1174年 - 1175年1180年

死去 1180年
配偶者 リクサ・プシェミスロヴナ
子女 イングヴァリ1世
フセヴォロド
イジャスラフ
ムスチスラフ
家名 リューリク家
王朝 リューリク朝
父親 イジャスラフ2世
母親 アグネス・フォン・ホーエンシュタウフェン
テンプレートを表示

ヤロスラフ2世イジャスラヴィチロシア語表記:Ярослав II Изяславич / Yaroslav II Iziaslavich, ? - 1180年)は、トゥーロフ公(在位:1146年)、ノヴゴロド公(在位:1148年 - 1153年)、ルトスク公(在位:1157年 - 1180年)、キエフ大公(在位:1174年 - 1175年、1180年)。

イジャスラフ2世の次男、ムスチスラフ2世の弟。アンドレイ・ボゴリュブスキーが暗殺されると、ヤロスラフの家族は彼をキエフの君主の座に据えようと画策した。彼は一族の長老スヴャトスラフ3世と競合し、スヴャトスラフが最終的に勝利を収めるまでの2年以上の間、戦いを続けた。

妻子[編集]

妻はボヘミア公ヴラディスラフ2世ロシア語版と、ゲルトルート(ru)(オーストリア辺境伯レオポルト3世の娘)との間に生まれた娘リクサ。子には以下の人物がいる。

先代:
スヴャトポルク
ノヴゴロド公
1148年 - 1153年
次代:
ロスチスラフ1世