サムソンとデリラ (1949年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サムソンとデリラ
Samson and Delilah
Samson and Delilah original 1949 poster.JPG
監督 セシル・B・デミル
脚本 ジェシー・L・ラスキー・Jr
フレドリック・M・フランク
製作 セシル・B・デミル
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 ジョージ・バーンズ
編集 アン・ボーチェンズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年12月21日(ニューヨーク)
アメリカ合衆国の旗 1950年1月13日(ロサンゼルス)
日本の旗 1952年2月15日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
配給収入 1億6573万円(1951年度7401万円、1952年度9172万円)[1] 日本の旗
テンプレートを表示
サムソンとデリラ
Dagon Temple Set from Samson and Delilah.jpg

サムソンとデリラ』(Samson and Delilah)は、セシル・B・デミル監督、製作による1949年アメリカ映画。『士師記』のサムソンデリラの物語を原作としている。

あらすじ[編集]

ダン族のサムソンは素手でライオンを倒し、一度に1000人を倒すほどの力を持っていたが、女にだらしなかった。ペリシテ人の娘セマダールに求婚する。サムソンに横恋慕したセマダールの姉デリラが2人の仲を邪魔し、結婚式の席上サムソンを侮辱する。サムソンは暴れだし、混乱の中でセマダールと父は死ぬ。デリラは太守の寵妃となって太守をそそのかし、サムソンを捕らえるが、大暴れして逃げる。ペリシテ人はデリラを利用してサムソンの力の秘密を探ろうとし、ついに頭にかみそりをあててはいけないという秘密を話してしまう。デリラはサムソンに毒酒をのませ、怪力のもとである髪の毛を切ってしまう。力を失ったサムソンは囚われ、目をくりぬかれ、ガザの牢で粉をひかされ、見世物にする。サムソンは神に祈って力を取り戻し、鎖でつながれていた二本の柱を倒して建物を倒壊させ、ペリシテ人を道連れにして死ぬ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
劇場公開版 テレビ版
デリラ ヘディ・ラマール 藤野節子 真山知子
サムソン ヴィクター・マチュア 水島弘 内海賢二
セマダール アンジェラ・ランズベリー 上田みゆき
ガザのサラン ジョージ・サンダース 久松保夫
傷ついた使者 ジョージ・リーヴス
チューバル ウィリアム・ファーナム
アーター ヘンリー・ウィルコクソン 羽佐間道夫
ミリアム オリーヴ・デアリング 武藤礼子
ハゼレポニット フェイ・ホールデン
ハイシャム ジュリア・フェイ
サウロ ラッセル・タンブリン
  • 劇場公開版:1961年のリバイバル公開時に制作、使用された。
  • フジテレビ版:初回放送1971年4月30日『ゴールデン洋画劇場

映画賞受賞・ノミネート[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞 撮影賞(カラー) ジョージ・バーンズ ノミネート
劇・喜劇映画音楽賞 ヴィクター・ヤング
美術賞(カラー) ハンス・ドライアー、ウォルター・タイラー
レイ・モイヤー、サム・コマー
受賞
衣裳デザイン賞(カラー) エロイーズ・ジェンセン、ドロシー・ジーキンスジャイル・スティール
グウェン・ウェイクリング、イーディス・ヘッド
特殊効果賞 ノミネート
ゴールデングローブ賞[2] 撮影賞(カラー) ジョージ・バーンズ ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)89頁・97頁
  2. ^ The 8th Annual Golden Globe Awards (1950)”. HFPA. 2011年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]