ミリセチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミリセチン
識別情報
CAS登録番号 529-44-2
PubChem 5281672
ChemSpider 4444991
日化辞番号 J1.585G
DrugBank DB02375
ChEBI CHEBI:18152
ChEMBL CHEMBL164
特性
化学式 C15H10O8
モル質量 318.2351 g/mol
精密質量 318.037567 u
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ミリセチン (myricetin) は、多くのブドウベリー果物野菜ハーブ、その他の植物に含まれているフラボノイドである天然フラボノールの一種である。食品の中ではクルミの豊富に含まれている。配糖体の形でも微量に含まれている[1]。ミリセチンは赤ワイン中のフェノール性化合物英語版の一つである[2]

ミリセチンは抗酸化活性を有する。In vitroの研究では、高濃度のミリセチンが白血球によるLDLコレステトールの取り込みを増加させることが示唆されている。フィンランドの研究では、高ミリセチン摂取と前立腺癌の発生率の低下に相関があることが示されている[3]

8年間のコホート研究では、3種のフラボノール(ケンペロールクェルセチン、ミリセチン)が膵臓癌のリスクを23%低減するということが示されている[4]

代謝[編集]

配糖体[編集]

O-メチル化[編集]

ラリシトリンミリセチン O-メチルトランスフェラーゼの作用によってミリセチンから形成される[5]

脚注[編集]

  1. ^ Miean KH, Mohamed S (2001). “Flavonoid (myricetin, quercetin, kaempferol, luteolin, and apigenin) content of edible tropical plants”. J. Agric. Food Chem. 49 (6): 3106-3012. doi:10.1021/jf000892m. PMID 11410016. 
  2. ^ Maggiolini M, Recchia AG, Bonofiglio D, Catalano S, Vivacqua A, Carpino A, Rago V, Rossi R, Andò S (2005). “The red wine phenolics piceatannol and myricetin act as agonists for estrogen receptor alpha in human breast cancer cells”. J. Mol. Endocrinol. 35 (2): 269-281. doi:10.1677/jme.1.01783. PMID 16216908. 
  3. ^ Knekt P, Kumpulainen J, Järvinen R, et al. (September 2002). “Flavonoid intake and risk of chronic diseases”. Am. J. Clin. Nutr. 76 (3): 560–8. PMID 12198000. http://www.ajcn.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=12198000. 
  4. ^ Nöthlings U, Murphy SP, Wilkens LR, Henderson BE, Kolonel LN (October 2007). “Flavonols and pancreatic cancer risk: the multiethnic cohort study”. Am. J. Epidemiol. 166 (8): 924–31. doi:10.1093/aje/kwm172. PMID 17690219. 
  5. ^ Syringetin biosynthetis pathway”. metacyc.org. 2012年2月21日閲覧。