ジェリー・ブレビンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェリー・ブレビンス
Jerry Blevins
Jerry Blevins (49594022526) (cropped).jpg
サンフランシスコ・ジャイアンツ時代
(2020年2月24日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州ジョンソンシティ
生年月日 (1983-09-06) 1983年9月6日(38歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 MLBドラフト17巡目
初出場 2007年9月16日
最終出場 2019年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ジェリー・リチャード・ブレビンスJerry Richard Blevins, 1983年9月6日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州ジョンソンシティ出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。愛称はゴルドGordo[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

デイトン大学で2年間投手で所属し、21試合で7勝4敗の記録を残した。また、後に再び同僚となるクレイグ・スタメンとチームメイトであり、2人ともコミュニケーション学科だったため、授業も同じでいつも一緒に行動していた[2]

プロ入りとカブス傘下時代[編集]

2004年MLBドラフト17巡目(全体516位)でシカゴ・カブスから指名され、6月23日に契約。この年は傘下のA-級ボイシ・ホークスでプロデビューし、23試合に登板した。

2005年はA級ピオリア・チーフスで投げたが、2006年にはA-級ボイシに戻り、他にもA+級デイトナ・カブスやAA級ウエストテン・ダイヤモンドジャックスでも登板した。

2007年はA+級デイトナで開幕を迎え、15試合で1勝0敗、防御率0.38の成績を残したところで5月15日にAA級テネシー・スモーキーズ[3]に昇格した。同球団では23試合に登板して2勝2敗、防御率1.53の成績だった。2球団合計では38試合で3勝2敗、防御率1.02だった。

アスレチックス時代[編集]

オークランド・アスレチックス時代
(2012年7月27日)

2007年7月16日にジェイソン・ケンドールとのトレードで、ロブ・ボウエン英語版と共にオークランド・アスレチックスへ移籍[4]

移籍後は傘下のAA級ミッドランド・ロックハウンズで17試合に登板して1勝3敗・防御率3.32の成績を残し、8月31日からはAAA級サクラメント・リバーキャッツに昇格。マイナーのシーズン終了前、1試合に登板して2回2/3を被安打無しで勝利を挙げ、チームに貢献した。9月15日にメジャーに昇格すると、16日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビューし、9回に登板。デビッド・マーフィーから三振を取った。

この年はマイナー通算56試合で通算5勝5敗、防御率1.63、1試合平均11.87打席、77回1/3イニングで102個の三振を奪った。

オフの11月に開催された第37回IBAFワールドカップアメリカ合衆国代表に選出された。

2008年はメジャーとマイナーを行き来し、AAA級サクラメントでは28試合に登板して2勝2敗、防御率2.78、WHIP1.14の成績を残し、メジャーでは36試合に登板して1勝3敗、防御率3.11、WHIP1.19の記録した。

2009年もメジャーとマイナーを行き来し、AAA級サクラメントでは45試合に登板して5勝3敗、防御率3.84、WHIP1.31の成績を残し、メジャーでは20試合の登板で防御率4.84、WHIP1.12を記録した。

2010年は初めてシーズンを通してメジャーで投げた。主に左のワンポイントとしての起用で63試合に登板し、対左の被打率.228を記録。

2011年8月3日に40人枠から外れるが、31日に再昇格する。この年は26試合と、登板機会が減少した。

2012年2013年は60試合以上に登板している。

ナショナルズ時代[編集]

ワシントン・ナショナルズ時代
(2014年7月9日)

2013年12月11日にビリー・バーンズとのトレードで、ワシントン・ナショナルズへ移籍した[5]

2014年1月17日にナショナルズと1年契約に合意した[6]。この年は64試合に登板するも、防御率4.87とやや不調だった。

オフの11月7日に日米野球2014のMLB選抜に選出された[7]

メッツ時代[編集]

ニューヨーク・メッツでの現役時代
(2018年7月30日)

2015年3月30日にマット・デン・デッカーとのトレードで、ニューヨーク・メッツへ移籍した[8]。オフの11月2日にフリーエージェント(FA)となった[9]。2014年までは3年連続で60試合以上に登板していたが、2015年は2度左腕を骨折した影響で7試合だけの登板に留まった。しかし、5.0イニングを無安打・無四球と完璧に抑え、1勝を挙げた。

2016年からは背番号が39に変更となった。この年は故障から復活し、チーム内で3番目に多い73試合に登板した。オフの11月3日にFAとなったが、2017年2月9日に1年契約(2018年のオプション付き)で再契約した[10]

2017年は75試合に登板して6勝0敗1セーブ、防御率2.94、69奪三振を記録した。

2018年は64試合(先発1試合)に登板して3勝2敗1セーブ、防御率4.85、41奪三振を記録した。オフの10月29日にFAとなった[11]

アスレチックス傘下時代[編集]

2019年2月4日にアスレチックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[12]。開幕後は傘下のAAA級ラスベガス・アビエイターズ[13]でプレーした。

ブレーブス時代[編集]

2019年4月28日に金銭トレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍し、即日でメジャー契約を結んだ[14]。5月14日にDFA英語版となり[15]、17日にマイナー契約で傘下のAAA級グウィネット・ストライパーズへ配属された[11]。5月18日に再びブレーブスとメジャー契約を結んだ[16]。オフの10月31日にFAとなった[17]

ジャイアンツ傘下時代[編集]

2020年1月20日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[11]

メッツ傘下時代[編集]

2020年12月11日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[18]

2021年4月28日に現役引退を表明した[19]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 OAK 6 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 25 4.2 8 1 2 0 0 3 0 0 6 5 9.64 2.14
2008 36 0 0 0 0 1 3 0 5 .250 156 37.2 32 2 13 2 3 35 0 0 14 13 3.11 1.19
2009 20 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 90 22.1 19 2 6 1 0 23 0 0 12 12 4.84 1.12
2010 63 0 0 0 0 2 1 1 11 .667 220 48.2 54 7 18 1 1 46 0 0 20 20 3.70 1.48
2011 26 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 122 28.1 24 2 14 1 1 26 0 0 14 9 2.86 1.34
2012 63 0 0 0 0 5 1 1 14 .833 261 65.1 45 7 25 5 5 54 2 0 20 18 2.48 1.07
2013 67 0 0 0 0 5 0 0 4 1.000 245 60.0 47 7 17 2 4 52 2 0 23 21 3.15 1.07
2014 WSH 64 0 0 0 0 2 3 0 9 .400 240 57.1 48 3 23 6 1 66 2 0 31 31 4.87 1.24
2015 NYM 7 0 0 0 0 1 0 0 5 1.000 15 5.0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0.00 0.00
2016 73 0 0 0 0 4 2 2 16 .667 178 42.0 36 4 15 3 1 52 1 0 14 13 2.79 1.21
2017 75 0 0 0 0 6 0 1 19 1.000 217 49.0 43 4 24 2 4 69 2 0 16 16 2.94 1.37
2018 64 1 0 0 0 3 2 1 8 .600 188 42.2 36 6 22 1 5 41 1 0 24 23 4.85 1.36
2019 ATL 45 0 0 0 0 1 0 1 10 1.000 141 32.1 25 5 16 2 2 37 2 0 15 14 3.90 1.27
MLB:13年 609 1 0 0 0 30 13 7 101 .698 2098 495.1 417 50 195 26 27 508 12 0 209 195 3.54 1.24
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 64(2007年)
  • 13(2008年 - 2015年)
  • 39(2016年 - 2018年)
  • 50(2019年)

代表歴[編集]

  • 2007 IBAFワールドカップ アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ Explaining Mets Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月28日閲覧
  2. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、285頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  3. ^ 2007年よりカブス傘下
  4. ^ A's deal catcher Kendall to Cubs Oakland acquires catcher Bowen, lefty Blevins for veteran”. The Official Site of The Oakland Athletics. 2008年4月24日閲覧。
  5. ^ Nationals acquire left-handed reliever Jerry Blevins from Athletics MLB.com
  6. ^ Bill Ladson (2014年1月17日). “Zimmermann, Desmond sign two-year deals”. MLB.com. 2014年1月18日閲覧。
  7. ^ MLBオールスターチーム、追加選手発表!来日全29選手が決定 侍ジャパン公式サイト (2014年11月7日) 2015年3月26日閲覧
  8. ^ Mets add lefty relievers Torres, Blevins in pair of trades MLB.com Anthony DiComo 英語 (2015年3月30日) 2015年3月31日閲覧
  9. ^ Transactions | mets.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  10. ^ New York Mets on Twitter” (英語). Twitter (2017年2月9日). 2017年2月11日閲覧。
  11. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2019年5月18日閲覧。
  12. ^ Jane Lee (2019年2月4日). “Source: Blevins returns to A's on Minors deal” (英語). MLB.com. 2019年3月15日閲覧。
  13. ^ 2019年にラスベガス・フィフティワンズより球団名変更及びアスレチックス傘下
  14. ^ Mark Bowman (2019年4月28日). “Braves acquire Blevins, option Parsons” (英語). MLB.com. 2019年4月29日閲覧。
  15. ^ Mark Bowman (2019年5月14日). “Braves activate Biddle, recall Parsons” (英語). MLB.com. 2019年5月15日閲覧。
  16. ^ Mark Bowman (2019年5月18日). “Braves release Venters, bring back Blevins” (英語). MLB.com. 2019年5月19日閲覧。
  17. ^ Thomas Harrigan, Manny Randhawa and Paul Casella (2019年11月8日). “Here are every team's free agents this winter” (英語). MLB.com. 2019年12月2日閲覧。
  18. ^ Anthony DiComo (2020年12月22日). “Blevins rejoins Mets on Minors deal” (英語). MLB.com. 2021年3月28日閲覧。
  19. ^ Hello Retirement. Goodbye Baseball” (英語). Jerry Blevins (@jerryblevins) - Twitter (2021年4月28日). 2021年4月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]