ジャスティン・ミラー (1987年生の投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャスティン・ミラー
Justin Miller
ワシントン・ナショナルズ #60
Justin Miller during warmups, July 13, 2018 (cropped).jpg
ナショナルズ時代
(2018年7月13日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州カーン郡ベーカーズフィールド
生年月日 (1987-06-13) 1987年6月13日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト16巡目
初出場 2014年4月18日 ロサンゼルス・エンゼルス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・ライアン・ミラーJustin Ryan Miller, 1987年6月13日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州カーン郡ベーカーズフィールド出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBワシントン・ナショナルズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2006年MLBドラフト47巡目(全体1392位)でコロラド・ロッキーズから指名されたが、契約せずにカリフォルニア州立大学フレズノ校へ進学した。大学時代は3年時の2008年に大学全米一を経験した。この時のチームメイトにジャスティン・ウィルソンがいる。

プロ入りとレンジャーズ傘下時代[編集]

2008年のMLBドラフト16巡目(全体483位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA-級スポケーン・インディアンス英語版でプロデビュー。14試合に登板して0勝0敗2セーブ・防御率5.06・24奪三振の成績を残した。

2009年はルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズでプレーし、8試合に登板して0勝0敗2セーブ・防御率1.08・10奪三振の成績を残した。7月にA-級スポケーンへ昇格して5試合に登板後、8月にA+級ベーカーズフィールド・ブレイズ英語版へ昇格。11試合に登板して1勝1敗2セーブ・防御率2.35・16奪三振の成績を残した。

2010年はA+級ベーカーズフィールドでプレーし、32試合に登板して4勝3敗・防御率3.06・52奪三振の成績を残した。

2011年はAA級フリスコ・ラフライダーズでプレーし、48試合に登板して9勝1敗13セーブ・防御率1.81・77奪三振の成績を残した。オフに40人枠入りを果たした[1]

2012年3月19日にAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ異動した。4月4日にマイナーの故障者リスト入りし、4月18日トミー・ジョン手術を受けた。4月23日に自由契約となったが、29日にレンジャーズとマイナー契約で再契約した。この年は手術の影響でシーズンを全休した。オフの10月30日にレンジャーズとメジャー契約を結んだ[2]

2013年はまずAA級フリスコでプレーし、16試合に登板して1勝0敗2セーブ・防御率6.19・21奪三振の成績を残した。7月にAAA級ラウンドロックへ昇格。11試合に登板して0勝1敗1セーブ・防御率9.82・12奪三振の成績を残した。9月1日に自由契約となった。

タイガース時代[編集]

2013年9月18日デトロイト・タイガースとマイナー契約を結び、11月20日にメジャー契約を結んだ[3]

2014年は傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで開幕を迎え、4月18日にメジャーへ昇格[4]。同日のロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャーデビュー。10点ビハインドの6回表から登板し、2回を1安打無失点1奪三振に抑えた[5]8月30日DFAとなり[6]、翌31日に40人枠を外れる形でAAA級トレドへ降格した。この年メジャーでは8試合に登板して1勝0敗・防御率5.11・5奪三振の成績を残した。オフの11月3日FAとなった[7]

ロッキーズ時代[編集]

2014年11月22日にロッキーズとマイナー契約を結んだ。

2015年は開幕を傘下のAA級ニューブリテン・ロックキャッツで迎えた後、AAA級アルバカーキ・アイソトープスでプレーした。6月17日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。この年は34試合に登板して3勝3敗1セーブ・防御率4.05・38奪三振の成績を残した。

2016年は開幕からアクティブ・ロースター入りしたが、7月5日に左脇腹痛で15日間の故障者リスト入りし、9月2日に復帰した。40試合に登板し、4223回で防御率5.70と前年を下回る成績となった。10月12日に40人枠から外れる形でAAA級アルバカーキへ配属された後、翌13日にFAとなった[7]

エンゼルス傘下時代[編集]

2016年11月8日ロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結び、2017年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[7]

2017年は開幕から傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズでプレーしていたが、 7月16日に自由契約となった[7]

ナショナルズ時代[編集]

2018年1月12日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ[8]

シーズンでは開幕を傘下のAAA級シラキュース・チーフスで迎え、5月25日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]

詳細情報[編集]





















































W
H
I
P
2014 DET 8 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 53 12.1 14 2 2 0 0 5 0 0 9 7 5.11 1.30
2015 COL 34 0 0 0 0 3 3 1 7 .500 129 33.1 21 2 11 0 0 38 2 0 15 15 4.05 0.96
2016 40 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 194 42.2 50 6 20 0 2 45 3 1 27 27 5.70 1.64
MLB:3年 82 0 0 0 0 5 4 1 8 .556 376 88.1 85 10 33 0 2 88 5 1 51 49 4.99 1.34
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 60(2014年 - 2016年、2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ “Rangers purchase contracts of six players for 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2011年11月18日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/26003228/rangers-purchase-contracts-of-six-players-for-40-man-roster/ 2016年10月17日閲覧。 
  2. ^ “Rangers decline to exercise 2013 club options for RHPs Scott Feldman and Yoshinori Tateyama” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2012年10月30日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/40134840/rangers-decline-13-options-for-feldman-tateyama/ 2016年10月17日閲覧。 
  3. ^ “Tigers purchase contracts of seven players” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Detroit Tigers), (2013年11月20日), http://m.tigers.mlb.com/news/article/64065488/tigers-purchase-contracts-of-seven-players/ 2016年10月17日閲覧。 
  4. ^ Jason Beck, Matt Slovin (2014年4月18日). “Tigers promote righty Miller to bolster bullpen”. MLB.com. 2016年10月17日閲覧。
  5. ^ Scores for Apr 18, 2014” (英語). ESPN MLB (2014年4月18日). 2014年4月20日閲覧。
  6. ^ Jason Beck (2014年8月30日). “Tigers designate Miller for assignment”. MLB.com. 2016年10月17日閲覧。
  7. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2018年5月28日閲覧。
  8. ^ Nationals' Justin Miller: Signs minor-league deal with Nationals” (英語). CBS Sports (2018年1月12日). 2018年5月28日閲覧。
  9. ^ Glenn Sattell (2018年5月25日). “Nationals add Miller; Murphy heads to rehab” (英語). MLB.com. 2018年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]