カッフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カッフェ (Каффе)
出身地  ブルガリア
職業 バンド
活動期間 1999-

カッフェ (Каффе, ラテン文字転写Kaffe) はブルガリアのジャズバンド2005年ユーロビジョン・ソング・コンテストに初のブルガリア代表として参加し、準決勝まで進出した。

来歴[編集]

カッフェは2000年代のブルガリアで大変人気となったバンドで、“There Again”, “Isn’t It Love”, “No More”などのヒット曲で知られている。2004年にはその年のバンド・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

バンドのメンバーたちはいずれも多くのプロジェクトに参加してきた経験に裏打ちされた実力派ぞろいである。メンバーのうちの2人、ヴァレリー・ツェンコフ (ドラムス)、ゲオルギ・ヤネフ (ギター)は米国のカリフォルニア大学バークレー校出身である。

1999年Baduの名前で結成されたものの、いくらかのメンバーたちはそれぞれの独自の活動に専念し、2001年までバンドは凍結状態にあった。2001年にはカッフェに改名し、本格的に活動を始める。

メンバーたちはそれまでにブルガリアの多くの有名なアーティスト - Grafa, Lili Ivanova, マリア・イリエヴァ, Stoyan Zahariev, Beloslava, TRIP, Vasil Naydenov - らとのプロジェクトに関わってきた。

2003年にはルーマニアで開かれた国際音楽フェスティヴァル「The Golden Stag」に参加し3位入賞。 MTVの欧州部門は彼らのために映像を製作、2004年にはバンドとしての初アルバムAloneを発表、ヒット作となった。

カッフェは2005年のユーロビジョン・ソング・コンテストに初のブルガリア代表として参加し、準決勝まで進出したものの19位で敗退、決勝進出はかなわなかった。

メンバー[編集]

オルリン・パヴロフ (Orlin Pavlov) – 歌手

生年月日 (1979-04-23) 1979年4月23日(41歳)、ソフィア出身。欧州諸国でダンサーなどを経験した後、2002年にはソフィアに戻り、バンド活動を始める。

ゲオルギ・ヤネフ (Georgi Yanev) – ギター

生年月日 (1977-04-23) 1977年4月23日(43歳)、ブラゴエヴグラト出身。米国のカリフォルニア大学バークレー校を卒業している。1999年にブルガリアに戻り、ヴァレリー・ツェンコフとともにバンドBaduをはじめる。

ミレン・クコシャロフ (Milen Кuкоshаrоv) – キーボード

生年月日 (1977-04-23) 1977年4月23日(43歳)、プロヴディフ出身。 Teodosi Spasov, Mitko Rupchev and Stefan Valdobrev などのブルガリアの有名ミュージシャンとの共演プロジェクト後、2002年からバンドに加わった。

ヴァレリー・ツェンコフ (Valery Tzenkov) – ドラムス

生年月日 (1973-09-03) 1973年9月3日(47歳)、米国のカリフォルニア大学バークレー校を卒業している。1999年にゲオルギ・ヤネフとともにバンドBaduをはじめる。

マルティン・タシェフ (Martin Tashev) – トランペット、歌手

生年月日 (1979-07-09) 1979年7月9日(41歳)、プロヴディフ出身。ミレン・クコシャロフとともにバンド「Infinity」で活動後、2002年にカッフェのメンバーとなる。デビューアルバムではスペイン語によるラップも披露している。

ヴェセリン・ヴェセリノフ=エコ (Veselin Veselinov-Eko) – ベースギター

生年月日 (1963-10-19) 1963年10月19日(57歳)、ソフィア出身。これまでに イヴォ・パパゾフ, Teodosi Spasov, Vasko Vasilev, Benny Paupin, Anatoli Vapirov, Yildiz Ibrahimova, Okay Temiz といった多くの有名なミュージシャンたちと共演してきている。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2005の参加曲Lorraineの作詞・作曲をオルリン・パヴロフとともに担当した。