ダイゼイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイゼイン
識別情報
CAS登録番号 486-66-8
PubChem 5281708
ChemSpider 4445025
UNII 6287WC5J2L
J-GLOBAL ID 200907074515572930
EC番号 2076354
KEGG C10208
ChEBI
ChEMBL CHEMBL8145
3DMet B01122
特性
化学式 C15H10O4
モル質量 254.23 g/mol
精密質量 254.057909
外観 淡黄色結晶
融点

315-323 °C (分解)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ダイゼイン: daidzein)は、イソフラボンの一種。ダイゼインやゲニステインのような他のイソフラボン化合物は、タイプエラリアクズのような植物やハーブに存在しており、ダイズ豆腐や植物性タンパク質大豆製品のような食品にも存在している。大豆イソフラボンは、ダイズから発見され抽出された化合物群である。抗酸化作用に加えて、多くのイソフラボンは、動物ヒトエストロゲン受容体に作用することが知られており[1]、それゆえフィトエストロゲンとして知られている。大豆イソフラボンは、非ホルモン作用も有する。

エクオール(Equol)(4',7-イソフラバンジオール)は、腸内細菌によってダイゼインから代謝されるイソフラバンジオール英語版[2]である[3]エストラジオールなどの内因性エストロゲンホルモンはステロイドであるが、エクオールは非ステロイド性エストロゲンである。しかし、約30-50ヒトしかエクオールを作る腸内細菌を持っていない[4]

誘導体[編集]

配糖体[編集]

O-メチル化[編集]


参考文献[編集]

  • Rüfer, Corinna E.; Glatt, Hansruedi; Kulling, Sabine E. (2005-09-30). “Structural Elucidation of Hydroxylated Metabolites of the Isoflavan Equol by GC/MS and HPLC/MS” (PDF). Drug Metabolism and Disposition. doi:10.1124/dmd.105.004929. PMID 16199471. http://dmd.aspetjournals.org/cgi/reprint/dmd.105.004929v1.pdf. 
  • Wang, XL; Hur, HG; Lee, JH; Kim KT, Kim SI (2005-01). “Enantioselective synthesis of S-equol from dihydrodaidzein by a newly isolated anaerobic human intestinal bacterium”. Appl. Environ. Microbiol. 71 (1): 214–9. doi:10.1128/AEM.71.1.214-219.2005. PMC: 544246. PMID 15640190. http://aem.asm.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=15640190. 
  • Frankenfeld, CL; Atkinson, C; Thomas, WK (2005-12). “High concordance of daidzein-metabolizing phenotypes in individuals measured 1 to 3 years apart”. Br. J. Nutr. 94 (6): 873–6. doi:10.1079/bjn20051565. PMID 16351761. http://journals.cambridge.org/abstract_S0007114505002618. 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]