フラバノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フラバノン骨格

フラバノン(flavanone)は、フラボノイドの一種である。通常、7位が二糖グリコシル化され、フラバノン配糖体となっている。

異性化[編集]

フラバノンとカルコンは異性化酵素のカルコン-フラバノンイソメラーゼにより相互に変換されうる。

フラバノンの一覧[編集]

配糖体[編集]

代謝[編集]

カルコンイソメラーゼは、カルコン様化合物からフラバノンを生成する。フラバノン-4-レダクターゼは、(2S)-フラバン-4-オールとNADP+から(2S)-フラバノン、NADPH、H+を生成する。

合成[編集]

フラバノン及び関連化合物のエナンチオ選択性化学的または生化学的合成法として、様々な方法が存在する[1]

出典[編集]

  1. ^ Nibbs, AE; Scheidt, KA (2012). “Asymmetric Methods for the Synthesis of Flavanones, Chromanones, and Azaflavanones”. European journal of organic chemistry 2012 (3): 449–462. doi:10.1002/ejoc.201101228. PMC: 3412359. PMID 22876166. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3412359/.