フセヴォロド3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フセヴォロド3世

フセヴォロド3世Все́волод III Ю́рьевич Большо́е Гнездо́, 1154年 - 1212年4月15日)は、ウラジーミル大公。短期的にはキエフ大公位にも就いた。父はユーリー・ドルゴルーキー、兄はアンドレイ1世(アンドレイ・ボゴリュプスキー)。祖父はウラジーミル2世モノマフ。初めて公式にウラジ―ミル大公を名乗った。子が多く、大巣公と呼ばれた。息子にはコンスタンチンユーリー2世ヤロスラフ2世ら、孫にアレクサンドル・ネフスキーがいる。妻はオセット人といわれるマリヤ、のちヴィテプスク公ヴァシリコ2世娘リュバヴァ(子はない)。

洗礼名はドミートリー。モスクワ北方の町ドミトロフは彼の生誕に伴い建設された。

1169年、兄アンドレイ1世の命により、甥のムスチスラフ(ru)と共にキエフを陥落させた。1173年に、キエフにおいて、従兄弟のダヴィド、ムスチスラフにより捕らわれた。

1176年にウラジーミルの市民により、公として招かれた。

1182年頃から、ヴォルガ・ブルガールに視線を向け始め、1186年にはブルガールにゴロジェッツから遠征軍を送った。

先代:
-
ウラジーミル大公
初代
1176年 - 1212年
次代:
ユーリー2世