ジオスミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジオスミン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 520-27-4
日化辞番号 J6.600A
DrugBank DB08995
KEGG C10039
D07858
特性
化学式 C28H32O15
モル質量 608.54 g mol−1
薬理学
法的状況 米国:サプリメント
出典
日本化学物質辞書 ジオスミン (J6.600A), J-GLOBAL 
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジオスミン(: Diosmin)はジオスメチンの7位にルチノースが結合したフラボノイド配糖体。柑橘類の果実に含まれている。[1]。ジオスミンは血管保護作用があるとされ、慢性静脈不全リンパ水腫静脈瘤に使用される。[2][3]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "A review on pharmacological and analytical aspects of diosmetin: a concise report". Chinese journal of integrative medicine. 19 (10): 792-800. 2013 Oct. PMID 24092244. doi:10.1007/s11655-013-1595-3. 
  2. ^ “Diosmin Monograph” (pdf). Alternative Medicine Review 9 (3). (2004). http://www.anaturalhealingcenter.com/documents/Thorne/monos/diosmin_mono_9-3.pdf. 
  3. ^ Frank Murray (2007). Health Benefits Derived from Sweet Orange. Basic Health Publications, Inc.. p. 10. ISBN 978-1-59120-221-9. 

関連項目[編集]

  • ヘスペリジン - 同じく血管保護作用があるとされるフラボノイドの1つ
  • ダフロン (w:Daflon - ジオスミン製剤。成分はジオスミン90%、ヘスペリジン10%。MPFF(Micronized purified flavonoid fraction)とも。