イジャスラフ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イジャスラフ1世(Изѧславъ, 1024年 - 1078年10月3日)は、キエフ大公(在位:1054年 - 1068年1069年 - 1073年1076年 - 1078年)。父はヤロスラフ1世、母はスウェーデン王オーロフの娘インゲゲルド。

1024年にキエフに生まれる。1054年に父を継いで大公になり、弟スヴャトスラフ(後のスヴャトスラフ2世)、フセヴォロド(後のフセヴォロド1世)とともに大公国を治める。1068年にはポロツク公フセスラフにより一時的にキエフ(及び大公位)を奪われる。1073年以降、2人の弟と不和に陥り、大公位はスヴャトスラフに移るが、彼の死後、イジャスラフはフセヴォロドと和解し、3度目の大公位につく。1078年に、フセヴォロドと合同で、スヴャトスラフの子オレークと戦うが、そこで戦死する。

ポーランドカジミェシュ1世の娘ゲルトルダ(ru)との間に3人の息子を得た。ポロツク公ムスチスラフトゥーロフ公ヤロポルク、そして後にキエフ大公になるスヴャトポルク(スヴャトポルク2世)である。娘のエウプラクシアは、ポーランド王ボレスワフ2世の息子メチスワフ(ru)に嫁いだ。

先代:
ヤロスラフ1世
キエフ大公
10代
1054年 - 1068年
次代:
フセスラフ
先代:
フセスラフ
キエフ大公
12代
1069年 - 1073年
次代:
スヴャトスラフ2世
先代:
フセヴォロド1世
キエフ大公
15代
1076年 - 1078年
次代:
フセヴォロド1世