カニウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カニウ
Канів
座標 : 北緯49度44分41秒 東経31度27分21秒 / 北緯49.74472度 東経31.45583度 / 49.74472; 31.45583
歴史
最初の言及 1078年
1796
旧名 ロデニ(Родень)
行政
 ウクライナ
  チェルカースィ州の旗 チェルカースィ州
 市 カニウ
地理
面積  
  市域 17.42 km2
人口
人口 (2012年現在)
  市域 25716[1]
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番号 19000 - 19009
市外局番 +3804736
位置図
カニウの位置(ウクライナ内)
カニウ
カニウ (ウクライナ)
公式ウェブサイト : Офіційний сайт Канівської міської ради

カニウウクライナ語: Канів)はウクライナチェルカースィ州の市(місто)である。行政上はカニウ地区(ru)の行政中心地であるが、同地区内には含まれていない(地区内の行政単位には含まれず、州の下位区分に位置づけられている)。

地理[編集]

カニウはドニエプル川に面し、市内にはカニウ貯水池(ru)に設置されたカニウ水力発電所(ru)がある。

歴史[編集]

街は11世紀にキエフ大公ヤロスラフ1世によって建設された。1662年のオリシャニツャの戦い(カニウの戦い(ru))では、ロシア・ツァーリ国ヴォエヴォダ・グリゴリー・ロマノフスキー(ru)と、ザポロージャ・コサック(ru)ヘーチマン・ヤキム・ソムコ(ru)の軍が、右岸ウクライナのユーリー・フメリニツキー(ru)ボフダン・フメリニツキーの子)の連隊を破った。17世紀にこの地のコサックはカニウを放棄し、下ザポロージャへ移った。

1999年12月の市議会で、現行(2014年現在)の市章が採択・承認された。

観光[編集]

ウクライナの国民的詩人と評されるタラス・シェウチェンコ(1814年 - 1861年)はサンクトペテルブルクで没し、カニウに埋葬された。市内にはシェフチェンコに関するタラス・シェウチェンコ博物館(ru)や、タラスの丘(en)タラス・シェウチェンコ像などの、彼に関する建築物がある[注 1]

ゆかりの著名人[編集]

姉妹都市[編集]

以下の都市がカニウと姉妹都市の関係にある[注 2]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ シェウチェンコ関連以外の博物館・像の一覧はuk:Канів#Культураを参照されたし。
  2. ^ ラテン文字表記は都市の所属する各国語の表記に拠る。

出典

  1. ^ http://www.ck.ukrstat.gov.ua/source/arch/2012/epr_chn_1209.pdf
  2. ^ Võru sõpruslinnad