デシ・スラヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デシ・スラヴァ
Деси Слава
出生名 デシスラヴァ・イヴァノヴァ・ドネヴァ
別名 デシスラヴァ
生誕 ブルガリアラドネヴォ
(1979-03-07) 1979年3月7日(39歳)
出身地  ブルガリア
ジャンル ポップ・フォーク
ポップ・ミュージック
R&B
職業 歌手
活動期間 1996年 -
レーベル パイネル
New Music Stars
Universal Music
ISM Music Stars
New Music Stars
共同作業者 アジス
公式サイト desislava.es

デシ・スラヴァブルガリア語:Деси Слава / Desi Slava)、本名:デシスラヴァ・イヴァノヴァ・ドネヴァДесислава Иванова Донева / Desislava Ivanova Doneva1979年3月7日 - )は、ブルガリアポップ・フォークポップ・ミュージック歌手である[1][2][3]スタラ・ザゴラ近くのラドネヴォの出身[2]。MTV World Chart Expressに楽曲「My pleasure, my pain」が紹介され、同番組に紹介された初のブルガリアの歌手の一人である。

来歴[編集]

出自[編集]

デシ・スラヴァは鉱山労働者と研究所助手の子として生まれた。デシ・スラヴァが6歳のときに両親は離婚している[1][3]。その後はグルロヴォの祖母のもとで生活していたが、母親が再婚してからはヒサリャにて母親とともに暮らし、同地で小学校を卒業する[1]。2人の義妹をよく世話していた[3]。こうした出自のため、満足な子供時代を送ることができなかった。子供時代はとてもわんぱくで、空手を習い、警官になることを夢見ていた[1]

5年生のときにゆったりした民謡を歌う才能を見出した[1]。14歳のとき、スタラ・ザゴラのラジオ放送局が主催するSlaveiche少年音楽コンクールで優勝、9年生のとき地元グルロヴォの民謡合唱団に加わる。その後、ラドネヴォ・オルケストゥル(Оркестър Раднево / Radnevo Orkestar)のリーダーであるミンチョ・アタナソフ(Минчо Атанасов / Mincho Atanasov)がデシ・スラヴァの歌を聴き、彼女を歌手としてグループに招き入れた[3]。この頃の民謡分野での活躍の成果として特筆すべきものに、ヴルカナ・ステャノヴァ(Вълкана Стянова / Valkana Styanova)音楽祭での優勝がある[3][4]

パイネル[編集]

1996年、ブルガリアのレコード会社パイネルは、デシ・スラヴァが歌手として歌うラドネヴォ・オルケストゥルのアルバム『Оркестър Раднево и солисти』(Orkestar Radnevo i solisti、オルケストゥル・ラドネヴォ & ヴォーカル)を発売した[3]1998年、18歳のときにソロ・アーティストとしてパイネルと契約を結び、デシ・スラヴァの最初のアルバム『Нямам проблеми』(Nyaman Problemi)は1998年にパイネルから発売された[4][5]。収録曲の多くは気楽なダンス・リズムの楽曲であった。全部で11曲が収録され、うち5曲はデシ・スラヴァ自身によって作詞された[4]。アルバムの発売後はより多くのファンを獲得し、多くの音楽祭に参加した。

1999年11月、最初のソロ・アルバム収録曲「Заклевам те」(Zaklevam te、問題なし)は、ポップ・フォークの楽曲に与えられる、ズラテン・ムスタンク賞(Златен мустанг / Zlaten Mustang)の最優秀受賞作品となった。2枚目のアルバム『Ези -тура』(Ezi - tura、表か裏か)は、この年最もよく売れたアルバムとなった。

2000年にはアメリカ合衆国ロサンゼルスで開催されるコンクールに2つの部門で参加し、民謡の「Женала е дюлбер Яна / Zhenale e dyulber Yana」とホイットニー・ヒューストンの曲を歌った。30箇国以上から参加者があつまったこの大会で、デシ・スラヴァはポップ音楽部門で銅メダルを受賞した。その後シカゴに移り、ブルガリア人が所有するMario's Cafeで歌っている時、オーナーの息子と恋愛関係となった[3]

デシ・スラヴァは家族に出産を知らせるためにブルガリアに帰国した。出産の当日、夫のミショ(Мишо)に対し、ミショの父親の名をとってマイキ(Майки)と名づけることを提案した。出産後は夫の家族とともに子供の世話をしていたが、やがて歌手としてのキャリアを続けるためにブルガリアに帰国した[5]。楽曲「Бели нощи」(Beli noshti、白夜)は非常に流行し、ポップ・フォークを代表する曲のひとつとなった[4]。3枚目のアルバム『Завинаги』(Zavinagi、永遠)は2000年に発売された。

アメリカ在住による1年間の音楽活動の休止にもかかわらず、デシ・スラヴァの人気は全く衰えることはなかった。多くのファンが熱狂的にデシ・スラヴァを支持していたが、このことが彼女の私生活に悪影響を与え、夫とは離婚した[3]。新曲の「Птица скитница」(Ptitsa skitnitsa、さまよえる鳥)は大ヒットとなった。2002年の夏、4枚目のアルバム『Мистерия』(Misteriya、ミステリー)が発売された。このアルバムや収録曲の多くが大ヒットとなった[4]。この年の11月10日、プラネッタTVの視聴者の支持によって、デシ・スラヴァは2002年の最優秀歌手に選らばれた[3][4]

2003年、デシ・スラヴァはパイネルのスタジオを離れ、スターとしての独自の道を模索しはじめる[3]2004年の春に「Просто Забрави」(Prosto Zabravi、ただ忘れて)を発表して音楽業界への凱旋を果たし、アルバム『Любовта е само чувство』(Lyubovta e samo chuvstvo、愛はただの気持ち)を発売する。このアルバムからも多くのヒット曲が生まれ、アルバムはこの年のブルガリアで最もよく売れたアルバムとなった[5]

独立[編集]

同じ年の秋、デシ・スラヴァは独自に立ち上げたレコード会社New Music Starsからの最初のプロジェクトとして、ブルガリアの芸能界で高い知名度をもつ歌手のアジスとのデュエット・アルバム『Заедно』(Zaedno、一緒に)を発売した[3]。アルバム収録曲はいずれもヒットとなった。デシ・スラヴァとアジスの楽曲のビデオ・クリップを収めた同タイトルのDVD『Заедно』(Zaedno)も発売された。

2005年には自レーベルからの2枚目の音楽アルバムとなる、『Гореща следа』(Goreshta sleda、熱い軌跡)を発売した。アルバムには12曲が収録され、うち1曲は英語の楽曲、1曲はマグダレーナ・サンチェスМагдалена Санчес / Magdalena Sanchez)とのデュエットによるスペイン語の楽曲であった。アルバムはこれまでの作品ほどのヒットにはならず、ファンを失望させた。2005年9月24日、デシ・スラヴァは友人のガリン(Галин / Galin)と結婚したが[3]、8か月で離婚した。離婚後も友好的な関係を維持している。

2006年末には、デシ・スラヴァは7枚目のアルバム『Сладки сънища』(Sladki sanishta、甘い夢)を発売した。アルバムには12曲が収録され、うち4曲はアルバム収録前に先行して発表された。アルバムからは「Не е илюзия」(Ne e ilyuziya、幻想じゃない)や「От утре」(Ot utre、明日から)や、英語曲の「I’ll pray」、キューバ出身のアルフレード・トーレス(Alfredo Torres / Алфредо Торес)とのデュエット曲「No Soy Tal Mujer」(私はそんな女じゃない)、バラードの「Някой ден」(Nyakoy den、いつか)などがヒット曲となった。また、「Лудост е」(Ludost e、狂っている)では、初めてロック、メタルの楽曲を披露した[4]

2007年3月26日、デシ・スラヴァはアジスとともにリアリティ・ショー番組「VIP Brother 2」に参加した[4]。参加後、デシ・スラヴァは次のように語っている:

私は自分の能力を信じ、長年にわたって私を信じて支えてくれるファンたちに、自分がどんな人間なのか知ってもらいたかった。優勝したかのような気分だ。だから、最初や2番目、3番目の離脱では参加した当初の意味がなくなってしまう。私は6番目に離脱になったが、だからどうということもない。私は私で、多くの人が私を好きで、支えてくれている。それ以外のことは重要ではない。私を支えてくれる多くの人たちと共に、VIP Brotherに挑むことができて満足している。大はしゃぎしたこと、楽しかったこと、一緒に踊ったこと、歌ったこと…中ではいろいろなことがあった。もちろん、少し泣いたことも懐かしい。新しい友人を見つけ、自身について多くのことを知った。まだショーが終わってからわずか数日に過ぎないが、私の音楽がより多くの人々に届いたことを嬉しく思う。

2007年、「Реге тон и малко чалга」(Rege ton i malko chalgaレゲトンと少しのチャルガ)、「100 мечти」(100 mechti、100の夢)の2つのシングルを発売した。2008年にはユーロ・ダンスの楽曲「Never End」や、この年の大ヒットとなったポップ・フォークの楽曲「Черен сняг」(Cheren snyag、黒い雪)などのシングルをリリースした。2008年以降、デシ・スラヴァは1つのポップ・フォークのアルバム、1つのラテン・ポップのアルバム、1つの民謡のアルバム、1つの英語のアルバムを準備中であるとしている。2009年6月、新しいポップ・フォークのアルバムの発売が予告され、収録曲とジャケット写真が公開された[6]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

Оркестър Раднево и солисти
Orkestar Radnevo i solisti(1996年、パイネル
  1. Иван на Рада думаше
  2. Заградил е дюлгер Добри
  3. Назлънджа Добра
  4. Доина двори мела
  5. Заплакала хубава Яна
  6. Мари Добро, гюл Добрано
  7. Доичин Яна думаше
  8. Индже и Пауна
  9. Дорка си мама думаше
  10. Стано, Стано


Нямам проблеми
Nyaman Problemi(1998年、パイネル
  1. Нямам проблеми
  2. Да, да, да
  3. Покорителка
  4. Заклевам те
  5. Любов на сън
  6. Танц на любовта
  7. Синя птица
  8. Приятелки
  9. Обади се
  10. Мъжки номера
  11. Една нощ


Ези - тура
Ezi - tura(2000年、パイネル
  1. Мъжете всичко искат
  2. Ези - тура
  3. Дяволска магия
  4. Обичам те
  5. Без криле
  6. Не идвай
  7. Ела
  8. Пусто лудо и младо
  9. Върни радостта ми
  10. До тук
  11. Горещи страсти
  12. Невъзможна среща
  13. Палаво момиче
  14. You're The Love


Завинаги
Zavinagi(2001年、パイネル
  1. Завинаги
  2. Жадни за любов
  3. Страсти
  4. Само тогава
  5. Ти ще бъдеш
  6. Бели нощи (remix)
  7. Следи от сълзи
  8. Тъжно сърце
  9. Сестра брата кани


Мистерия
Misteriya(2002年、パイネル
  1. Мистерия
  2. Между да и не
  3. Птица скитница
  4. Като бряг и вълна
  5. Ще те върна
  6. Две сърца
  7. Българи
  8. Мога
  9. Love above the ocean
  10. Истинска нощ
  11. Неочакван край e


Любовта е само чувство
Lyubovta e samo chuvstvo(2004年、パイネル
  1. Be your girl
  2. Просто Забрави
  3. Лъжа
  4. Бъди добро момче
  5. Нежна дрога
  6. Няма те до мен
  7. Хиляди неща
  8. На криле
  9. Връщам се
  10. Ще признаеш ли
  11. Забрави за мен
  12. Любов


The best of Desi Slava
(2004年、パイネル
  1. Тъжно сърце (remix)
  2. Думи две
  3. Бели нощи (remix)
  4. Мъжете всичко искат
  5. Неочакван край
  6. Между Да и Не
  7. Невъзможна среща
  8. Тъжно сърце
  9. Пусто лудо и младо
  10. Сестра брата кани
  11. Синята птица
  12. Горещи страсти
  13. Ези - тура
  14. Жадни за любов


Заедно
Zaedno(2004年、サニー・ミュージック / New Music Stars)
  1. Жадувам
  2. Искам, но немога
  3. Ледена кралица
  4. Знам, че боли
  5. Знам, че боли
  6. Как боли
  7. Истински щастливи
  8. Жадувам
  9. Микс на DJ Майк


Гореща следа
Goreshta sleda(2005年、New Music Stars)
  1. Неприлична
  2. Не си ми спешен
  3. Гореща следа
  4. Мъж ли си
  5. Мило мое
  6. Правописна грешка
  7. Нещо за душата
  8. Факт, факт
  9. Bailar Sin final
  10. Сънувах те
  11. Lo- lo- love me
  12. Чудо


Сладки сънища
Sladki sanishta(2006年、New Music Stars)
  1. Не е илюзия
  2. Подкожно
  3. Кажи ми
  4. Лудост е
  5. No soy tal mujer
  6. Някой ден
  7. Схемата
  8. От утре
  9. Сладки сънища
  10. Невъзможно е да спрем
  11. Замълчи
  12. I'll pray


Estoy Aqui
(2008年、New Music Stars)
  1. Te juro
  2. Escuchame
  3. Esto es el amor
  4. Bailando
  5. Se hace tarde
  6. Ficcion
  7. Le gusta a mi corazуn
  8. Por el vino
  9. Bailar sin final
  10. Te quedas conmigo
  11. Es mi amor
  12. Dimme por que


Послушай сърцето си
Poslushai sartsteto si(2009年、New Music Stars)
  1. Слушам сърцето си
  2. Катастрофа
  3. Не можем без тях
  4. Не издържам
  5. Два магнита
  6. Една лъжа
  7. За първи път
  8. Не спирай (дует с Играта)
  9. Черен сняг
  10. Най-добрия
  11. Реге тон и малко чалга
  12. Само приятели (дует с Играта)
  13. Любимата ми грешка
  14. Черен сняг (ремикс)


Slavatronika
(2011年、New Music Stars)
  1. Станкиното лице
  2. Little Lamb
  3. I Wanna Love Intro
  4. I Wanna Love
  5. Get Up
  6. Balkan Dub
  7. Come On
  8. Sleepwalker
  9. This Aint Love Intro
  10. This Aint Love
  11. Пустоно лудо и младо
  12. Неда вода наливала
  13. Зайди, Зайди

DVD[編集]

Заедно DVD
Zaedno DVD(2004年、サニー・ミュージック / New Music Stars)
  • Деси Слава и Азис - Концерт
  • Азис и ДесиСлава - Знам, че боли
  • ДесиСлава - Просто забрави
  • ДесиСлава - Бъди добро момче
  • ДесиСлава - Лъжа
  • Азис - Ледена кралица
  • Азис - Няма
  • Азис - Целувай ме
  • ДесиСлава - Забрави за мен
  • ДесиСлава - Черни сълзи
  • ДесиСлава - Истински щастливи
  • Азис - Всеки път
  • Азис - Хайде, почвай ме
  • Азис - Как боли
  • Азис и ДесиСлава - Микс
  • Азис и ДесиСлава - Жадувам
  • Жадувам - Видео клип


Деси Слава DVD
Desi Slava DVD(2005年、New Music Stars)
  • Промоция на албума "Любовта е само чувство"
  • Видеоклиповете:
  • Жадувам - дует с Азис
  • Лъжа
  • Бъди добро момче
  • Истински щастливи
  • Просто забрави
  • Нежна дрога
  • Искам, но немога
  • Интервю

受賞[編集]

  • 1994年 ラジオ・スタラ・ザゴラ - 優勝
  • 1995年 ペトカナ・ザハリエヴァ民謡コンクール - 優勝
  • 1996年 ヴルカナ・ストヤノヴァ民謡コンクール - 優勝
  • 1999年 ズラテン・ムスタンク - 最優秀歌手
  • 2000年 トラキヤ・フォーク音楽祭 - 観客選出 第2位(Бели нощи / Beli noshti
  • 2000年 トラキヤ・フォーク音楽祭 - 審査員選出 第3位(Бели нощи / Beli noshti
  • 2000年 ヒット・カクテル賞 - 今年の歌手、今年のレコード(Мила Моя, Мили Мой / Mila moya, mili moi)、今年のアルバム(Ези -тура / Ezi-Tura
  • 2001年 ノフ・フォルク賞 - 今年のアルバム(Ези -тура / Ezi-Tura)、今年の楽曲(Бели нощи / Beli noshti)、今年の歌手
  • 2003年 プラネッタTV - 視聴者選出 今年の歌手
  • 2003年 プラネッタTV音楽賞 - 今年のエンターテイナー
  • 2003年 ノフ・フォルク賞 - 今年の歌手、最優秀ビデオ(Две сърца / Dve cartsa)、最優秀アルバム(Мистерия / Misteriya
  • 2004年 ノフ・フォルク賞 - 今年の楽曲(Няма те до мен/ Nyama te do men
  • 2004年 TVマニヤ賞 - 視聴者選出
  • 2005年 ノフ・フォルク賞 - 今年のビデオ、今年の歌手、今年の共演、今年のデュエット曲(Жадувам/ Zhaduvan
  • 2006年 ノフ・フォルク賞 - 今年のデュエット曲(Казваш че ме обичаш / Kazvash che me obichash
  • 2007年 ノフ・フォルク賞 - 今年のビデオ(Някой ден / Nyakoy den)、
  • 2008年 ノフ・フォルク賞 - 最優秀ライブ・パフォーマンス
  • 2008年 ノフ・フォルク・ダンス賞 - 1998年-2008年 この10年の楽曲(Бели нощи / Beli noshti

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e BIOGRAPHY”. desi-slava.com. 2009年7月閲覧。 (英語) (ブルガリア語)
  2. ^ a b Профилът на Деси Слава”. слава. 2009年7月閲覧。 (ブルガリア語)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l БИОГРАФИЯ”. Деси Слава - Фен Сайт. 2009年7月閲覧。 (ブルガリア語)
  4. ^ a b c d e f g h Biography”. Desi Slava Official Site. 2009年7月閲覧。(英語) (ブルガリア語) (スペイン語)
  5. ^ a b c АЛБУМИ”. Деси Слава - Фен Сайт. 2009年7月閲覧。 (ブルガリア語)
  6. ^ news”. Desi Slava Official Site. 2009年7月閲覧。(英語) (ブルガリア語) (スペイン語)

外部リンク[編集]