ソフィ・マリノヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソフィ・マリノヴァ
Софи Маринова
Sofi Marinova after winning Bulgarian National Final.jpg
基本情報
生誕 ブルガリアの旗 ブルガリア人民共和国・エトロポレ
(1975-12-05) 1975年12月5日(42歳)
出身地 ブルガリアの旗 ブルガリア
ジャンル ポップ・フォーク
職業 歌手
活動期間 1997年 -
レーベル サニー・ミュージック
共同作業者 ウスタタスラヴィ・トリフォノフ

ソフィ・マリノヴァ(ブルガリア語:Софи Маринова / Sofi Marinova、1975年12月5日 - ) はブルガリア西部エトロポレ出身で、ロマ人(ジプシー)のポップ・フォーク歌手である。

17歳のときに地元の民族楽団に加わって以来、音楽の道を歩んできた。その後ポップ・フォークのプロデューサ・ペトル・アントノフПетър Антонов / Petar Antonov)に見出され、1997年にブルガリアの民謡やポップ・フォークを取り扱う大手レコード会社であるアラと契約、ポップ・フォーク歌手として2004年まで同社の契約の下で活動する。2004年にサニー・ミュージックと契約、スラヴィ・トリフォノフウスタタアジスなどとも共演する。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト[編集]

ソフィ・マリノヴァは複数回にわたってユーロビジョン・ソング・コンテストのブルガリア代表を目指し、国内予選に挑んできた。

ブルガリアが初めてユーロビジョン・ソング・コンテストに参加した2005年大会ブルガリア代表を目指し、スラヴィ・トリフォノフとのデュエットで国内予選に参加したもののカッフェに敗れ2位となった。2006年大会でもトリフォノフと組んで国内予選に挑むが3位に終わる。2007年大会ではラッパーのウスタタと組んで国内予選に参加するが、エリツァ・トドロヴァ&ストヤン・ヤンクロフに敗れ、またしても2位に終わる。2011年大会でも国内予選に参加するがブルガリア代表の座を勝ち取ることはできなかった。

2012年2月29日に行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト2012のブルガリア国内予選の決勝では、デシ・スラヴァなどの競合歌手を下し、念願のブルガリア代表の地位を手にした[1]。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2012本戦は、同年5月にアゼルバイジャンバクーで開催される。

アルバム[編集]

  • Edinstven moi(1997年)
  • Moiat sun(1998年)
  • Studen Plamak(1999年)
  • Nejna e noshta(2000年)
  • Osudena liubov(2002年)
  • 5 oktavi liubov(2004年)
  • Hitove(2005年)
  • Obicham(2005年)
  • Ostani(2006年)
  • Vreme Spri(2008年)
  • VIPat(2009年)

脚注[編集]

  1. ^ Victor Hondal (2012年2月29日). “Tonight: National final in Bulgaria”. ESCToday. 2012年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月1日閲覧。