スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スターオーシャンシリーズ > スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
スターオーシャン5
-Integrity and Faithlessness-
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 日本の旗 PlayStation 3
日本の旗アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 PlayStation 4
開発元 トライエース
発売元 スクウェア・エニックス
シリーズ スターオーシャンシリーズ
人数 1人
発売日 [PS4]
日本の旗 2016年3月31日
アメリカ合衆国の旗 2016年6月28日
欧州連合の旗 2016年7月1日
[PS3]
日本の旗 2016年4月28日
対象年齢 日本の旗 CEROC(15才以上対象)
アメリカ合衆国の旗 ESRB:RP (Rating Pending)
コンテンツ
アイコン
暴力セクシャル
売上本数 PS4
日本の旗 12万8,846本[1]
PS3
日本の旗 1万9,795本[2]
テンプレートを表示

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-』(スターオーシャンファイブ インテグリティ アンド フェイスレスネス、STAR OCEAN: INTEGRITY AND FAITHLESSNESS)は、スクウェア・エニックス2016年3月31日に発売したPlayStation 4 / PlayStation 3ゲームソフト

概要[編集]

スターオーシャンシリーズのナンバリング第5作。略称は「SO5」。

2015年4月9日に予告無くティザーサイトが公開、続く2015年4月15日に正式に公表された。当初は2016年2月25日発売予定だったが、2016年3月31日に変更された。その後、ハードに合わせた最適化や品質向上のため、PS3版のみ2016年4月28日に変更となった。

舞台となる年代は宇宙歴537年(西暦2623年)。時系列は『SO2』(『SOBS』)と『SO3』の間となる。複数の惑星間を股にかけた前作と異なり、主要な惑星は未開惑星フェイクリードのみ。また、その未開惑星の住人が主人公であり、ストーリーも宇宙規模ではなく舞台の惑星の周辺宙域に留まるなど、『SO1』を彷彿させるファンタジー色の強い作品となっている。

ストーリー[編集]

舞台となるのは、地球から六千光年以上離れた惑星「フェイクリード」。″呪印″と呼ばれる魔術で独自に発展した文明の中心地、ヴェスティール大陸の辺境からすべてが始まる。

システム[編集]

シームレス
本作ではバトル及びイベント等がシームレスで進行する。
『SO2』以前のランダムエンカウントや『SO3』以降のシンボルエンカウントと異なり、本作は全ての敵がフィールド上に視覚化されており、これらに攻撃を仕掛ける、或いは発見される事で戦闘に突入する。その為、移動マップがそのまま戦闘フィールドとなる。
イベントも同様で、従来作のようにイベント画面に切り替わらず移動画面のままキャラクターが会話を始めたり、アクションを起こしたりする。限られた範囲のみだがイベント中も主人公を操作できる。それに伴い、イベント中でもカメラワークの移動は一部を除いて自動では行われず、移動中同様に主人公を中心としてプレイヤーが操作しなければならない。また、多くのイベントにおける主人公の立ち位置もプレイヤーに委ねられている事になる。それにより従来のようなムービーのイベントは大幅に減少している。
これらには『インフィニット アンディスカバリー』の技術が応用されている。
バトル
バトルシステムには『SO3』をベースとした「小攻撃」「大攻撃」「ガード」の三すくみのアクションが取り入れられている。小攻撃はガードには弾かれてしまうが発生速度は早く、大攻撃を阻止する事ができる。大攻撃は発生速度が遅い為に小攻撃に阻止されてしまうが、ガードを崩す事ができる。ガードは小攻撃は防げるが、大攻撃には破られる。と言った形である。但し、敵には発動の早い大攻撃を繰り出して来るものや、小攻撃で大攻撃を阻止できない鋼体を持つものもいる為、必ずしも三すくみが有効とは限らない。また、紋章術はいずれもガードでは防げない。
バトルスキルは小攻撃、大攻撃にそれぞれセット可能で、大攻撃にセットした場合は威力が上がる代わりに消費MPも増える。一方、小攻撃でも大攻撃でも発生速度は変わらない。尚、バトルスキルの殆どは過去作のものが流用されている。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

フィデル・カミューズ(Fidel Camuze)
- 石川界人
種族 - フェイクリード人
武器 - 片手剣
男性 / 生年月日 - 宇宙歴514年4月8日 / 身長 - 175cm / 体重 - 68kg
本作の主人公。高名な剣術士であるダリルを父に持ち、自身も才能を受け継ぎ、スタール村を守っている青年。父に任された道場で若くして師範を務めている。何に対しても誠実であり、有事にも動じず対応できる能力と冷静さを備えるが、その内には熱さを秘める。レスリア国内の動乱が生まれ育った地にまで及んだことで、危機を乗り越える術を求めてミキと一緒に旅立つことになる。
父に対してコンプレックスを抱いてるなど未熟な面もあり、開発スタッフに「自己は確立されてきているけど、まだまだ成長過程」と評されている[3]。また、髪の色についてはプロデューサーの小林の要望である[4]
ミキ・ソーヴェスタ(Miki Sauvester)
声 - 東山奈央
種族 - フェイクリード人
武器 -
女性 / 生年月日 - 宇宙歴519年7月3日 / 身長 - 157cm / 体重 - 44kg
フィデルの幼馴染であり、彼を兄のように慕っている。希少な治療能力の持つ呪印術士で、村の守りにも一役買っている。感情豊かでくるくると表情が変わるような活動的な少女で、フィデルから未だに子供扱いされる。実際に甘えがちなところもあるが、一度こうと決めると引かず責任感が強い。リリアと出会ってからの旅では、よく世話を焼きながらも懐かれるようになる。なお、見た目から想像できないほどの大食い。
SO3のフェイトとソフィアのような関係になっているが、ベタベタにならないように作られている[4]
リリア(Relia)
声 - 小倉唯
種族 - 不明
武器 - なし[5]
女性 / 生年月日 - 宇宙歴525年12月13日 / 身長 - 124cm / 体重 - 24kg
記憶と感情を失い、何者かに狙われている少女。姉のフェリア(声 - 小倉唯)がいる。フィデルとミキに出合い、自身から失われたものを取り戻すため、一緒に旅することになる。極めて特殊な能力を持っているようだが、一切が謎に包まれている。元来の人格や純真さ故なのか、不安や恐怖で戸惑わずに受け止める忍耐力や戦場の空気にも臆さない肝の据わったところがある。
ヴィクトル・オークヴィル(Victor Oakville)
声 - 中村悠一
種族 - フェイクリード人
武器 - 片手剣
男性 / 生年月日 - 宇宙歴505年7月20日 / 身長 - 187cm / 体重 - 77kg
レスリア王国軍で特殊部隊を率いる軍人。任務に忠実かつ部下の信頼も厚く、戦争で命を奪うことに葛藤し続ける生真面目な男性。パーティメンバーに対しても「殿」と呼びかける。王都に赴く途中のフィデル達に偶然と出会ってから助力し、その縁から作戦行動への協力を受けることになる。剣術指南に出向いたダリルに教えを受けたため、彼の流派としては弟弟子に当たる。
フィオーレ・ブルネリ(Fiore Burnelli)
声 - 遠藤綾
種族 - フェイクリード人
武器 - 呪珠
女性 / 生年月日 - 宇宙歴512年10月31日 / 身長 - 160cm / 体重 - 43kg
ランドック王立呪印研究所に属する世界有数の呪印術士。レスリア軍に招聘され協力している。露出の高い特徴的な服を着こなす理知溢れる美女。奇抜なは優れた能力の証である呪印を隠さず示す意味があるもので、本人は至って常識人。クールな振る舞いを見せるが鷹揚で人当たり柔らかな性格であり、茶目っ気も覗かせる。
エマーソン・T・ケニー(Emmerson T. Kenny)
声 - 諏訪部順一
種族 - 地球人
武器 - ボウガン
男性 / 生年月日 - 宇宙歴496年2月14日 / 身長 - 187cm / 体重 - 69kg
アンヌと行動を共にしている旅人の風体をした中年男性。旅の目的は不明ながら、ざっくばらんで常にフェアな行動を取ることに信条とし、酒と女性を愛して日々ナンパを勤しむ。ただし、過ぎた軽薄さではなく、時に毅然とした大人の態度を見せる。
アンヌ・ペトリシアニ(Anne Petriceani)
声 - 藤村歩
種族 - 地球人
武器 - ナックル
女性 / 生年月日 - 宇宙歴509年8月27日 / 身長 - 176cm / 体重 - 48kg
エマーソンの旅に同行する眉目秀麗で知的な女性。正反対のような性格である彼に振り回されることも多い。格闘術で凛然と戦闘をこなし、常識と理性で仲間を窘める役にもなるが、冷淡ではなく深い優しさを持っている。しっかり者だが、家事全般時折抜けた行動を見せることもある。無類の猫好きである。

サブキャラクター[編集]

ウェルチ・ビンヤード
声 - 半場友恵
種族 - フェイクリード人
シリーズを通して登場する少女。自称「天才美少女クリエイター」。甲高い笑い声が特徴。ミードックの街に自身の研究室、ウェルチ・ラボを構えている。訪れたフィデルたちを勝手に助手に任命し、頼みごとを押しつけてくる。
グンター
声 - 土田大
種族 - フェイクリード人
特殊部隊に所属するヴィクトルの部下の一人。語尾に「○○っす」が付くことが多く、やんちゃな性格だが、上官からの信頼は厚い。作戦中では主に真っ先に突撃する役目を任されることが多い。
ハナ
声 - 武田華
種族 - フェイクリード人
特殊部隊に所属するヴィクトルの部下の一人。育ちの良いお嬢様で、「ですわ」口調で話すが、気の強い一面もある。ランドックの王立呪印研究所で学んだ呪印術でサポートを行う。
ダックス
声 - 川島得愛
種族 - フェイクリード人
特殊部隊に所属するヴィクトルの部下の一人。見かけは好青年のような姿だが、ヴィクトルよりも年上にあたる。謀報隊員であり、必要な事以外は話さない寡黙な性格。
ダリル・カミューズ
声 - 置鮎龍太郎
種族 - フェイクリード人
フィデルの父親。
テッド
声 - 下野紘
種族 - フェイクリード人
フィデルとミキの友人。
ケイサス
声 - 林勇
種族 - クロノス人
ランドック王立呪印研究所の研究員。フィオーレの師匠的存在な少年。
デル・スール
声 - 中井和哉
種族 - フェイクリード人
トレクール王国軍で、剣術と呪印術を使いこなす。
パヴィヌ
声 - 佐藤せつじ
種族 - クロノス人
クロノス軍の将校。短気な性格で、口も非常に悪い。
ラフィネ
声 - 名塚佳織
種族 - クロノス人
クロノス中央研究所の女性研究員。
ティファン・ドラクロア
声 - 川原慶久
種族 - 地球人
エマーソンを尊敬している男性副官。

その他のキャラクター[編集]

ラドル・クリスチン
シリーズ恒例の迷子キャラクター。
ガブリエ・セレスタ
声 - 朝比奈拓見
トライエース作品恒例の隠しボス。
イセリア・クイーン
声 - 石田嘉代
トライエース作品恒例の隠しボス。

舞台[編集]

惑星[編集]

フェイクリード4号星
地球から6000光年以上離れた未開惑星で、文明水準は地球でいうところの15~16世紀程度。
原住民達は「呪印術」と呼ばれる魔術を用い、独自の発展を遂げている。惑星上でもっとも広大な大陸であるヴェスティール大陸に、惑星人口の50%以上が集中している。
クロノス
フェイクリード4号星から5千光年以上離れており、ワープ技術を持つ近代国家。技術レベルでは銀河連邦に勝るとも劣らない。

用語[編集]

呪印術
惑星フェイクリードに伝わる特殊な魔術。肉体に「呪印」と呼ばれる紋様を刻むことで、その呪印に応じたさまざまな効果を発現可能。
使用者は「呪印術士」と呼ばれる。
暗黒の7年間
レスリア王国とランドック王国の周辺にある動物たちが突如凶暴化、加えて呪印を持つ「呪印生物」も出現。それらが原住民を襲い始めた謎の現象の呼称。

主題歌[編集]

『Astra Nova』
歌 - androp
本作のための書き下ろし楽曲で、主人公の想いが歌詞に綴られている。

スタッフ[編集]

ラジオ[編集]

石川界人・中村悠一のスター"ラジ"オーシャン[6]』の番組タイトルで、2016年1月6日から超!A&G+にて毎週水曜日21時30分(リピート放送:毎週木曜日9時30分)から配信されているラジオ番組。パーソナリティは石川界人(フィデル・カミューズ 役)と中村悠一(ヴィクトル・オークヴィル 役)。同年7月6日よりパーソナリティが中村のみとなり、番組タイトルを『スター"ラジ"オーシャン』と改めて配信。同年10月19日からパーソナリティにマフィア梶田が加わり、番組タイトルを『スターラジオーシャン アナムネシス』と改めて配信している。

出典[編集]

外部リンク[編集]