サンデパート (札幌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンデパート
Sun Department Store
2008年(平成20年)6月の写真。左の「ドン・キホーテ」の看板がサンデパートビルである。
2008年(平成20年)6月の写真。
左の「ドン・キホーテ」の看板がサンデパートビルである。
店舗概要
建物名称 サンデパートビル
所在地 060-0062
北海道札幌市中央区南2条西3丁目6-1
開業日 1962年11月
閉業日 1984年3月
施設管理者 有限会社サンデパート
店舗数 入居テナント参照
前身 和装履物専門店「現代屋」
後身 そうご電器YES札幌本店

ドン・キホーテ札幌店
最寄駅 札幌市営地下鉄大通駅
札幌市電狸小路停留場

サンデパートは、北海道札幌市中央区狸小路に所在した日本寄合百貨店

概要[編集]

1962年にサンデパートとして創業、開店した。デパート名は一般公募より採用した。店名の由来は、立地場所である狸小路三丁目の「三」、及び太陽(Sun)の発音より。当デパートは北海道で最初の複数店による共同店舗であり、エスカレーター設置のデパートとしても北海道初であった。

後に百貨店は閉店し建物はテナントビルとなり、会社はこの建物の不動産管理会社となった。百貨店閉店後はYESそうご電器本店が実質キーテナント入居していたが、その後ドン・キホーテ札幌店に入れ替わっている。しかし2012年、同ビルの再開発計画が報じられ[1]2015年10月、2020年の完成を目指し地上28階建てのビルに建て替えることが発表された[2][3]

沿革[編集]

  • 1962年昭和37年)11月 - サンデパート創業(完成していた1階 - 3階のみ先行オープン)。
    • 核テナントの一つである和装履物専門店 現代屋店舗建物(1951年(昭和26年)着工・完成)が立地していた場所に新築。
  • 1963年(昭和38年)12月
    • 4階から9階が完成し、食堂街フロア等もオープン。
    • 7階から9階は、賃貸マンション、事務所・倉庫、貸しオフィス、カルチャー教室。
  • 1976年(昭和51年)4月27日 - かつて地階で高級喫茶「茶房・飛鳥」を運営、その後、6階大衆食堂「ピクニック」・地階和風レストラン「柳桜園」を営んでいた飛鳥が不渡り倒産。[4]
  • 1983年(昭和58年)12月 - リニューアル工事。
  • 1984年(昭和59年)3月 - 百貨店が6階の一部入居テナント(雑貨屋、美容院、歯科医院)のみを残し閉店。後継テナントには当時道内最大手の家電量販店チェーンであったYESそうご電器が入居。また、建物名称を「サンデパートビルそうご電器『YES』店」に改称。
    • 1997年(平成9年)11月 - そうご電器のメインバンク北海道拓殖銀行、経営破綻。
    • 2001年(平成13年)11月 - そうご電器、ドン・キホーテと業務提携を締結。
    • 2002年(平成14年)2月12日 - そうご電器、民事再生手続きを申請し、経営破綻。札証上場廃止。同年9月、民事再生法手続きが完了。
    • 2002年(平成14年)10月 - ビデオレンタルのゲオがそうご電器を経営救済の為、ゲオイエスという新商号で子会社化。
  • 2002年(平成14年) - 撤退したYESそうご電器に代わり、ドン・キホーテ札幌店とゲオ札幌店がテナント入居。
  • 2018年(平成30年)地区再開発のため取り壊し予定

デパート時代の主なフロア構成[編集]

フロア概要
9階(塔屋)・屋上 賃貸マンション(賃オフィス、賃貸住宅)、マグナカー・レース場
8階 賃貸マンション(賃オフィス、賃貸住宅)
7階 賃貸マンション(賃オフィス、賃貸住宅)
6階 デパート食堂
5階 食堂、文房具売り場、輸入雑貨、写真スタジオ(他、4階との中間にペットショップ)
4階 紳士服売り場
3階 呉服コーナー、和装履物店、紳士服 SRC、パソコン・ショップ
2階 紳士服 SRC
1階 下駄・草履専門店、革鞄専門店
地下1階 中華料理店、スパゲッティー屋、高級喫茶和風レストランステーキハウス・レストラン、カレーライス屋(カウンター形式)、カフェバー
地下2階 百貨店支店

閉店後[編集]

  • デパート廃業・そうご電器『YES』札幌本店(前身キーテナント)となった以降より、エスカレーターは地下1階 - 5階間の各階のみ可能。7階以上へは従業員用出入り口内のエレベーターでのみ移動出来る。地下2階フロアは閉鎖されている。
  • 6階 - 9階部分の入居・利用状況は、百貨店閉店時よりほとんど代わっていない。地下1階の中華料理店・五十番については、百貨店時代から変わらず営業し続けていたが[5]、先述のビル建て替えのため2017年6月30日をもって閉店・撤退した[6]
  • 1階に三菱UFJニコスのキャッシュディペンサーが設置されている。

デパート時代の主な入居テナント[編集]

デパート時代に開催された催し物・イベント[編集]

デパート食堂「ミカド」「ピクニック」[編集]

学校給食の食器によく似ているアルミ(アルマイト)製食器を使用。客席より網入ガラス窓越しに狸小路アーケード街天井屋根を見下ろせる位置にフロアが配置されていた。初代の「ミカド」は直営で、後に(地階でテナント入居し、高級喫茶「アスカ」を経営していた)飛鳥に外部委託、より大衆食堂化した「ピクニック」となった。

主なメニュー[編集]

その他[編集]

  • 「サンデパートの歌」が存在していた。歌手は森山加代子
    • 「♪さ~んさ~ん サンデパート 明るいお店 さ~んさ~ん サンデパート 貴方のお店 さ~んさ~ん サンデパート ステキなお店♪」
  • 地下1階(「茶房・飛鳥」閉店・倒産跡)に入居していたステーキハウス「ビクトリア・ステーション」店内にて、装飾として鉄道模型蒸気機関車)を走らせていた。閉店・撤退後、同フロア跡地は→ケネディハウス札幌店→CDショップ「アミューズ」(そうご電器YESのCD・VHS・DVD部門ショップ)→ブックオフディノスカフェ札幌狸小路店(2017年7月10日閉店[3])と推移していく。
  • 藤井秀悟北海道日本ハムファイターズに在籍していた頃の2009年8月3日に、ドン・キホーテ札幌店でムックハローキティのコラボTシャツを買ったことを自身のブログで語っている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “札幌・サンデパートビルが26階建て複合ビルに建て替えへ - 着工は15年度”. e-kenshinニュース (北海道建設新聞社). (2012年8月24日). http://e-kensin.net/news/article/7278.html 2014年7月27日閲覧。 
  2. ^ “札幌・狸小路3丁目の再開発ビル建設が始動 - 組合設立を申請”. e-kenshinニュース (北海道建設新聞社). (2015年10月15日). http://e-kensin.net/news/article/8795.html 2016年12月9日閲覧。 
  3. ^ a b “「ディノスカフェ札幌狸小路店」閉店、サンデパートビルのテナント撤退が本格化”. リアルエコノミー. (2017年7月15日). http://hre-net.com/keizai/keizaisougou/25286/ 2017年8月10日閲覧。 
  4. ^ (株)飛鳥[札幌市](北海道倒産INDEX)
  5. ^ a b 鎌田強 (2016年10月1日). “札幌ディープ(75)野菜炒めなのだ”. アナウンサー日記. 北海道放送. 2016年12月9日閲覧。
  6. ^ a b 狸小路サンデパートビル地下の激安大衆中華「五十番本店」が閉店(涙)”. すすきの総合情報サイト「すすきのへ行こう」 (2017年6月15日). 2017年8月10日閲覧。
  7. ^ ムックとキティ”. 藤井秀悟オフィシャルブログ「野球小僧」. CyberAgent (2009年8月3日). 2017年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]