ジョー・マクユーイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョー・マクユーイング
Joe McEwing
シカゴ・ホワイトソックス ベンチコーチ #47
Joe McEwing on April 30, 2016.jpg
2016年4月30日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州バックス郡ブリストル英語版
生年月日 (1972-10-19) 1972年10月19日(45歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション ユーティリティープレイヤー(主に二塁手外野手
プロ入り 1992年 MLBドラフト28巡目(全体783位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 1998年9月2日 フロリダ・マーリンズ
最終出場 2006年5月20日 テキサス・レンジャーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョゼフ・アール・マクユーイングJoseph Earl McEwing, 1972年10月19日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州バックス郡ブリストル英語版出身の元プロ野球選手ユーティリティープレイヤー)。右投右打。現在はMLBシカゴ・ホワイトソックスでベンチコーチを務める。

内外野どのポジションでもそつなくこなす万能な守備を誇り、ハッスルプレーを連発することから「Super Joe(スーパー・ジョー)」のニックネームで親しまれた。

経歴[編集]

1992年MLBドラフト28巡目(全体783位)でセントルイス・カージナルスから指名され、プロ入り。

1998年9月2日にメジャーデビュー。翌1999年は主に二塁手・外野の3ポジションで頻繁に起用され、レギュラーに定着。規定打席にも到達して152試合で打率.275・本塁打9本・44打点の成績を残した。

2000年3月にジェシー・オロスコとのトレードで、ニューヨーク・メッツに移籍。メッツではレギュラーにはなれなかったが、毎年100試合前後に出場するなどスーパーサブとして重宝された。

2005年3月にメッツを解雇されるが、ほどなくカンザスシティ・ロイヤルズと契約し、同年は105試合に出場。2006年ヒューストン・アストロズ2007年ボストン・レッドソックス傘下AAA級ポータケット・レッドソックスでプレーし、2008年1月16日に引退を表明した。

引退後はシカゴ・ホワイトソックス傘下のマイナー(A+級ウィンストン・セイラム・ダッシュ英語版とAAA級シャーロット・ナイツ)で監督・コーチを歴任した後、2012年からはホワイトソックスの三塁コーチ(2016年まで)、2017年からはベンチコーチ[1]を務めている。

人物[編集]

カージナルス時代の監督のトニー・ラルーサは全力プレーが持ち味のマクユーイングを非常に買っていた。2000年3月にトレードされた際には別れを惜しみ、記念にマクユーイングのサイン入りのスパイクを貰い、監督室に飾った。移籍後もセントルイスでの試合ではファンから温かい声援を受けていた。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 48 (1998年)
  • 47 (1999年 - 2002年、2012年 - )
  • 11 (2003年 - 2004年)
  • 8 (2005年)
  • 23 (2006年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]