ジミー・ジョーンズ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・ジョーンズ
Jimmy Jones
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ダラス
生年月日 1964年4月20日(49歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1986年9月21日
NPB / 1994年4月14日
最終出場 MLB / 1993年7月5日
NPB / 1995年5月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • サンディエゴ・パドレス (2012)

ジミー・ジョーンズJames Condia Jones, 1964年4月20日 - )はアメリカ合衆国テキサス州ダラス出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

1982年ドラフト会議サンディエゴ・パドレスから1巡目で指名を受ける。1986年9月21日メジャーデビュー戦にて1安打完封の好投を見せ、技巧派投手として主に先発投手で起用された。1988年10月24日パット・クレメンツ英語版ジャック・クラークとの2対3のトレードでランス・マッカラーズ英語版スタン・ジェファーソン英語版とともにニューヨーク・ヤンキースに移籍[1]1991年3月19日にはヒューストン・アストロズに移籍した[1]。同年秋には右ヒジの手術を受けてリリーフへの転向が決まったが、翌1992年は先発として起用され自身初の2桁勝利を挙げている[2]1993年1月25日にはモントリオール・エクスポズに移籍した[1]が、夏には右ヒジ遊離骨の除去手術を受けている[3]

年俸と契約金合わせて60万ドル(当時のレートで約6,300万円)で、11月15日巨人への入団契約を結んだ[4]1994年キャンプで投球内容を評価され[3]先発ローテーションに入ったが、5月4日の対横浜戦でショートに内野安打を放った際に一塁で駒田徳広と交錯し、左足首を剥離骨折した[5]。その後2ヶ月間はリハビリに専念し、回復に合わせて走りこみなどのトレーニングを行なっている[5]7月7日イースタン・リーグで登板して好投を見せる[6]と、7月14日には一軍の対中日戦で先発し、7回を無失点に抑えて復帰戦で勝利を挙げた[5]。この試合を含めて8月23日の対ヤクルト戦まで35イニングを投げ防御率1.54という安定した投球で5連勝を記録し、斎藤雅樹槙原寛己桑田真澄の3本柱に次ぐ先発の地位を確立している[7]同年の日本シリーズでは第3戦に先発し、5回1/3を投げて6安打1失点(自責点0)でチームは延長戦の末に勝利している[8]

1995年は一軍で6試合に先発したが6月に右ヒジ痛を訴えて登録を抹消され、検査の結果内側側副靱帯損傷が判明した[9]。その後は一軍に復帰することなく9月28日に戦力外通告を受け[10]、そのまま現役を引退している。

2012年は当初サンディエゴ・パドレス傘下AAA級ツーソンで投手コーチを務めていたが、パドレスのブルペンコーチであるダレル・エイカーフェルズ英語版膵臓がんにより亡くなったため、6月からシーズン途中までその後任を任された。

プレースタイルなど[編集]

カーブチェンジアップのほか、鋭いスライダーなど多彩な変化球を駆使した[2]。長い腕をしならせるフォームから低めに制球し、大崩れしにくいタイプだと言われた[3]。スタミナに不安があるため巨人では100球をメドに交代していたが、5回までは安心して試合を任せられるとコーチの堀内恒夫は評している[7]

投手ながら打撃が良く、メジャーでは通算2本塁打を放ち、日本でも28打数8安打という打撃記録を残した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 SD 3 3 1 1 1 2 0 0 -- 1.000 65 18.0 10 1 3 0 0 15 0 0 6 5 2.50 0.72
1987 30 22 2 1 0 9 7 0 -- .563 639 145.2 154 14 54 2 5 51 3 2 85 67 4.14 1.43
1988 29 29 3 0 0 9 14 0 -- .391 760 179.0 192 14 44 3 3 82 4 1 98 82 4.12 1.32
1989 NYY 11 6 0 0 0 2 1 0 -- .667 211 48.0 56 7 16 1 2 25 1 0 29 28 5.25 1.50
1990 17 7 0 0 0 1 2 0 -- .333 238 50.0 72 8 23 0 1 25 3 0 42 35 6.30 1.90
1991 HOU 26 22 1 1 1 6 8 0 -- .429 593 135.1 143 9 51 3 3 88 4 0 73 66 4.39 1.43
1992 25 23 0 0 0 10 6 0 -- .625 579 139.1 135 13 39 3 5 69 4 1 64 63 4.07 1.25
1993 MON 12 6 0 0 0 4 1 0 -- .800 175 39.2 47 6 9 0 0 21 1 1 34 28 6.35 1.41
1994 巨人 14 13 0 0 0 7 2 0 -- .778 272 61.1 64 1 27 0 0 35 1 1 33 28 4.11 1.48
1995 6 6 1 1 0 2 2 0 -- .500 141 32.1 34 1 14 0 1 16 2 0 14 11 3.06 1.48
MLB:8年 153 118 7 3 2 43 39 0 -- .524 3260 755.0 809 72 239 12 19 376 20 5 431 374 4.46 1.39
NPB:2年 20 19 1 1 0 9 4 0 -- .692 413 93.2 98 2 41 0 1 51 3 1 47 39 3.75 1.48

記録[編集]

NPB
  • 初登板、初先発:1994年4月14日、対横浜戦(横浜)10-6、1回1/3を4失点
  • 初勝利:1994年4月27日、対広島戦(広島)5-1、先発し5回無失点
  • 初完投・初完封:1995年4月30日、横浜戦(東京D)2-0、被安打6 奪三振6 四死球2

背番号[編集]

  • 45 (1986年 - 1988年)
  • 26 (1989年 - 1990年)
  • 37 (1991年 - 1992年)
  • 38 (1993年)
  • 49 (1994年 - 1995年)
  • 56 (2012年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c baseball-reference.com Jimmy Jones
  2. ^ a b 読売新聞、1993年11月9日付朝刊、P.21
  3. ^ a b c 読売新聞、1994年3月29日付朝刊、P.19
  4. ^ 朝日新聞、1993年11月16日付朝刊、P.23
  5. ^ a b c 読売新聞、1994年7月15日付朝刊、P.14
  6. ^ 読売新聞、1994年7月8日付夕刊、P.3
  7. ^ a b 読売新聞、1994年8月24日付夕刊、P.3
  8. ^ 日本野球機構 1994年度日本シリーズ 試合結果(第3戦)
  9. ^ 毎日新聞、1995年6月29日付朝刊、P.20
  10. ^ 読売新聞、1995年9月29日付朝刊、P.20

関連項目[編集]

外部リンク[編集]