ギャビン・ニューサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gavin Newsom
Newsom in Gay Pride

ギャビン・ニューサムGavin Newsom, 1967年10月10日 - )は、アメリカ合衆国サンフランシスコ出身の政治家。現在、カリフォルニア州副知事。2019年1月より同州知事に就任予定。所属する政党は民主党

経歴[編集]

1989年にサンタクララ大学を政治専攻で卒業後、ワインショップを経営する。ビジネスの世界で成功していたが、その後、ウィリー・ブラウン市長の選挙のためのボランティア活動などを経て政治に関わるようになる。

2003年にサンフランシスコ市長に当選し、サンフランシスコ史上最も若い市長となった[1]。高い人気を誇り、2007年には72%の得票で再選を果たした[2][3]。2010年に行なわれるカリフォルニア州知事選に出馬の意思を表明していたが、その後「個人的理由」により出馬表明を撤回した[4]。2010年の中間選挙でカリフォルニア州副知事に当選し、2期務めた後に2018年11月の中間選挙で州知事に当選した[5]

脚注[編集]

  1. ^ “About the Mayor”. The City and County of San Francisco. http://www.sfgov.org/site/mayor_index.asp?id=22014 2007年11月27日閲覧。 
  2. ^ Cecilia M. Vega (2007年10月27日). “Newsom reflects on 4 years of ups and downs as election approaches”. The San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2007/10/21/MNIGSN4FM.DTL 2008年3月7日閲覧。 
  3. ^ SFGov (November 6, 2007) "Election Summary: November 6, 2007." San Francisco City and County Department of Elections.
  4. ^ http://www.huffingtonpost.com/2009/10/30/gavin-newsom-quits-race-f_n_340695.html
  5. ^ “Gavin Newsom Is Elected Governor of California”. ニューヨーク・タイムズ. (2018年11月7日). https://www.nytimes.com/2018/11/07/us/california-midterms-election.html 2018年11月9日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
エイベル・マルドナド
Flag of California.svg カリフォルニア州副知事
2011年1月10日 -
次代:
エレニ・クーナラキス英語版
(当選者)
先代:
ウィリー・ブラウン
Flag of San Francisco.svg サンフランシスコ市長
2004年1月3日 - 2011年1月10日
次代:
エドウィン・M・リー