ジェリー・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェリー・ブラウン
Jerry Brown
Jerry Brown 2.jpg
ジェリー・ブラウン(2010年10月)
生年月日 (1938-04-07) 1938年4月7日(79歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
イェール・ロー・スクール
所属政党 民主党
配偶者 アン・ガスト
サイン Signature of California Edmund G. (Jerry) Brown.png
公式サイト Jerry Brown

在任期間 1975年1月6日 - 1983年1月3日

在任期間 2011年1月3日 -

在任期間 2007年1月9日 - 2011年1月3日

Flag of Oakland, California.svg 第44代オークランド市長
在任期間 1999年1月4日 - 2007年1月8日

在任期間 1971年1月4日 - 1975年1月6日
テンプレートを表示

エドモンド・ジェラルド「ジェリー」・ブラウン・ジュニア英語: Edmund Gerald "Jerry" Brown, Jr.1938年4月7日 - )は、アメリカ合衆国民主党リベラル派の政治家。現在、カリフォルニア州知事(第39代)を務める。オークランド市長、カリフォルニア州司法長官、カリフォルニア州州務長官、カリフォルニア州知事(第34代)などを歴任した。

経歴[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコ出身。父親のパット・ブラウン英語版カリフォルニア州知事(1959年 - 1967年)を務めた。

イェール大学を卒業して弁護士資格を取得。1970年に州議会議員として政界入りし、1975年に州知事に初当選。1983年まで2期務め、この間1976年大統領選1980年大統領選1992年大統領選に民主党から大統領候補として指名を争ったが果せなかった。

知事退任後は1997年から2007年までオークランド市長を歴任し、その後は州政府司法長官。2010年のアメリカ合衆国中間選挙においてカリフォルニア州知事選挙に出馬し、共和党のメグ・ホイットマン候補を破って当選を果たした[1]。これによりカリフォルニア州に2度目の登板を果たすこととなった。

知事としての活動[編集]

学歴[編集]

行政[編集]

  • カリフォルニア州州務長官(1971年 - 1975年)
  • カリフォルニア州知事(1975年 - 1983年)
    • 第1次在任(1975年 - 1983年)
    • 第2次在任(2011年 - 現職)
  • カリフォルニア州民主党委員長(1989年 - 1991年)
  • オークランド市長(1999年 - 2006年)
  • カリフォルニア州司法長官(2007年1月 - 2011年1月)
  • カリフォルニア州知事(2011年 - )

家族[編集]

20歳年下である妻のアン・ガスト英語版との二人暮らし。

脚註[編集]

  1. ^ 民主党ブラウン氏が勝利 シュワ氏後任の加州知事選 産経新聞 2010年11月3日閲覧
  2. ^ “Brown goes to China, calls it the world's 'hope' on climate”. E&E News. (2017年6月5日). https://www.eenews.net/climatewire/2017/06/05/stories/1060055521 2017年6月5日閲覧。 
  3. ^ “California politics updates: Gov. Jerry Brown goes to China to affirm climate change alliance”. ロサンゼルス・タイムズ. (2017年6月4日). http://www.latimes.com/politics/essential/la-pol-ca-essential-politics-updates-brown-china-trip-1496600176-htmlstory.html 2017年6月5日閲覧。 
  4. ^ “Interview: California governor says climate cooperation with China "imperative"”. 新華社. (2017年6月3日). http://news.xinhuanet.com/english/2017-06/03/c_136336750.htm 2017年6月5日閲覧。 
  5. ^ “米カリフォルニア州と中国、クリーンエネルギー技術で協力”. ロイター. (2017年6月6日). https://jp.reuters.com/article/china-usa-climatechange-idJPKBN18X07R 2017年6月6日閲覧。 
  6. ^ “習近平主席が米カリフォルニア州知事と会談”. 人民網. (2017年6月7日). http://j.people.com.cn/n3/2017/0607/c94474-9225344.html 2017年6月9日閲覧。 
  7. ^ “California and China to Work Together on Belt and Road Globalization Project, and Climate Change”. テレスール. (2017年6月8日). http://www.telesurtv.net/english/news/California-to-Work-with-China-on-Belt-and-Road-Initiative-20170608-0005.html 2017年6月9日閲覧。 
  8. ^ “Spotlight: California jumps into China's Belt and Road Initiative for clean energy”. 新華網. (2017年6月8日). http://news.xinhuanet.com/english/2017-06/08/c_136350324.htm 2017年6月9日閲覧。 
公職
先代:
ロナルド・レーガン
アーノルド・シュワルツェネッガー
Flag of California.svg カリフォルニア州知事
第34代:1975年 - 1983年
第39代:2011年 -
次代:
ジョージ・デュークメジアン英語版
(現職)
先代:
エリフ・ハリス英語版
Flag of Oakland, California.svg オークランド市長
第44代:1999年 - 2007年
次代:
ロナルド・デルムス英語版
先代:
H・P・サリヴァン英語版
(代行)
Flag of California.svg カリフォルニア州州務長官
第24代:1971年 - 1975年
次代:
マーチ・フォン・ユー英語版
司法職
先代:
ビル・ロックヤー英語版
Flag of California.svg カリフォルニア州司法長官
第31代:2007年 - 2011年
次代:
カマラ・ハリス英語版