ジャック・コリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャック・コリソン Football pictogram.svg
Jack Collison 2015.jpg
ピーターバラ・ユナイテッドでプレイするコリソン(2015年7月)
名前
本名 ジャック・デイヴィッド・コリソン
Jack David Collison
ラテン文字 Jack COLLISON
基本情報
国籍 ウェールズの旗 ウェールズ
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1988-10-02) 1988年10月2日(29歳)
出身地 ワトフォード
身長 182cm
体重 87kg
選手情報
ポジション MF
ユース
1998–2000 イングランドの旗 ピーターバラ・ユナイテッド
2000–2005 イングランドの旗 ケンブリッジ・ユナイテッド
2005–2007 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2014 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド 105 (11)
2013 イングランドの旗 ボーンマス 4 (0)
2014 イングランドの旗 ウィガン・アスレティック 9 (0)
2014 イングランドの旗 イプスウィッチ・タウン 0 (0)
2015-2016 イングランドの旗 ピーターバラ・ユナイテッド 10 (0)
代表歴2
2007-2011 ウェールズの旗 ウェールズ U-21 7 (2)
2008-2014 ウェールズの旗 ウェールズ 15 (0)
監督歴
2015 イングランドの旗 ピーターバラ・ユナイテッド U-21
2015- イングランドの旗ピーターバラ・ユナイテッド U-18
1. 国内リーグ戦に限る。2015年11月15日現在。
2. 2014年3月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャック・デイヴィッド・コリソンJack David Collison, 1988年10月2日 - )は、イングランドワトフォード出身、ウェールズ代表の元サッカー選手、指導者。

多くの代表選手を輩出しているウェストハム・ユナイテッドの有名なアカデミーの出身であり、16歳で練習生として加入してからすぐにトップチームに昇格した。祖父がウェールズのベドウェルティ出身であるため、ウェールズ代表でプレイする資格を有している。左サイドハーフでのプレイを好むが、中盤のポジションならどこでもこなすことができ[1]、クラブではサイド、代表ではセンターハーフとしてプレイしている[2]

クラブ経歴[編集]

ユースからデビューまで[編集]

コリソンは1998年にピーターバラ・ユナイテッドのユースに加入し[3]、2000年にケンブリッジ・ユナイテッドへ移った[4][5]。しかし、クラブがフットボールリーグから降格し、財政状況が苦しくなり、下部組織の解散を決断したため、コリソンは新たなクラブを探さなければならなくなってしまった。16歳の時にウェストハム・ユナイテッドからトライアルの誘いを受け、アカデミーのディレクターであるトニー・カーを納得させるプレイをみせたコリソンは、初年度の奨学金の提供を受けることができた。

ユースで着実に成長し、2007-08シーズンの開幕前にはリザーブチームでキャプテンを務めるまでになった[6]。夏にはトップチームに帯同し、ホーンチャーチミルトン・キーンズ・ドンズとのプレシーズンマッチに出場した。2007年11月にはトップチームに登録され、ボルトン・ワンダラーズ戦のメンバーに招集された[7]プレミアリーグデビューとなったのは2008年1月1日に行われたアウェイのアーセナル戦であり、負傷したフレドリック・ユングベリに代わり、交代で出場した[8][9]2008年4月11日に行われたボルトン・ワンダラーズでチームを離脱していたマーク・ノーブルのポジションで初めてスターティングメンバーとして出場した。

トップチームへの昇格[編集]

2008年の夏にはクラブと新たな5年間の契約を結び、クラブのプレシーズンツアーに参加し、3-1で勝利したコロンバス・クルー戦と2-3で敗れたMLSオールスター戦の後半に出場した。2008-09シーズンの開幕はリザーブチームで迎え、ピーターバラ・ユナイテッドローンで加入する話も出ていたが、2008年10月29日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦に交代で出場し、良いパフォーマンスを発揮したことに加えて、チームに怪我人が多く出ていたこともあり、ジャンフランコ・ゾラはコリソンをチームに残すことを選んだ。

コリソンはゾラの期待に応え良い活躍を見せ、2008年11月8日に行われたエヴァートン戦で初ゴールを記録した[10]。コリソンはマシュー・アップソンの負傷により交代で出場し、チームは1-3で敗れたが、コリソンにとってはこれがホームデビュー戦となった。ゾラはコリソンのトップチームでの活躍を讃え[11]、ウインターブレイク前の12月に5年契約の延長にサインした[12]ボクシング・デー(12月26日)に行われたポーツマス戦では同点となるゴールを決め、4-1の勝利に貢献した[13]。シーズン3得点目は2009年3月1日に行われたマンチェスター・シティ戦であり、チームも1-0で勝利した[14]。コリソンはリザーブチームでは中盤の中央のポジションで最も多くの試合に出場していたが、ゾラはダイアモンドで構成する中盤の左サイドのレギュラーとして起用した[15]

アウェイのウィガン・アスレティック戦の3日後、コリソンは膝頭の負傷により、6週間チームを離れることになった[16]。5月にチームに戻り、ストーク・シティ戦に交代で出場し、チームに復帰した[17]。シーズン最終戦のミドルズブラ戦ではジュニア・スタニスラスのゴールをアシストし、2-1の勝利に貢献してシーズンを締め括った。

シーズン終了後には、コリソンはトニー・カーによりクラブの最優秀若手選手に選出された[18]

2009-10シーズン[編集]

3-0で勝利したカーディフ・シティ戦でゴールを挙げて喜ぶコリソン(2012年5月)

2009年8月23日、コリソンはトッテナム・ホットスパー戦に89分間出場したが、試合後にその試合の観戦に向かう途中に父親がバイク事故により死亡したという知らせを受けた[19]。しかし、コリソンは2日後に行われたリーグカップミルウォール戦の出場を直訴し、チームも延長戦の末に3-1で勝利した。チームメイトは彼へのサポートを示すために全員が喪章を付け、サポーターはスタジアムに入場するコリソンを拍手で迎えた。しかし、激しいライバル関係にあるクラブ同士の試合であり、駅ではお互いのファンが衝突し、試合終了後にはファンがピッチに乱入するなどの騒ぎとなり[20]、コリソンは目に涙を浮かべながらピッチを去った[21]。試合後のインタビューでは、ジャンフランコ・ゾラはコリソンへの敬意を示した[22]

膝の怪我が再発し、9月の試合の多くを欠場することになったが、10月に練習に復帰した。2009年10月9日に行われたヴァランシエンヌとの非公式の試合に出場し、コリソンはゴールを挙げ、8日後にはスターティングメンバーに復帰し[23]ストーク・シティ戦に出場した[24]。シーズン初ゴールはハル・シティ戦で記録し、続くバーンリー戦でもゴールを挙げた。

代表経歴[編集]

祖父がウェールズのモンマスシャーのベドウェルティ出身であるため[25]、コリソンはウェールズ代表としてプレイする資格を有している。また、ラグビーウェールズ代表でキャプテンを務めていた、ジョン・グウィリアムとは親戚関係にある[26]。コリソンはイングランドで生まれたが、母親がルーツを持つウェールズの代表としてプレイすることを選んだ[27]。当時のチームメイトでA代表でキャプテンを務めるクレイグ・ベラミーがU-21代表の監督であるブライアン・フリンにコリソンがウェールズ代表でプレイする資格を有していることを話し、19歳のコリソンを視察した後に、UEFA U-21欧州選手権予選のボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦のメンバーに招集した。

U-21[編集]

2007年11月に行われ、4-0で勝利したUEFA U-21欧州選手権予選のU-21ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦でデビューを飾り[28]、チームの4点目となるゴールを挙げた。同月に行われ、4-2で勝利したフランス代表[29]、2008年2月に行われたマルタ代表戦でも出場機会を得た。コリソンはアーロン・ラムジーと中盤の中心選手として活躍したが[30]、チームはプレイオフでイングランド代表に敗れ、UEFA U-21欧州選手権の出場を逃した[31]

A代表[編集]

2008年5月28日に行われ、1-0で勝利したアイスランド代表戦でA代表デビュー[32]。ベラミーはコリソンについて、「ウェストハムのトレーニングの後に彼はいつも居残りで練習していた。サッカー人生は努力すればそれに見合った見返りを得ることができるというのが彼の考え方のようだ。」と、述べた[33]。父親を交通事故で亡くしたため、代表監督を務めるジョン・トシャックはどのようなコンディションであるかに関わらず、コリソンにロシア代表とのワールドカップ予選の試合に出場するかどうかの選択肢を与えた[34]。しかし、葬儀と試合の日程が重なったためコリソンは出場せず、また膝の怪我を再発しその後の試合にも出場すことは叶わず、ウェールズ代表も4位で予選敗退となってしまった。

FIFAのルールでは、A代表デビューを飾る前であれば、プレイする代表を変更することが可能である。U-21代表のチームメイトであったリース・ウィリアムスは生まれ故郷のオーストラリア代表としてプレイすることを選び、コリソンもイングランド代表を選択するのではないかとの憶測が生まれた[35]。しかし、コリソンはウェールズ代表でプレイすると繰り返し語った[36][37]

個人成績[編集]

所属クラブ シーズン リーグ FAカップ リーグカップ UEFA Total
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ウェストハム・ユナイテッド 2007-08 2 0 0 0 0 0 - - 2 0
2008-09 20 3 4 0 0 0 - - 24 3
2009-10 21 2 0 0 1 0 - - 22 2
キャリア通算成績 43 5 4 0 1 0 0 0 48 5

2010年2月6日現在[38]

獲得タイトル[編集]

  • ウェストハム年間最優秀若手選手賞(Young Hammer of the Year):2008-09
  • BBCロンドン年間最優秀若手選手賞(BBC London Young Footballer of the Year):2009年

脚注[編集]

  1. ^ "Unbelievable" Collison delights Zola
  2. ^ Ramsey earns promotion
  3. ^ Posh old boys: Ex-Posh youth player scores for West Ham - 10/11/08
  4. ^ Jack Collison is happy to have the support of West Ham's extended family
  5. ^ JACK IS PUSHING RIGHT BUTTONS FOR HAMMERS
  6. ^ Young Hammer looking forward to international outing
  7. ^ Collison rising through the ranks
  8. ^ Arsenal 2-0 West Ham
  9. ^ Arsenal 2-0 West Ham
  10. ^ West Ham 1-3 Everton
  11. ^ Manager on Monday
  12. ^ Collison commits for five years
  13. ^ Manager praises midfield marvel
  14. ^ Collison stays cool to give Hammers a breakthrough
  15. ^ Collison loving life with Hammers
  16. ^ Blow for West Ham as Collison is ruled out for six weeks
  17. ^ Jack's back for Hammers
  18. ^ Parker named Hammer of the Year Archived 2012年6月3日, at the Wayback Machine.
  19. ^ Father of West Ham star dies on his way to Spurs match
  20. ^ ウェストハム、サポーター侵入騒ぎで罰金処分
  21. ^ West Ham 3 Millwall 1 (AET): That's the worst I've seen, says Gianfranco Zola
  22. ^ West Ham 3-1 Millwall
  23. ^ Collison shines as Dixon shows fitness
  24. ^ Stoke City 2-1 West Ham United
  25. ^ West Ham striker suffers further injury setback
  26. ^ West Ham star Jack Collison puts Zola skills in a Wales shirt
  27. ^ Collison is 'committed' to Wales
  28. ^ Wales U21 4-0 Bosnia-H U21
  29. ^ Wales U21 4-2 France U21
  30. ^ Jack Collison pledges future to Wales
  31. ^ Wales U21 0-2 England U21
  32. ^ Iceland 0-1 Wales
  33. ^ Bellamy backs Jack
  34. ^ Collison to play in Russia clash
  35. ^ Wales could yet lose rising star Collison in Fifa law loophole
  36. ^ Football helps Jack deal with the pain of losing his dad
  37. ^ I’d lose my faith in humanity if Jack defected to England
  38. ^ Jack Collison profile, statistics, news, game log

外部リンク[編集]