ウラジーミル4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ウラジーミル4世(ウラジーミル・リュリコヴィチ)(ロシア語: Владимир Рюриковичウクライナ語: Володимир Рюрикович1187年 - 1239年3月31日)は、キエフ大公リューリクの子である。ペレヤスラヴリ公:1206年 - 1213年[注 1]スモレンスク公:1214年 - 1219年、オーヴルチ公:1219年 - 1223年、1235年 - 1239年、キエフ大公:1223年 - 1235年、1235年 - 1236年。

生涯[編集]

1206年から1210年の間、父・リューリクのもとで、フセヴォロドに対する闘争に参加した。1207年にはリトアニアへの遠征を指揮、また1216年のリピツァの戦い(en)に参加した。『ノヴゴロド第一年代記』は、ウラジーミルのキエフ大公への着任を1219年と伝えるが、その年は、兄・ロスチスラフの死によってオーヴルチ公になっていると推定されている。

1223年モンゴル帝国の侵攻軍が現れると、カルカ河畔の戦いに参加した。この戦いでキエフ大公ムスチスラフが戦死したため、後を継いでキエフ大公となった。

1225年から1227年の間、従兄弟のガーリチ公ムスチスラフを助け、ポーランド王国の領主やガーリチ地方のダニールと争った。その後ダニールと和解し同盟を組織、1234年から1236年の間にノヴゴロド・セヴェルスキー公イジャスラフチェルニゴフ公ミハイルの同盟軍と対立した。また、『イパーチー年代記』に従うと、第一次モンゴルのルーシ侵攻開始の前日に、キエフ大公ヤロスラフの後を継ぎ、ダニールの代理として再度キエフ大公となった。

キエフ大公の後のウラジーミルの去就は、妥当とされるスモレンスク公への即位順[注 2]や、ルーシ国内の損害[注 3]などによって判断すると、前任地のスモレンスクには戻らず、ルーシ南部のオーヴルチに留まったとみられる。

1239年、モンゴル帝国軍によるペレヤスラヴリ攻略の際に死亡した。

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ペレヤスラヴリ公への在位に関する記事は『ラヴレンチー年代記』による。
  2. ^ この時期にスモレンスク公に着任したのは、スヴャトスラフ(1232年 - 1238年ごろ)・フセヴォロド(1238年ごろ - 1249年)の順であるとされる。どちらもムスチスラフの子であり、ウラジーミルからみて又甥の関係になる。
  3. ^ 第一次モンゴルのルーシ侵攻は、リャザン公国ウラジーミル大公国など、ルーシ北部を対象にして行われた。

出典[編集]