アルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルシュ
アルシュ
ガイアがテナント入居していた時の施設外観(2018年4月)
アルシュの位置(札幌市内)
アルシュ
情報
旧名称 エイト(エイトデパート)
用途 店舗事務所
管理運営 日本アセットマーケティング[1]
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造[1]
階数 地上8階、地下2階
開館開所 1970年
所在地 060-0063
札幌市中央区南3条西4丁目12-1
座標 北緯43度03分25秒 東経141度21分09秒 / 北緯43.05694度 東経141.35250度 / 43.05694; 141.35250座標: 北緯43度03分25秒 東経141度21分09秒 / 北緯43.05694度 東経141.35250度 / 43.05694; 141.35250
テンプレートを表示

アルシュ: ARCHE)は、札幌市中央区にある商業ビル。旧称は「エイト」。

沿革[編集]

「エイト」の名称は、当初は共同店舗ビル(寄合百貨店)として権利者が8人(「丸惣河関」「川中靴店」「カメラの川田」「山口洋装店」「池津洋服店」「〇京狸小路店」「日本楽器支店」「メガネの藤田」)いたことが由来であった[2]

現在の主なテナント[編集]

(2019年8月現在)

B2F~4F
1F
4F
5F
6F
7F
  • ネットカフェDICE
8F
  • ホットヨガスタジオLAVA
  • 株式会社 ぷらう

かつては、テナントとして旭屋書店[7]コンタクトのアイシティ洋服の青山、日本楽器(ヤマハ)、カラオケの鉄人タイトーメロンブックスアニメイトアインズ&トルペ[8][9]、トレカコム、メガガイアアドアーズマンガ・ネット館などが入居していた[10]

アクセス[編集]

国道36号札幌駅前通)・狸小路商店街交点に位置しており、「さっぽろ地下街」(ポールタウン)に直結している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “「アルシュビル」新規テナントオープンに関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 日本アセットマーケティング, (2019年2月1日), http://www.jasset.co.jp/pdf/pr/2019/pr_20190201_35.pdf 2019年2月4日閲覧。 
  2. ^ a b 狸小路, pp. 114-115.
  3. ^ エイトビル問題 決着 市議会 疑問残した売却価格”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1988年5月15日). 2017年9月19日閲覧。
  4. ^ アルシュビルを買収 ドン・キホーテの気になる狸小路戦略」『財界さっぽろ』、2019年2月4日閲覧。
  5. ^ 「ドン・キホーテ」がアルシュビル(札幌・南3西4)に出店、狸小路商店街で2館体制維持”. リアルエコノミー (2018年6月8日). 2019年2月4日閲覧。
  6. ^ 画像認識でスマホ決済のデジタルレーンレジも登場、「MEGAドン・キホーテ札幌狸小路本店」1日開店”. リアルエコノミー (2019年2月2日). 2019年2月4日閲覧。
  7. ^ 旭屋書店が進出する予定のエイトビル”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1977年2月11日). 2017年9月19日閲覧。
  8. ^ 大型ドラッグストア 札幌でオープン*旭屋書店跡地にアインズ”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年7月26日). 2017年9月19日閲覧。
  9. ^ アインファーマシーズは「アインズ&トルペ アルシュ店」を閉店、今年に入って札幌市内3店舗閉店で深掘り戦略徹底”. リアルエコノミー (2013年8月26日). 2017年9月19日閲覧。
  10. ^ 「メガガイア狸小路店」13日閉店、後継店舗に高まる関心”. リアルエコノミー (2018年5月10日). 2019年2月4日閲覧。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]